http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 腑抜け総理がTPPをなし崩しに・・・・・
FC2ブログ

腑抜け総理がTPPをなし崩しに・・・・・ 

最近テレビでTPPについて問題点を指摘させるなど、日本はTPP不参加で行けるのかなと、ちょっと期待させられる風があるが、所謂ガス抜きに過ぎないのかもしれない。
野田政権はどうやらTPP参加に向けて、わき目も振らず進んでいるらしい。

菅総理が脱原発を言い、東電は二分社化させるべきだとの意見が、世間に満ちていた頃もあったが、あれもガス抜きに過ぎなかったのだろう。
結局東電は二分社化はおろか、殆んど無傷で残され、被害者保障は大部分が国の税金で賄われるという結果になっている。
又脱原発はなし崩しにされて、停止中だった玄海原発も再稼動されてしまったし、
野田総理は子々孫々のために原発を続ける等という妄言を吐いて、外国への原発輸出交渉に熱心に動いている。

APECでアメリカが「野田総理が総ての品目に参加すると言った。」と発表したのに対し、
「野田総理は総ての品目と言っていない。」と、外務省はアメリカに抗議し、アメリカ側も野田総理はそういう発言をしていないと認めた、というニュースが流れた事があるが、
何故かアメリカ政府は、「野田総理が総ての品目に及ぶと言ったという箇所を変える気はない」と突っぱねているそうである。
これに対して野田総理は「そういう発言をしていないのは事実だが、この件について抗議する気はない」と意味不明の事を言っている。

日本政府はアメリカ側に「それならTPPに参加できない」と言えば良いだけの話なのに、
何故かそういう発言が、誰からも出ていないらしい。
総ての国会議員がTPP参加する場合問題だから、「アメリカから訂正を取り付けよ」としか言わないらしいし、
野田総理も訂正を求めない理由に、「TPPには参加しないから、アメリカに発言の取り消しを要求する必要がない」とは言わない。
アメリカに日本側が言っていない事を、言った事にされてしまってさえ、
「そんな嘘吐きの勧めるTPPには、参加する気になれない」とさえ言えない日本政府が、
個々の交渉で、日本の立場を守れるはずがないだろう。
ISD条項だって何だって、日本が同意していなくても、同意したとアメリカが発表したらお終いになってしまうのだから・・・・・
(やっぱり、kojitakenさんがこちらで言われたのは正しかったのかも)

野田総理がアメリカが発表した事を、「自分は言っていないけれど、抗議する気はない」という発言をしたと聞いて、アメリカは手を打って喜び、野田総理の腑抜け振りを笑っている事だろう。
今の日本政府は、アメリカにとってはやりたい放題で、どんなに蹂躙しても何でも通ってしまうと確認できて、野田総理は掛け替えのない属国支配人であると、アメリカ政府は大喜びしているのだろう。

こんな総理を選び、これからも総理を続けさせて平気な国会議員たちも、野田総理と同類なのだろう。
こんな者達に、一人当たり1億2千万円の税金が、毎年使われているそうだが、
これら売国国会議員は、真面目に国民のためになる仕事をしている現場で働く公務員の少ない月給を、一律8%削減しようとしているらしい。
弱い者から毟り取ってでも、高級公務員の天下り利権や、国会議員の不当に高い歳費だけは、守り抜こうと言うのだろう。

Comments

こんばんは。【真面目に国民のためになる仕事をしている現場で働く公務員の少ない月給を、一律8%削減しようとしているらしい】と言うコメントを読んで。
それでも、【年収250万円以下、いや年収200万円の世帯】が増えている国民には、国民年金&国民健康保険を払うのも苦しい・・・。そんな中で、裏金を作り(忘年会などを、こそこそしたり)、安い公務員宿舎に入り(貯金をしたり)、共済年金(国民年金と桁違い)がある・・・年収の少ない公務員でさえも、懲戒免職などにならない限りは、大いに恵まれている。
だから、【真面目に国民のためになる仕事をしている現場で働く公務員の少ない月給を、一律8%削減】にも、賛成する国民がいても仕方がない。
本来は、反・国民生活第一の【霞ヶ関、司法、天下り関係の年収を大幅削減】が第一なのですが。

