Dendrodium シリアの反体制派が正統な政府?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアの反体制派が正統な政府? 

シリア反体制派「正統な代表」に 日米など有志国が承認
 シリアのアサド政権による反体制派への武力弾圧を阻止するため、日本や米英仏、親米アラブ諸国などの有志国がチュニスで開いた「シリアの友人」会合は24日、反体制派の代表として「シリア国民評議会」を承認すると発表した。

 会合後に出された議長総括によると、国民評議会を「平和的民主化を求めるシリア人の正統な代表」と位置付け、アサド政権打倒を目指す反体制派の中核組織として支援する姿勢を打ち出した。

 会合は今後も随時開催し、次回は3月22日にトルコ・イスタンブールで、その後フランスで開催するという。


有志国なる者が他国の政権の正統性を勝手に決めてよいものだろうか?
シリアの場合本当はどうであるとかこうであるとかと言う以前の問題として、
これでは独立国の主権無視もいいところだと思う。

例えば侵略国同盟が侵略目的で、或国のあぶれ者にお金をつかませて(スパイにして)反乱を起こさせた時、
侵略を仕掛けられた国の政府が、侵略国のスパイの弾圧に手こずったりしたら、
侵略国同盟が、「反乱者たちがその国の代表である。」と当事国国民の意思は全然考慮することなく、勝手に決めることも許されてしまいかねなくなるのである。

スパイたちの作った新しい政府であっても、正統な政府という事になると、
直前までの正統政府の武力鎮圧を、侵略国同盟に依頼する事も出来る様になってしまう。
こんな事が許されるとしたら、あぶれ者を手なづける資金のある国は、
侵略のし放題という事になってしまう。
これでは戦国時代そのままではないか!

有志国などと立派そうな名前をかぶせているが、戦国大名のような感覚の国々である。
こんな野蛮な国々の仲間に、日本も加わっていると言う。
それでは将来日本が同じ事をやられたとしても、文句をつけることも出来なくなってしまうではないか。

Comments

ダマスカスの春…いまだこず

>これでは戦国時代そのままではないか!

・・・いや、だから今は”あのあたり”は戦国時代なんですって…、その認識から完全にズレてらっしゃるかと……


シリア自身が、ヒズボラやハマスなど、あぶれ者を手なずけていた訳で…
しかも今回は、ヒズボラはシリアを支持して、ハマスはシリアを支持していません。

親米アラブ諸国と言っても、米国につき合ってシリアを包囲しているというより、スンニ派・アラウィ派・シーヤ派の確執が根強いですし、アルカイダ系の人もシリア国内で反体制活動をしています。もう反米も親米もあったもんじゃないと思われます。

シリア国内のクルド人とアラブ人の対立は、00年代前半から明確化してきていますし、
80年代にイスラム主義運動の弾圧の前科が…街ひとつサラ地にするくらいの前科があるお国です。
もともと冷戦時代という”応仁の乱”のころから、イスラム主義運動など問題のタネはありましたが、自国の軍事力で抑え込んでいたしある種の”安定”期だったのでしょう。
それが冷戦が終わって二十年。周辺国の情勢は変化するわ、アラブの春で国内が騒ぎ出すわで”戦国時代”です。
もともとあったタネが一気に発芽して、今回の戦国時代のなか、周辺国も巻き込んだモノになっていったというのが、今の流れなのかもしれません。

去年頭から、政権側も弾圧だけでなく譲歩もしていますし、00年以降、ある程度の民主化は進めていました。
それでも抗議・暴動・内乱と派生していく理由は、以前からのタネがあまりにも多かったという事ではないでしょうか?。

質問なのですが、別の記事も読ませていただきましたが、シリア騒乱に対してどう考えていらっしゃるのでしょうか? またシリアのここ30年くらいの流れをみて、シリア騒乱を回避できたであろうターニングポイントは、ドコでしょうか?

別に「自由シリア軍や連携するアルカイダ系組織の鎮圧・解体が急務」「80年代のイスラム革命と同じく、イスラム主義も、クルド人も力で抑え込むべき」と仰っているとは思いませんが、
どの勢力がどう動く事がベターと思っていらっしゃるのでしょうか?

それともアサド政権の支持をしてらっしゃるのですか?
ダマスカスの春を進めようとした点での評価でしょうか?

この方にその答を求めるのは無理と言うものです。新聞読んだおばさんが挨拶がわりに「ちょっと、ひどいわね」と言っているだけのレベルですから。

ライ麦狼様

コメント有難うございます。
この記事では、シリアをどうしたいかなんて事ではなく、
独立国の反乱勢力を、余所の国が勝手に、正統勢力だと決めるやり方は、
侵略を容易にするやり方だと思うと言っているだけです。
これでは戦国時代のやり方であると。

中東が戦国時代だからといって批判してはいないでしょう?
有志国なるもの(国々)は、戦国時代状態にある中東とは別の領域にある国々なのです。
志を持つ国として仲裁しようというのなら、もっと別のやり方をするはずです。
こんな道に外れたことをしたら、世界中が混乱することになってしまいますよ、と言いたいだけなのです。

匿名様

コメント有難うございます。
仰る通りでしょうね。
私は主婦の感覚で、「ちょっとひどいわね」と言っているだけなのですから・・・・・

ところで貴方は2~3日前、別の記事にコメントを下さった方ですか?
匿名では区別がつきにくいので、
今後コメントを下さるときには(もしコメントする気になられるときがあったら)
どんな簡単な名前でもかまいませんから、何か名前を名乗っていただけないでしょうか?

