http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 当たるも八卦当たらぬも八卦の占い数種
FC2ブログ

当たるも八卦当たらぬも八卦の占い数種 

今年も三が日は穏やかなうちに過ぎていった。
今年は壬辰の年だそうで、田中良紹の国会探検によると、
今年の干支は「壬辰(みずのえたつ)」である。種が膨らみ生物が成長していく様を表す。私はそれを「変化する年」と捉えたい。明日を作るためには我々が捉われてきた常識を捨て、大胆に変化する事を恐れず、「失われた時代」から決然と脱却するのである。
という事で、「失われた時代から脱却する年」という事に出来るかもしれない。

ペルーのマヤ暦では2012年は人類滅亡の年となっているということであったが、
シャーマンのフアン・オスコさんは、「マヤ暦の予言に対抗するために儀式をしている」とし、「世界は滅亡するのではなく、報復やコレラといった悪が滅んで平和の精神世界が始まる」などと語ったこちら)そうである。

現在の世界の異常な状態が、正常になり始めると言うことなのだろうか?

お昼のNHKニュースを見ていたら、東北各県は・・・・・ということで、
まず宮城県知事が映されていた。
続いて福島県知事が映されたが、なぜか岩手県知事の映像は出されなかった。
岩手県が一番住民の立場に立った対策をして上げているという印象なのに、どうして岩手県知事の映像だけが省略されたのだろう?
やがてNHKニュースの話題は大阪市に移って、大阪の橋下市長が映されていた。
これを見た時、NHKが仕事をしている首長として取り上げる地方の首長というのは、
どういう基準で選ばれているのかが伺えるような気がしてきた。
国民の為の政治を行いそうな首長はなるべく除外し、
資本家の利益追求に力を貸しそうな首長は、なるべく好意的に映像を映して、応援しているのではないかという感じである。
やっぱりNHKの目から見ても橋下徹氏は、資本家の手先に出来そうな人材に、見えるのだろう。
ここで私の占い
マスコミからちやほやされる政治家は、庶民にあだなす事もやりかねない政治家である。

TBSお昼のワイドショーで、占い的なことを言っていた。
「小沢一郎氏が今年は新年会を開かなかった。
今世紀に入って小沢さんが新年会を開かなかったのは、2001年と2009年の2度しかなく、その両方ともに総選挙の年であった。
小沢さんは岩手県の達増知事に「今年は大変な年になるぞ」と言っていたそうだし、
今年は総選挙の年になる可能性が非常に高い。」という事であった。

あたるも八卦当たらぬも八卦だけれど、もしかしたら今年総選挙があるのかもしれないという気がしてきた。
もし小沢一郎氏主導で総選挙に持ち込むとしたら、何時になるか考えてみた。
4月に検察審査会裁判の判決が出るという話だから、総選挙は5月ごろを選ぶのではないだろうか?
裁判の結果が有罪だったら、選挙では検察の不当を訴え、
無罪だったら、無罪を勝ち取ったと言って、晴れて選挙を戦う事が出来るだろうし・・・・・

*************
これら全て、当たるも八卦当たらぬも八卦に過ぎないのだけれど・・・・・



Comments

防衛省法匪売国官僚の幼稚な陽動分断工作ヘタうちw

1月末、訳ありNHKマスゴミのせいで今は全く全国的に注目されていないが、本土最大の米軍海兵隊基地の町山口県岩国市で市長選挙が行われる。山口県知事は米軍基地防衛省利権と上関原発経産省利権の地位協定下汚職談合利権のうち最大の2つの金の成る木に諸手を突っ込む日本一利権に汚い売国法匪(官僚)政治家のひとりであるが、岩国基地に関して知事と現職市長の売国政策に対抗すべき市長候補の政策がいかにも中途半端で対立点に欠け、そのことも防衛省法匪売国官僚の思惑に追い風となって現在盛り上がりに欠けたこそ泥選挙の様相を呈している。