まだ何も始まっていないのに

お久しぶりです。交渉参加を申し入れた途端に、反対派も静かになってしまったのにはびっくりします。ただのお祭り騒ぎだったのかと。

これからが大切だと思えます。断固阻止する覚悟もなく慎重だとか反対と言っていた人たちの頭の程度が伺えます。ただのそれこそガス抜き程度のことで終わりなら何にもならない。

政権転覆でも何でも国民運動を盛り上げて断固阻止すべきことがらだと思いますが。

馬様

コメント有難うございます。
仰るとおり、今の一般の労働条件から言ったら、公務員は恵まれている方であろうとは思います。
日本をめちゃくちゃにして、私服を肥やしている階層は、自分達への矛先を、公務員一般に摩り替える事によって、既得権益を守ろうとしていると私には感じられます。
この結果によって、庶民(一般公務員を含む)の給与水準は益々下がり、格差は益々広がっていく事でしょう。
(公務員給与下げが、民間の労働者の給与を下げる口実に使われるのではないかと危惧されています。)

全く昨今の政治家の体たらくを見ていたら、政権転覆しかないようにさえ感じられますね
でも下手な事をしたら、もっと悲惨な事になってしまうでしょうし・・・・・

zen9you 様

コメント有難うございます。
本当にあのTPP反対運動はなんだったのかと不思議な感じですね。
野田総理を不信任しない限り、TPPは予定の事として参加に向かって進められていくのでしょうね。
全く、日本の政治家の堕落は酷いものですね。
国民を騙すべき対象としか、考えていないようにさえ感じられます。

誰が本当にTPP参加に賛成なのか

野田総理の「TPP参加表明」に対して、新聞社やTV局の世論調査が発表された。
そこには予想された通り、捏造された同じような数字が並んでいる。
TPP参加に賛成  45%
TPP参加に反対  35%
よくわからない   20%

だいたいがこんな数字だ。
しかし、調査結果をよく読むと、真実が見えてくる。

国民への説明が不十分だ 85%
TPPの内容をよく知らない 80%

だから、捏造前の本当の世論調査結果は次のようなものだったはずだ。
TPP参加に賛成   5%
TPP参加に反対  15%
よくわからない   80%

都道府県知事の中で、参加賛成は3名だけだった。
他の44名は、慎重あるいは反対を表明している。
国会では、民主党議員の約半数が反対している。
みんなの党以外の野党も全部、TPP参加に反対している。
地方議会では、9割近くが反対を議決している。
経済界では、経団連加盟の輸出企業だけが賛成している。

騙されてはいけない。
日本でTPPに賛成しているのは、霞が関と大手マスメディアだけなのだ。
「国論を2分している」??? どこが?!
一部の御用学者が、国民を洗脳しようとしているだけじゃないか。

イタリアのベルルスコーニ首相が先日、やっと退陣した。
未成年の少女歌手を「援助」していたり、売春婦を集めて乱痴気パーティを催したり・・・・・
しかし、彼が好き放題やって国民の追及を逃れ続けることができたのは
メディア王として、イタリア国内の9割近いマスコミを支配していたから。

私たちがまずなすべきことは、読売・朝日などの不買運動をすること。
NHKには「真実を伝えないメディアにはお金を出さない」とはっきり言うこと。

ソ連崩壊の第一歩が「情報公開」だったように、真実の情報を得ることから始めよう!

