Dendrodium 再び大東亜戦争肯定論者の方々に

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び大東亜戦争肯定論者の方々に 

実は私も三十数年前、林房雄の{大東亜戦争肯定論}を読んだことがあり、暫らくは、その意見に影響されていたものでした。
 しかしよく考えてみると、おかしい事に気づきました。
共産革命がはやっていた頃の、うたい文句に、目的のためには手段を選ばず、と言うのがありましたが、(これは、革命主義者が言ったのか、批判者が言った悪口なのかは知らないのですが)これが間違っているのと同じ理由で、大東亜共栄圏という考え方が、どんなに立派な考え方であろうとも、その理想実現のためと称して、武力をもって他国を蹂躙したのでは、大東亜共栄圏論は、旗印としてかっこ良いから利用したに過ぎないことになるでしょう。
 共産革命の時も、マルクスの資本論という、優秀な経済論(私は読んだことはないのですが)を掲げて、庶民の為に、貴族を抹殺して、皆が潤う理想の国を創るという趣旨で、何十万か何百万か、何千万人かは知りませんが、大量の血を流して、共産主義の国を創りました。
その国は理想の国だったでしょうか?
思想信条の自由の全く無い、そして全国民が一部の指導層の指示の下、完全に支配される、総奴隷と言ってもよいような国が出来ていたのでした。(この為ソ連では、ソルジェニーツィンに代表される、反体制作家が、命がけで国の実情を訴える小説とか、文化活動をしていたのでした)
中世ヨーロッパの十字軍の遠征ですが、これはパレスティナ回復を唱えていますが、回教国の略奪旅行だったというではありませんか。
それでも、クリスチャンの中には、(大抵の人は悪行であった事を認めているらしいのですが)あの遠征は、正しい宗教活動であったと、未だに言っている人たちも居るそうではありませんか!
この様に、旗印が立派だからと言って、その暴力行動が、是認されるものではないと思います。
以前このブログで、”正義ほど悪いものは無い”等で、書いた事があるのですが、古来軍を動かす時には、必ず大義名分を掲げます。
その掲げた大義名分が、理論的に整っているか否かは、その軍事行動の是非の判断と直結するものではないと思います。
キリストの教えがどんなに立派でも、それをネタに略奪行軍をしても良いという訳は有りえません。
近世ヨーロッパでも、キリスト教の布教と称して、宣教師を送り込み、その国民を懐柔して、後に軍を派遣して、結局植民地にしてしまうという悪事を働いていましたね。(日本では徳川幕府がそれに気付き、鎖国をしたので植民地にはならずに済みましたが)、キリストの教えに純粋に感化された1部の信者達が、不当に(見える形で)苦しめられる事になりました。
 人間の強欲というものは、時に恐ろしいことを考えるもののようです。
自分達の生活を守るためには、掲げられた旗印、プロパガンダが、よく出来ているかどうか等でなく、それを唱えている人たちの意図しているものを見極める事が、何よりも重要な事ではないかと思います。

人食い鬼のような輩が
「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」
と嘲笑っているかも知れないでは有りませんか!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/137-4c94f18a

正義ほど悪い物はない

むかし私がまだ10代の頃父がそんな事を言っていた。正義とは正しい事のはずなのに、それが悪い事だなんて・・・?変な事を言うお父さんと思ったものでしたが、その理由を聞いてなるほどと思ったのでした。古来ど

文明の衝突ではなく、無知の衝突

 西洋とイスラムの対立を考える時、その対立の根源を探るべきであろう。そこで考えられるのは、西洋諸国の指導者の自尊心、植民地主義である。現代社会でも、西洋こそが指導者である、という潜在的差別意識を持っている、と思
  • [2007/05/02 00:32]
  • URL |
  • 夢想飛行-伝統的保守へ |
  • TOP ▲

平気で嘘をつくネット右翼

なんでも、長崎市長を射殺したのは在日朝鮮人だといいはる悪質なネット右翼がいて、それがまったくのデマカセだと証明されてしまい、ボコボコ状態だったそうです。だいたい、犯人が在日の男だからどうだというのでしょう? 在日朝鮮人は聖人のようでなければいけない。日..
  • [2007/05/02 17:38]
  • URL |
  • 戦争を語るブログ |
  • TOP ▲

継続は力なり そして努力は報われる・・・いつまでもそんな時代である為に

やはり「ぬぬぬ?」は面白い!「シンゾー」と呼んで、お願いだから、何もかも差し出すから @でも「チンゾー」って絶対間違えないでねの安倍訪米の茶番の代償、日本売り渡し加速 ちょっぴり政治に関心が深くなってきた
  • [2007/05/02 20:45]
  • URL |
  • らんきーブログ |
  • TOP ▲

ポストバブル世代の全体主義思想

 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」の中で、第一次世界大戦後の全体主義(ナチズム、スターリニズム等)を成立に至らしめた要因に、「Verlassenheit(見捨てられている状態)」にあると指摘している。当時、近代化の波の
  • [2007/05/03 01:45]
  • URL |
  • 夢想飛行-伝統的保守へ |
  • TOP ▲

ブログランキングとブログの影響力が全然対応していない

毎月最後の日はブログのアクセス情報を紹介するのだが、今月の当ブログにはいろいろなことがあって、とても一日の記事では紹介しきれない。そこで、何回かに分けてご紹介したいと思う。まず、このところカマヤン、美
  • [2007/05/03 08:38]
  • URL |
  • きまぐれな日々 |
  • TOP ▲

『占領軍より賜った、免罪符』 (日本国憲法60年によせて)

2007年5月3日の今日、現日本国憲法60年。憲法について秘書課広報室にいただいたトラックバックを、本文記事として紹介させていただきます。(ぜひリンクをたどって全文をお読みください。)当時をご存知の、熟年主婦とおっ
  • [2007/05/03 13:45]
  • URL |
  • 村野瀬玲奈の秘書課広報室 |
  • TOP ▲

小泉が竹中平蔵に行わせた事

スティグリッツの「世界を不幸にしたグローバリズムの正体」を最後まで読みました。ですが、冒頭部分だけでも十分に小泉改革とやらの正体がわかってしまうのが笑えますね。そして、彼の更に笑える所は「中国を成功例
  • [2007/05/20 12:38]
  • URL |
  • 復活!三輪のレッドアラート! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。