Dendrodium ビロード革命

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビロード革命 

お恥ずかしい事ですが私は、このブログのテンプレートの写真が、チェコの町で撮られたと、最初に聞いていたにも関わらず、コソボ紛争時のNATOによる78日間のユーゴスラビア爆撃の悲惨な話から、
kYTKY MAJI DUSIと血を吐く思いでこの花の絵を描いたのは、ユーゴの人だったのだと錯覚してしまっていたようです。

しかしこの言葉はユーゴの言葉ではなく、チェコの言葉であると教えて頂いて、もう一度調べてみましたら、チェコの町の壁に描かれたものを写されたものでした。

ユーゴスラビアはスロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニアの6つの共和国と、セルビア共和国内
のヴォイヴォディナとコソボの2つの自治州によって構成されたそうです。(総てが分離したのは2006年5月)(こちら

一方チェコスロバキアは1989年11月学生や国立劇場の人たちによって始められた市民デモの盛り上がりで、ビロード革命と呼ばれる平和裏の革命で、共産主義1党独裁から解き放たれました。
そしてチェコとスロバキアに分かれるときも、ビロード離婚と呼ばれる平和裏の分離で、
1993年1月1日午前0時に二つの国に分かれたのだそうです。

チェコスロバキアは、ソ連崩壊後も悲惨な暴力によらず、平和裏に新しい体制に移行する事が出来ました。
一方ユーゴスラビアは悲惨な爆撃を受けて6つの共和国と2つの自治州に分割される事になってしまいました。

私はチェコスロバキアとユーゴスラビアが共に二つの名前をつないだような名である事と、スラブに似た文字が含まれている国名に、いつもどちらがどちらかこんぐらがっていたのでした。
あまりに東ヨーロッパについて無知だったので、今回のお話にならないような錯覚をしてしまっていたのでしたが、私のブログのテンプレートの文字は、悲惨な意味で書かれたものではなかったという事を、今回知ることが出来て、ちょっと希望がわいて来ている所です。

日本に起きた官邸前デモもビロード革命につながるかもしれません。
動かしがたいように思っていた大国ソ連も、あっけなく崩壊してしまいました。
今猛威を振るっているアメリカという軍事大国も、案外あっけなく崩壊してしまうのかもしれません。
ソ連を崩壊させたのがソ連の大統領であったように、
軍事大国アメリカを崩壊させるのも、心あるアメリカ人であるかもしれません。
平和裏のデモを続けていれば、日本がビロード革命を成功させる事が出来る日も、案外近いのかもしれません。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1343-e5162f66

ウオール街占拠運動と"アメリカの秋":これは"カラー革命だろうか"?第一部

Michel Chossudovsky Global Research 2011年10月13日 アメリカ中で、社会変化の必要性を感じて、流れを逆転させようと固く決意している、あらゆる階層の人々、あらゆる年齢集団を含む、草の根の抗...
  • [2012/07/25 02:11]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。