引用感謝と「電源三法」バナーのお礼

ご無沙汰しています。『kojitakenの日記』へのリンク並びにTBどうもありがとうございます。

TPPについては、野田首相が持っていたメモに「例外なきすべての品目」と書いてあったのがカメラに映し出されたとか言って自民党の議員が騒いでましたが、そんな自民党議員も民主党の自称「反対派」も本気でTPP交渉参加に反対するつもりなんかなさそうですね。

野田政権がTPPに前のめりなのは、アメリカのほか官僚も経団連も右から左までの大新聞もみなTPP推進論をぶっていたからでしょう。ですが、誰がどんなメリットがあってTPPを推進したのかもはやわからなくなっています。原発の政策と同じですし、さらに遡れば先の戦争に突き進んだ経緯とも同じといえるかもしれません。

話は変わりますが、実は前々から気づいていながらお礼をしそびれていた件なのですが、「きる! 電源三法」のバナー掲示、どうもありがとうございます。

以前、私のブログでバナーを募集したのですが、応募が一件もなかったので、私が知る限り初めての「きる! 電源三法」バナーになります。

バナーのURLを教えていただければ幸いです。私のブログで周知したいと思います。

原発推進した「政治家、右翼」奴らの罪と償いは

小出裕章がキッパリと否定!
福島県佐藤知事の米の安全宣言に「間違っています」



「やはり福島県知事は黒幕」の検証と新事実
福島県知事の罪 「SPEEDI情報隠し」
まず、福島県知事がしたと強く思われることが、
文科省から福島県庁に送られたSPEEDIの情報を、
地元行政に通知しなかったことです。

そして後日、福島民報掲載されることとなります
「連絡がなかった」と言いながら、
隠蔽がバレたら「公表できる内容ではなかった」と。

県民・国民の税金で食べさせてもらってる立場が
「公表できる内容ではない」と
判断すること自体がおかしいのです。
公表する義務がある。
しかも、怒りが止まらないのは、
おなじく福島民報に掲載されていたこの言葉の結論はひとつ。

SPEEDI情報を、公開したくないがために、福島県知事が握り潰した!

県民を馬鹿にするにもほどがあります。こちらにも既出のニュースが。

県、高放射能データ公表せず 3月、福島市などで検出
http://mytown.asahi.com/areanews/fukushima/TKY201106040444.html

福島県知事のさらなる罪 風評被害回避の名目で県民・子どもが被ばくの犠牲に
佐藤雄平知事の大きな罪は、SPEEDIを隠蔽したことだけではありません。
「風評被害回避」という名のもとに、県民や子どもの安全よりも経済を優先させたこと。

そして「風評被害回避」と言いながら汚染作物を広げる行動は、
時間がたてばたつほど、なお盛んになってきています。

福島県知事のさらなる罪 人体実験データ取得行為への加担
そして、さらなる福島県知事の罪は「年間に100mSvを受けても安全」と
断言する学者をアドバイザーに任命をしていることです。

食品安全委:生涯被ばく「100ミリシーベルトで影響」
http://mainichi.jp/select/science/news/20111028k0000m040073000c.html

福島県が放射性物質の「計算間違い」 実はセシウム25倍だった!
http://www.j-cast.com/2011/09/27108329.html

福島産乾燥キクラゲからセシム=厚労省
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201111180182.html

厚生労働省は18日、
福島県会津若松市で生産された乾燥キクラゲから、
食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を
超える550ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
キクラゲから規制値超の放射性物質が検出されたのは初めて。
今回規制値を超えたキクラゲは市場に流通しており、
同県は生産者に自主回収を要請しているが、
一部は既に消費された可能性がある。 

初の“セシウム汚染”全国マップ!北海道~中国地方まで広く拡散
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111115/dms1111151134009-n1.htm

東京電力福島第1原発事故で放出された放射能が、
日本列島各地に拡散している状況が明らかになった。
名古屋大などの研究チームは福島第1原発から
放出された放射性セシウムの
全国分布を推定した地図を作成した。
15日の米国科学アカデミー紀要(電子版)に発表する。
各自治体などが公表したデータに基づく推定とはいえ、
実態に近い全国版の汚染マップが
示されるのは事故後初めてだ。

地図は名古屋大の安成哲三教授、
ノルウェー大気研究所などのチームが作った。
3月20日から1カ月間に
福島第1原発から放出されたセシウム137について、
各地の自治体が計測した連日の降下量データを
もとに大気中の拡散をシミュレーション。
土壌への沈着量を推定した。

