Dendrodium 国民新党分裂?金主主義の時代の国会議員達

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民新党分裂?金主主義の時代の国会議員達 

“消費税”で国民新党分裂へ 自見大臣らが新党(03/29 21:
 消費税法案の対応を巡って、国民新党は議員総会を開き、連立政権から離脱する亀井代表と連立政権に残る自見金融担当大臣らと分裂することになりました。

 関係者によりますと、国民新党の議員総会では、連立政権からの離脱を主張する亀井代表と残留を希望する自見金融担当大臣らとの意見が真っ二つに割れ、結論は出ませんでした。このため、亀井代表は、亀井亜紀子政調会長と2人で連立政権を離脱する方針を決め、野田総理大臣に伝えました。一方、自見大臣や下地幹事長は新たに新党を立ち上げて連立政権に残り、国民新党は分裂することになりました。


「民主党と連立を組んだとき、消費税率は上げないという約束だったので、野田政権がどうしても消費税を上げると言うのなら、連立与党から離脱する。」と言われる亀井国民新党代表の意見の方が、どう見てもまともだと思うのに、
国民新党の議員8人のうち6人が、野田政権の消費税増税を支持して、亀井代表の意見を無視する事にしたそうである。
裏でどのような事があったのかは知らないけれど、相当のお金が動いたのだろうとのもっぱらの噂である。う。
野田総理を初めとした民主党議員達もそうであるが、
選挙の時には国民のために働きますと約束して議員になった者たちが、軒並み変節して行ってしまっている。
国民新党で変節しなかったのは、亀井静香・亀井亜紀子の二氏だけだったらしい。
これぞ金主主義の面目躍如と言ったところか!

テレ朝では自見大臣らは新党を立ち上げると言っているが、他の報道では分裂含みとしか書いていない。
党代表を無視して勝手に談合した6人の議員たちが、大人しく党を離れるだろうかとの疑問が残る。
もしかしたら亀井さんたちが追い出されるのかも。

日本は今や金主主義の時代に入っているようである。(もうずっと以前からなのかもしれないが、ここまであからさまになったのは、最近の事のような気がする。)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1221-024feb37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。