http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 99%は何時まで騙され続けるのか?
FC2ブログ

99%は何時まで騙され続けるのか? 

昨日の「さよなら原発10万人集会」は、猛暑の中17万人の参加者が集まって盛会であったそうである。
昨夜は珍しくNHKでも、この集会とデモのことを報道していた。
NHKのこの変化で、原発反対の国民多数の声が政府にも届いて、脱原発への取り組みが本格的になってくれるかのような期待が高まりそうであるが、期待通りに進むかどうかは定かではない。

昨年リビアのカダフィーが反政府勢力に残酷な事をしているので、此れを救う為と言って欧米諸国がリビアを空爆し、カダフィー大佐を殺害して、残忍なカダフィー政権を転覆した。
カダフィー亡き後のリビア人は、欧米軍のお陰で平和に幸福に暮らしていけるはずだったのに、
リビアはますます混乱して、部族間の争いで今や内乱状態にあると言う噂があったが、
どうやら本当の事だったらしい。
国連はリビアの現状を調査するようにとの、ある国からの要請を拒否したというニュースがあったが、
同じ国連が、シリアの反政府組織の者たちが残酷な目に会っているから、多国籍軍に攻撃させよと言っている。
多国籍軍が助けてシリア政府を転覆させても、現在のリビアのように内乱状態になるだけなら、
欧米諸国の軍隊までがシリア人を殺しに行く事は、残虐行為からシリア人を救うどころか、
シリア人を余分に苦しめるだけになるのではないだろうか?

リビアの現状(多国籍軍介入の結果)を調べる事を拒否している国連が、シリア人が可哀想だから多国籍軍の介入をと要請するのは、どうしてだろう?
「シリア人が可哀想だから助けてあげる為に多国籍軍の介入(爆撃)を許せ!」と言う中の
「可哀想だから」という言葉が嘘だからではないだろうか?
もし本当に可哀想だから米欧諸国が助けてあげたいと言うのであるなら、同じ状態で武力介入したリビアのその後がどうなっていたか、求められなくても検証するはずである。
そして、軍事介入後のリビアが内乱状態になっている事が分かったら、軍事介入が無力であった事を認識して、シリアにも同じく武力介入しようなどと言ったりはしないはずである。
国連はリビア人やシリア人を助けてあげる気など、初めから全然なかったから、この様な不人情な事が出来るのではないだろうか?
欧米軍がリビアでやったのと同じように、再びシリアに軍事介入したがっているのは、リビアで何かの権益をものにしたように、
シリアからも何かを獲得しようと目論んでいるからとしか思えない行動である。

国連がこのていたらくなのだから当然なのかもしれないが、
今世界中で嘘で固められた企みが蠢いているような気がする。
脱原発を日本人の大部分が求めていても、政治手法で日本人が原発存続を求めたかのように持って行って、
政府が原発存続を宣言する日が近いとの観測もあるようである。
昨秋国会議員の過半数が野田総理のTPP参加表明に反対したが、
TPPへの参加がこの8月中に、アメリカの日本参加許可と言う形で、発表される予定になっているとか・・・・・

欧米が軍事介入して平和を取り戻していたはずのリビアで 
オリンピック委員会の会長が何者かに誘拐されたそうである。

五輪=リビア五輪委、誘拐された会長の早期解放を呼び掛け
2012年 07月 17日 13:00
[トリポリ 16日 ロイター] リビア五輪委員会のナビル・エラレム会長が誘拐された事件について、同委員会は16日、政府と協力して救出に努めていると語った。エラレム氏は15日にトリポリで武装集団に車から連れ去られ、消息不明となっている。

リビア五輪委員会は「数時間のうちに、良い知らせがあることを願っている」とコメント。リビア選手団は数日以内にロンドン五輪に向けて出発する予定となっており、同委員会は「参加できるよう、準備をしている」と語った。

リビアでは昨年、カダフィ政権が倒れて以降、武装集団の強行的な行動が問題になっている。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1338-fc0f4f16

政府は"特権集団"の権益を増大するために存在している

我ら人民は決して特権集団ではない Prof. John Kozy 2012年7月13日 johnkozy.com 雇用を清算せよ、株を清算せよ、農民を清算せよ。不動産を清算せよ。それにより、体制から腐敗が一掃されるだろ
  • [2012/07/18 01:49]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

国会事故調最終報告書から見る福島第一原発の津波高

『津波の第一波は4メートルだった』 原子力ムラ関係者5人による独立民間事故調の報告書は『東電側の調査拒否』を理由にした、調査そのものがない『調査報告書』で、杜撰であるば
  • [2012/07/19 10:56]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