セシウムは北海道から中国地方にかけた
広い範囲に沈着するが、
西日本の汚染は少ない結果だ。
研究チームは「中部地方の山岳地帯が
西日本への汚染大気の拡散を防いだ」と分析している。

地図上の分布状況は、
文部科学省が岩手県から岐阜県まで
18都県で行った航空機モニタリングの
実測値とほぼ合致している。
そのため、専門家らは
「汚染は、この地図通りに広がっている」とみている。

ただ、今回の解析には建屋の水素爆発などで
大量の放射性物質が放出された
3月中旬のデータは含まれていない。
同チームでは、地図に示された状況は
「実際の汚染の下限に近い」としている。
現実はさらに深刻ということか。

原発推進の輩達のせいで。

隠居老人様

コメント有難うございます。
本当に日本人の誰一人恩恵を蒙る見込みもないものなのに、マスコミはTPPがさもよいものであるかのように言っていますね。
ベルルスコーニ程には守られなくても、従米路線さえ進んでいたら、マスコミはどんな失言でも無罪放免で許し、ちょっとでもアメリカにたてつく政治姿勢を見せる政治家の事だったら、白を黒と言いくるめてでも悪人に仕立て上げてしまうのですから、政治家にしても辛い事でしょうが、
何の為に一人当たり1億2千万円も出して、代議士を養わねばならないのだろうと文句の一つもいいたくなってしまいます。

TPP経済界は、入らなかったら後で手ひどい目に合わされると恐怖しているようですね。(一昨年のトヨタのように)

私のうちはNHK自動振り替えにしているけれど、この契約取りやめにしてしまおうかな。

kojitaken 様

コメント有難うございます。
いつも楽しみに見させていただいています。(コメントは出来ないのですが)
さて先日あの記事を見たとき、
総てを八百長のように言われるなんて、憤りを感じてしまうと、kojitakenさんの名を上げて、苦情を書いていたのです。(その時そちらへもTBした積りだったのですが、何故か行っていなかったようです。http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-1094.html

それでこの記事を書いた時、お詫びをかねて反省の弁を述べたのでした。(ごめんなさい)
尚、山田正彦さんは、8月に腎臓移植手術をされたばかりの体で、頑張っておられたのですから、少なくとも山田さんだけは本気だったに違いないと、私は今でも信じていますが・・・・・

電源三法反対のバナーは私が自分で作ったのです。
ネットの中の原発の絵を探し出して、色々やったのです。
福島の事故った原発では文字が見えにくくなるし、適当なのが無かったので、ビキニの女性が邪魔だったけれど、この絵を選んだのでした。
絵の中の女性の姿を消そうと四苦八苦したのですが、どうしてもやり方が分からず、そのまま使っているので、
恥ずかしくてご報告できなかったのです。
URLはないのですが、クリックしたら画像を保存できなすので、ご自由にお使いください。(どなたかが邪魔な部分を、修正してくださるとよいかなとは思いますが・・・・・)

TPPも原発もどうしてこんなものが、日本では大手を振ってのし歩くのでしょう。
何とか阻止したいものですね。

みちのく 様

コメント有難うございます。
福島県知事は、せっかく前知事が県のために原発の再稼動を禁止したものを、
殆んど不具合を直さないままの原発の再稼動を認めただけでも、万死に値する罪なのに、
のうのうと知事の椅子に座り続け、
東電の社長に福島県民の代表として、威張って謝らせていましたね。
あのニュースを見たときから、いかがわしい知事だとは思っていたのですが、文部省が送ってきた情報まで、握り潰していたのですか!
すぐに大変な情報を伝えたら、自分に非難の矛先が来ると思って、隠したのでしょうね。

今回の原発事故では、加害者と言っても良いはずの者たちが、全然罰せられていませんね。
昔から「1人殺したら殺人犯だけれど、何万人と殺したら英雄になる」と言われていましたが、
微罪だったらすぐに取り締まられるのに、大罪は逃げおおせると言うのは本当ですね。

