Dendrodium めぐり来る春夏秋冬麗しき大和し守れ民草いとえ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めぐり来る春夏秋冬麗しき大和し守れ民草いとえ 

山国川でアユ放流
2012年04月17日
 中津市の山国川漁協(江口幸伴組合長、組合員760人)が16日、山国川の下流から上流まで6カ所で稚アユ計400キロ(2万8500匹)を放流した。釣り愛好家が腕を競う友釣りは6月10日に解禁される。


 稚アユは宮崎県産で、体長7センチ前後。同漁協の組合員約10人が運搬車からバケツやホースで清流に移すと、元気に岩の間を泳ぎ回り、すぐに姿が見えなくなった。5月中旬まであと2回放流し、放流量は計1600キロ、24万匹にのぼる予定だ。



ニュースに山国川の名前を見たとき、古き良き時代の日本という気がした。
たった1年しか経っていないのに、東北大震災と東電福島原発事故が起きる前と後で、
日本は違う国になってしまったかのような錯覚に、昨今の私は襲われているのかもしれない。

山国川とは何と懐かしげな名前の川だろう。
私が初めて山国川という名を聞いたのは、結婚が決まった頃の事であった。
夫の実家が山国川のすぐそばであった為、山国川の話が出たのであった。
それまで聞いたこともなかった川の名前だったので、
山国川なんて「日本昔話」みたいな童話の世界に出てきそうな名前の川が、本当にあるのかと吃驚したのを思い出す。

夫の話では、昔は山国川にも(放流などしなくても)鮎や鰻等沢山の生き物がいたそうである。
鮎の稚魚の放流をするようになったのは、ダムが出来て鮎が川を上れなくなってからの事だろう。
ダムの所為で山国川でも鮎の放流をせねばならなくなっているのだろう。

だから、鮎の放流をせねばならなくなっていた山国川も、
何年も前から、「古き良き日本の象徴」でなどありはしなかったのだ。

日本中にダムを造ってしまった日本は、もう昔の日本ではなかったけれど、
東電の原発事故が起きるまでは、強烈な放射能汚染まではなかった。
今福島県を始めとして日本中に放射能汚染が広がろうとしている。
政府は福島第1原発の事故だけでは、飽き足らないかのように、
安全性への対応は福島原発事故の前と同じレベルのままで、
日本中の原発を再稼動させようとしている。
まるで、日本中を放射能汚染させたがっているかのように。

勿論いくら国民に背信的な政治家であっても、日本全土に放射能汚染を広げたがっているわけではないだろう。
しかし政治家は企業の目先の利益が最優先で、
被災地の放射能汚染された瓦礫を、日本中に拡散するのが目的ででもあるかのごとく、嫌がる地方自治体を宥めたりすかしたりして、引き受けさせようとしている。
瓦礫の運搬はゼネコンに何千億円もの仕事を齎すらしい。
現地の人にさせてあげたら、放射能汚染を広げる事もなく、被災地の人々のための雇用の創出にもなるのに、
大手の業者にだけ仕事を創って上げたいのかな?

福島原発の事故原因も明白になっていないどころか、原発事故がいつ収束するかも分からない、悲惨な状態にあるにもかかわらず、
政府は強引に安全基準なるものを勝手にこしらえて、原発は安全であると言いくるめて、多くの周辺住民の反対を押し切って、再稼動させようとし続けている。
政治家がここまで原発再稼動に執着するのも、企業の要望に答えたいだけのように見える。

自民党政権時代から無用の道路やダムや飛行場を造り続けていたのも、ゼネコンを喜ばせたいがためだったように、
危険極まりない原発を、嫌がる地方をお金の力で丸め込んででも造り続けて来たのも、
そして悲惨な原発事故が起きてさえも、少しも反省する事もなく、今までどおりの原発行政を続けようとするのも、みんな企業のためなのだろう。
企業の利益追及を助ける事がすべてに優先される。
「国民の命など鴻毛の軽きに置け」というのが、今の政治家の真情なのかもしれない。

開花が例年になく遅かった大津の桜の花も終わりを迎えようとしている。
信楽川沿いの並木の桜も遂に散り始めた。
桜は満開も良いが散り始めも又素晴らしい。
桜色の絨毯を踏みながら、まだ充分美しい桜を眺められる。

午後立木観音にお参りした時、瀬田川沿いの遊歩道を通っていたら、
道のところどころに赤い絨毯を敷いたようなところが見えた。
そばに行くとたわわに花をつけた椿の枝が、道の上に掛かっていた。
道の赤い色は落ちた椿の花々であった。

春夏秋冬季節それぞれに、まだまだ美しい日本。
政治がこれ以上国土を荒らすことのないようにと願われる。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1239-8337213d

まとめteみた.【めぐり来る春夏秋冬麗しき大和し守れ民草いとえ】

山国川でアユ放流 2012年04月17日 中津市の山国川漁協(江口幸伴組合長、組合員760人)が16日、山国川の下流から上流まで6カ所で稚アユ計400キロ(2万8500匹)を放流した。釣り愛好家が腕を競う友釣りは6月10日に解禁される。  稚アユは宮崎県産で、体...
  • [2012/04/24 00:12]
  • URL |
  • まとめwoネタ速suru |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。