NoTitle

 人間の仁というか、全ての良心というかの基礎じゃないのかい。それとも何か。グネグネ考えて、ネチネチ小理屈を立てて、結局は「どっちもどっちだ」「難しいよねえ(その「難しいこと」について考えたこと自体をアピールする如く)」なんてポツリと呟くのが「賢さ」か。
 単に自分の見解を並べたかったり、侮蔑しかしなかったりなら、自分でブログでもツイッターでも勝手にやってればいいのでは?つうか、やってろ。シリアのこと以前より、ブログ主さんに対してグチグチ小理屈をたてるアンタは何をどうしたいのか、してほしいのか、問いたいもんだわ。
 地の怒りの発露、失礼しました。賢しらを気どりながら、その実相手に甘えまくっている奴がネットには多すぎる。

NoTitle

 おっと、タイトルが入っていませんでした。
「「ちょっとひどいわね」こそは」です。
失礼しました。

十澄様

コメント有難うございます。
十澄様の騎士道精神には感謝しますが、
私が主婦の感覚で見て、それは酷いんじゃないと思ったことを、書いているというのは”当たり”なのです。
私は何の学があるわけでもありませんので、自分の知識をご披露することは出来ません。
ですが、何の知識もないという事で、
何にもとらわれないで見る事が可能なのではないかと思うのです。
(まったく何にもとらわれないと言うことは不可能でしょうが、学を納めた人と比べたら比較的にという意味で。)
ですので、匿名さんの批評はまさに当を得ていると思ったのでした。

でも、十澄様のお心遣いには、深く感謝申し上げます。

ボケとツッコミ

>グネグネ考えて、ネチネチ小理屈を立てて、結局は「どっちもどっちだ」「難しいよねえ(その「難しいこと」について考えたこと自体をアピールする如く)」なんてポツリと呟くのが「賢さ」か。


う~ん、仁や良心、「賢さ」というカッコイイものではなく、ボケに対してツッコミをいれて、+質問をした感じなんですがね。
質問するにあたって、補足説明をしただけですよ。
むしろ「グネグネ考えて、ネチネチ小理屈を立てて」って行為を省いちゃって、ろくすっぽ考えずコメント書き込むのも、かなりアレだと思ったので。

ついつい私は、ブログ主さまが主婦でも人妻でも奥さんでも、専門家でも党員でも活動家でもいっさい関係なく、「一人の人間として世の中に思うことがあり、政治系ブログで綴った言葉」に対して、コメントをしていました。
主婦だから…と見下したり下げずむ事はしませんでした。
こちらのサイトは政治系のブログで、閲覧者も多い。ボケていたのでツッコンだ…ただそれだけのつもりでした。
出来たら、他の閲覧者のかたの反応など見れたらな…、という思惑もありましたが。

>その実相手に甘えまくっている奴
確かに甘えはありましたね。議論やそれに近いモノから、情報の収集・自分の中での整理が出来ないものか…とか、甘えていましたね。

ライ麦狼様

>これでは戦国時代そのままではないか!
・・・いや、だから今は”あのあたり”は戦国時代なんですって…、その認識から完全にズレてらっしゃるかと……


この貴方の突っ込みは、私のこの記事で言わんとした趣旨を、完全に摩り替えてしまっておられますよね。
中東の国々が今戦国時代並みであるとしても、
日米欧の有志国を名乗る国々は、自分たちは戦国時代の感覚ではなく、高い志を持ってシリアの混乱を収めたいと思っていると、「有志国」という言葉の中に含めて「有志国」を名乗ったのだと思います。

私が抗議したかったのは、これらの国々のことです。
有志国を名乗りながら、その実戦国大名さながらに、外国の富を狙っているだけではないのかということだったのです。

貴方はその違いに気がつかれないような、白雉的なウヨさんではないと、以前からのやり取りから私は感じていました。
貴方は無意識のうちに、そこをすり替えて、誤魔化しておられたのではありませんか?
それを「仁に外れる」と、他の人が感じられたのだろうと思います。

貴方のは甘えというよりも。これまでの自分の信念が脅かされるのを防衛するために、無意識のうちに自分で自分を騙しておられるのではないかと私は思います。

でも貴方のコメントは、同じウヨさんであっても、暖簾に腕押しの様な分からず屋さんのコメントとは、一味違っているような気がしていますので、
これからもお気が向かれたら、このブログにもコメント頂けたら嬉しいです。

自己欺瞞やすり替えなしのライ麦狼さんと、大いに議論したいです。


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1186-3b263e2d

「赤信号みんなで渡れば怖くない」NHKまで法律無視の無法国家

『少年法61条の明確な違反』 第六十一条 家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容貌等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他...
  • [2012/02/26 10:06]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

帝国の為の“人権”戦士

Glen Ford 2012年2月17日 BAR ジョージ・ブッシュの“愚劣な”戦争を、バラク・オバマが、狡賢くアップグレードした“人道的”介入という錦の御旗の下、2003年3月のイラク侵略以来最大の帝国主義的攻撃は全開状態にある。“人道的”対シリア軍事攻撃に対する、リビア式の?...
  • [2012/02/26 22:41]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。