http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 新年早々愚痴を言ってしまいました
FC2ブログ

新年早々愚痴を言ってしまいました 

2012年の扉は穏やかなお天気に恵まれて静かに開きました。
年末はいつものように帰省ラッシュで賑わい、海外旅行に行く人たちも大勢あったそうです。
明けてお正月、いつもの年のようにテレビの、のんびりとしたお正月番組を見ていると、
昨年の悲惨な大震災と大津波、原発事故が、はるか昔の出来事のように錯覚してしまいそうです。

しかし震災の被災地には、まだ始末できていない瓦礫が山のように残っているし、
原発事故でできたさまよえる核燃料が、どう落ち着くか、見当もつかない状態のようです。
それなのに政府は除染なるものを行って、避難住民を自宅に帰そうとしているらしいです。
政府は災害対策の名目でつけた予算の多くを、業者に与えようとしているのではないかと思えて仕方ありません。
東電の保護や債権保障に1兆円も使われたというのに、被災者への保障は遅々として進んでいないようです。
業者には除染で儲けさせ、津波対策で防潮壁を作らせたり、海から遠いところにしか住めないように決めて、宅地造成で儲けさせようとしているようです。

被災者のためと銘打って、出された政策が手かせ足かせとなって、被災地の復興をさまざまに妨げているらしいけれど、政府は何の対策も施そうとはしていないようです。

それなのに消費税率アップの案を年内に決めておかねばならないということで、
野田総理は御用納めも済み、いよいよ年の瀬も押し詰まった12月30日、民主党議員を集めて5時間も説得して、ついに政府の消費税増税案を、民主党議員に了承させたそうです。
なんとしう熱心さでしょう。
この熱心さで被災地復興対策をしてくれていたら、被災地の復興はもっと進捗していたのではないかと思いました。
復興に資金が必要だとしても、
円高で困っているところなのだから、復興国債を発行するという方法を何故取らないのでしょう?
又、富裕層の税率を20年前に戻すだけでも、相当な税金が得られるという話です。
そういう有り余ったお金を持っている富裕層から、賄うべき復興財源を、
大部分が貧しい庶民から取られる消費税で、賄おうというその発想から、おかしいと思います。
野田総理は民主主義の下、代議士に選ばれた国民の代表だったのではないのでしょうか?
選挙で選ばれる国会議員は、国民に対して尽くすことを身上にしておられるのかと思っていましたが、
国民を苦しめることに、ここまで熱心に力を注がれるとは、狐につままれた思いです。
国民とはその大部分が庶民なのですから、国会議員は庶民の代表であるはずですのに、
野田総理はいったい誰に対して、忠誠を尽くしておられるのでしょう。

これまで私は、日本人はおとなしいから、政治家に好いようにされると嘆いていましたが、
昨年春から始まった中東や、昨年末のソ連の反政府デモには、
アメリカ等がデモ主催者へ,以前から援助をしていたという裏があるようですね。

どちらにしても好いようにされるものなら、大規模デモで武力介入されて血を見るのは、馬鹿げているのかも知れないという気もしてきました。
尤も、明治維新をもたらす前には、維新の志士と呼ばれる人々が、多数殺傷されているのも事実ですが・・・・・
ただむやみに踊らされていたのでは、事態は解決から遠のくばかりかもしれないし・・・・・

政治とは難しいものなのだな~と、しみじみ感じさせられているところです。

今年は日本も世界も、平和だと好いですね。

Comments

復興国債発行しますよ

http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/

もう金融機関で暮れから募集しています。

ゴタゴタ言ってないで買ったら?

Rosa wichuraiana 様

コメント有難うございます。
復興国債が発売されると言うことは知りませんでしたが、総額がいくらか何処にも書いてありませんね。

ところで私がこの記事で言いたかったのは、
日銀引き受けの国債を発行して、
50兆円か100兆円と、円レートを下げるくらいの額を出したらよいと言いたかったのです。

数億円規模のものを出したとしても、余り意味がないだけではなく、
無駄遣いに使われてしまうでだけしょう。
ダムなど昨年からどんどん作られ始めているそうですし、
北海道に新幹線を走らせるという話まで出ているらしいですね。
復興国債と銘打っていても、お金に印が付いているわけではありませんから、復興国債で入ったお金の分を、無駄遣いに使うと言うことなのではないでしょうか?