「減税でまちを元気に!」井原勝介ー草と風のノートーさまより
(中略)
 そこで、不安をかかえ懸命に生きる市民のために、以下の政策を実施する。
   市民税の10%減税
   国民健康保険料の大幅引き下げ(4年前の水準にもどす)
 そのために、政治家としてまず身を削り、ムダを徹底的に省く。
    市長報酬の50%カット
    市会議員定数の3割削減
 思い切った減税により、人とまちを元気にし、岩国の人口を増やしたい (転載終わり)
>>http://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-5b9a.html

まずなによりも、国民が自国の自分の土地に住むのにアメリカ軍への支払いのおこぼれをもらわないと生きていけないように法をひん曲げて仕向ける防衛省法匪売国官僚と米軍を日本からたたき出し終えてからやっと、初めて日本の各地で本当の国民主権住民主権民主主義政治が始まるのだということを明らかにしない限り、岩国市や上関町だけの狭い一地方だけでこっそり自分だけ「町を元気に」するご都合のよろしい政治ができるわけが無い。

自分の住む狭い一地域だけ限定で浅ましく贅沢生活する金がほしくて政治を汚すのであれば現山口県知事や現岩国市長、現上関町長とちっとも異なるところが無い。

日本人として汚い財産より誇りを持って生きたい、日本の独自の風土を生かした清潔な政治をしたいのであれば、まず何よりも金塗れ拝金亡者虐殺略奪専門テロリスト組織米軍を日本に駐留させる地位協定を破棄して対米独立と米軍基地排除を達成するという政策を旗幟鮮明に打ち出さねば、そういう高杉晋作の目指したような清潔で正しい独立不羈民衆主権政治はできないのである。

単純なこと。二兎を追えば一兎をも得られないだけである。米軍駐留基地容認と日本人の主権国家確立とは両立不可能である。

ましてや岩国は本土最大の米軍基地であり海兵隊基地である。防衛省法匪売国官僚がいまもっとも注力しているのが岩国米軍基地領土拡大と基地機能強化である。

普天間で防衛局長更迭やアセス評価書不正搬入事件で騒ぎを起こして世間の耳目をひきつけている隙に、TPP消費税売国野田首相よろしく山口県知事や岩国市長に岩国の土地を防衛省へ売り渡す契約書類に売国奴の署名をさせたのである。これが十分な見返りを約束した汚職談合随意契約であることは霞ヶ関すべてが法匪売国官僚であるからいつもどおりである。

これは防衛省法匪売国官僚が仕掛ける沖縄岩国(本土)分断作戦であり、現段階での最大の防衛詐欺売国行為が世間の耳目を集めて騒がしい沖縄ではなくてまさに岩国でこっそりと行われていることを如実に示している。沖縄を落とすにもまず本土の最大の外堀岩国基地を落として既成事実化しておけば売国作業が一掃やりやすくなると浅はかな皮算用してるのだろうけどね。まあたとえ今回の小細工がうまく行って岩国基地が一時的に拡大したとしても、おおもとの地位協定破棄すれば全部まとめて返還させることは赤子の手をひねるよりも簡単であり、そのときには売国法匪官僚は全員日本国の公民権を終身きっちり失うことになるだろうねw

日本人であるなら米軍駐留を治外法権で認めている史上最悪破廉恥地位協定を直ちに破棄して日本の国土からすべての米軍を国外退去させなければ、自分の国で米軍の奴隷として生きて死ぬことになる。植民地奴隷の人生では縄文時代以来常に同時代世界最高の優秀さを示し続けてきた日本人のご先祖様たちに申し訳が立たないでしょ。

さっさと地位協定破棄して国内米軍基地をすべて違法化して、ただちにひとつ残らず全部返してもらおう。主権国家日本の当然の権利である。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1145-dc621751

愚者の楽園再訪

William Bowles 2011年12月28日 williambowles.info 私の前回の記事(英語原文)は、少なくともその読者数から判断して、疑いようもなく、痛いところを突いたようなので、特に私が拝読したコメントを踏まえて、この話題は更に検討する価値があるだろうと私は考えた。 文章...
  • [2012/01/04 15:41]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