根本的に現政権のやっていることは、ハチャメチャではありませんか。

国債のことだけでなく国の財務がどうなっているかご存知ないんじゃないですか?

http://www.mof.go.jp/jgbs/topics/press_release/jgbpress24.pdf

私も現政権を支持しているわけではないですが、財務というものをご存じないまま書かれるのは批判になりません。

Rosa wichuraiana 様

財務と大まかなことを言われても、お返事のしようがありません。
あなたは本当に詳しいことを知っておられる人なのか、
マスコミのプロパガンダに騙されているだけの人なのかどうかも分かりませんし・・・・・・

No title

>50兆円か100兆円と、円レートを下げるくらいの額を出したらよいと言いたかったのです。

はは、こんなことを言うのは無知をさらしているようなもの。

Rosa+wichuraiana 様

そうですか?
こういう説をブログで書いておられる、民主党の国会議員先生もありますよ。
  • [2012/01/08 11:53]
  • URL |
  • 和久希世    
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

円安の秘策

財政と金融については、「まるで無知な馬鹿」が
さも知ったかぶりのことを引用します。
和久希世さんは無視されるべきです。

しかし、野田首相の無知にも困ったものです。
「国民が嫌がることをするのが政治だ」などと
財務省の勝次官あたりが入れ知恵したのか?
やることなすこと無茶苦茶です。

1997年、橋本内閣は「景気は充分に回復した」として
それまで3%だった消費税を5%へ引き上げました。
「たった2%くらいなら大丈夫だろう」という判断でした。
ノーパンしゃぶしゃぶ屋で遊んでいたこの財務官僚たちの
間違った判断によって、山一證券の破綻など例の金融界の
ガタガタが引き起こされました。
15年前のことですが、私は絶対に忘れることはできません。
諸悪の根源は、財務省(当時は大蔵省)のシロアリどもです。

「たった2%だから大丈夫」???
溺れている者が、やっと水面に口を出したところへ
大きな波が押し寄せてきたようなものです。
2%増税は、苦しい生活をしている者には切実なのです。
民間なら30万円する邸宅に3万円で住んでいるような
低級官僚には、庶民の暮らしなど分からないのです。

昨年、円高抑制のために政府は数回、単独介入しました。
10兆円ほど遣ったそうですが、今日は1ドル76円代です。
あの10兆円はどこへ消えてしまったのでしょうか。

では、なぜ円高になるのか。
それは、20年以上続くデフレが原因です。
年1%程度のゆるやかなデフレでも、長期継続はよくない。
目先の物価が下がるから、貧乏人が助かると勘違いしています。
とんでもない間違いです。
経済学では、インフレは貧乏人の味方、デフレは金持ちの味方です。
(仮にすべての物価が2倍になれば、借金が半分になったと同じ。)

では、日本を円安に誘導することは不可能でしょうか。
ここに、秘策があります。
明日にでも、1ドル=100円にできます。簡単に!
それは、

隠居老人様

コメント有難うございます。
消費税をたった2%上げても、経済がガタガタになるのですから、5%も上げたらこれからの日本は、一体どうなるのでしょうね。

消費税を上げず、円高不況から抜け出す妙案
そして景気を良くできる妙案
日銀引き受けの国債を、政府はどうして発行しないのでしょうね。

1ドルを100円にする秘策

長くなったので、続きを書きます。

昨年、テレビが地デジへ移行しました。
今まで地上波TVが使用していた電波帯は、携帯会社へ割り当てられます。
ここで、総務省の役人は悪質な違反行為を2つしています。

日本のテレビ局は、5年に1度の審査があるだけです。
現在までに、免許が取り消された例はありません。
そのテレビ局の大株主は、大手新聞社です。
その結果がどうなったか。
朝日新聞編集局社員の平均年収は、1544万円です。
フジテレビ社員の平均年収は、1442万円です。
日本テレビ社員の平均年収は、1330万円です。
普通のサラリーマンの年収よりかなり高いと思いませんか。

テレビ局がなぜそんなに儲かるのか。
総務省役人を接待するだけで、支出がないからです。
電波は公共の財産なのに、一部の役人が私物化しています。

携帯電話の電波も同じ仕組みです。
欧米のどこでもやっているように、オークションで入札すればいい。
試算では、オークション1回で約2兆円の収入になります。
総務省の役人は「今回は時間がなくて間に合わない。次回は必ず」
などと弁解します。
しかし、2年後には内閣が代わり、大臣も別の人になっています。
役人は舌を出しながら「次回は必ず・・・」とまた嘘をつくわけです。

東京電力は、債務超過だからすぐに倒産させます。(国有化でなく)
当然のことながら、株価はゼロになります。
東京電力に貸し付けていた金は、パーになります。
三井住友銀行さん、貸付金○兆円が消えてお気の毒ですね。
電気事業連合会加盟社の社員平均年収は、749万円です。
これには、北海道や沖縄も入っています。
東電社員の平均年収は、もっとずっと高いはずです。

被災地の復興がなぜ進まないのか。
それは、霞ヶ関の官僚どもがサボタージュしているからです。
まず、福島原発から50Km以内の土地は全部、国が借り受けます。
30年の長期賃貸借契約を結んで、30年分を前払いします。
土地の所有者は、所有権はそのままですから売ることもできます。

岩手県、宮城県の津波が来た場所は、全部国が買い上げます。
その金額は震災後の価格ではなく、3月10日以前の値段です。
住民たちは、土地代金を手に入れ、高台移転すればいいのです。
また他の地域に引っ越したい人は、自由にできます。

これら、土地の借受費と購入費は、どれくらいになるでしょうか。
まず確実に100兆円は超えるでしょう。
日本政府に、100兆円の現金の持ち合わせはあるのでしょうか。

ここでやっと秘策が登場します。
財務省はこれら土地代金を、溜め込んだドルで支払います。
そして、「計算しやすいように、1米国ドルを百円にする」とします。
日本国内では、10ドル札は千円札と同じです。
どこの銀行でも、100ドル札を1万円と両替してくれます。
つまり、1ドル=100円の固定相場にしてしまうのです。
円を廃止するわけではありません。円は国内では立派に通用します。

すると、「日本独自の財政金融政策が実施できなくなる」のか?
しかし、財務省がこの20年間どんな財政政策を行ってきたのか?
彼らは「消費税を増税して安定収入をえること」だけを考えてきました。
ハッキリ言えば、馬鹿の塊であり、間抜けの権化です。

では日銀はどんな金融政策を打ってきたのか?
オドオドビクビクして、何もせずに高給を貰っているだけです。
バーナンキに訊けば、
「ニチギン? 聞いた事はあるが、まだ食べたことはないね」
などと言って、ニヤッと笑いそうです。

この秘策は、ボクシングでいえばクリンチのようなものです。
殴ってくる相手の懐に飛び込んで、抱きついて離れません。
日本は1ドル=360円の固定相場だった時代に実力を蓄えました。
為替を40年ほど昔に戻すだけです。
円高誘導をしているFRBは嫌がるでしょうがね。

隠居老人様

先ほどの貴コメントに、秘策はの次がなかったので、勝手に国債発行のことかと思い、そう書いたのでしたが、
こういう秘策があったのですね。
こうすればアメリカにあのアメリカ債を売りたいなどと言わなくても、自由に使えると言うわけですね。

素晴らしいアイディアだと思います。
でも今の政治家にこういうことがする度胸のある人は、ないのかもしれませんね。
アメリカに暗殺されかねませんものね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1142-7c31cb0f

ウオール街占拠運動と"アメリカの秋":これは"カラー革命だろうか"?第一部

Michel Chossudovsky Global Research 2011年10月13日 アメリカ中で、社会変化の必要性を感じて、流れを逆転させようと固く決意している、あらゆる階層の人々、あらゆる年齢集団を含む、草の根の抗議運動が広がっている。 この運動の基盤は、アメリカ中で、失業と貧困をひ...
  • [2012/01/01 14:51]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