私のように単純な頭のものには、理解不能の事だらけです。

【TPPの真実】

TPPの黒幕 経産省女性官僚がやったコト

<慎重派が呼んで吊るし上げ>

マイクを握り、身ぶり手ぶりで説明する女性官僚。
彼女こそ、いま、TPPの黒幕と呼ばれる
宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)である。
なぜ、彼女が黒幕と呼ばれるのか。
 
日米で言った言わないでモメている野田首相発言、
「日本は全ての物品サービスを
(TPPの)貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」というセリフ。
これは経済産業省が事前に用意したペーパーに書かれていて、
これを作成したのが宗像なのである。
 
問題のペーパーはAPECのためにハワイに先乗りした
枝野経産相にカーク米通商代表との会談用として渡された。
たまたま枝野に密着していたテレビが映したことで、存在がバレた。
その後、枝野はカーク通商代表との会談に臨み、
あとからハワイ入りした野田首相はオバマ大統領と会談、
交渉参加に向けた協議に入ることを表明した。
枝野も野田もペーパーに書かれているような発言をしていないと言うが、
米国は、野田がこのペーパーに沿ったセリフを表明したと発表。で、
宗像は与野党のTPP慎重派から吊るし上げを食らっているのである。
「18日に開かれた民主党の慎重派の勉強会にも呼ばれて、
経緯を聞かれていました。

宗像氏は首相の会見前に用意した発言要旨だったとし、
首相の会見のあと、
その趣旨を反映させたものに差し替えなかったため、
ペーパーが残ってしまったと言い訳しました。
でも、外形的にはTPP参加の旗振り役である
経済産業省が極めて前のめりの参加表明文書を作り、
それが米国に伝わって、
日本の見解として発表されてしまったとしか見えない。
それに対して、日本は訂正すらも求めていないのだから、
おかしな話です。本当に差し替える気があったのか。
経産省が交渉で、そう言わせようとしたのではないか。
枝野氏はその通りの発言をしているのではないか。
疑惑は尽きないし、“違う”と言うなら、
枝野大臣とカーク通商代表との議事録を公表するか、
『米側の発表は誤り』と日本から声明を出すべきです。
宗像氏本人か、上司か、大臣か。
誰かが責任を取らなければ、慎重派も収まらないと思います」
(ジャーナリスト・横田一氏)
 
今回はたまたまTVが映像を撮っていたからよかったものの、
それがなければ、交渉の裏で役人が
勝手に何をやっているかわかったもんじゃない。
そう思うと、ホント、日本の官僚は恐ろしい。

宗像氏は東大法卒、ハーバードでMBAを取得した後、
1984年通産省に入省した。通商経済政策局経済協力課、
総務課課長補佐などを経て、
ブルッキングス研究所やジョージワシントン大で研究をした。
新自由主義に染まった役人の身勝手な暴走は許されない。


記事から。

みちのく様

コメント有難うございます。
私もその話は見た記憶があります。
でもそういう事情があるとしても、野田総理が米国に訂正を求めないと言うのは無責任ですよね。
一切の責任は総理にあるはずですから。
このままにしてしまったら、総理もその件を了承した事になってしまいますものね。

尤もTPPに参加しさえしなかったら、そんな事などどうでもよい事になってしまうでしょうが・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1101-f0b3a3e1

TPPの日米発表のくい違いは、国民を欺く出来レースかも+小沢の懸念+プロ野球

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o 最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。 プロ...
  • [2011/11/20 08:04]
  • URL |
  • 日本がアブナイ! |
  • TOP ▲

二大政党制とこれからの選挙制度

昨日TPPの討論番組があったが、民主党内でも異論が多い。 民主党は『政治主導』『二大政党制』を理念に集まった政党だけど、やはりそれだけでは漠然なのかも。 二大政党制には、一種の限界があるのかもしれ...
  • [2011/11/19 21:55]
  • URL |
  • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 |
  • TOP ▲

リカードの比較優位説

『列強の植民地化政策と、比較優位』 悪魔の碾き臼新自由主義の推進者池田信夫などが賞賛するTPP賛成論の中では、リカードの『比較優位説』なる聞き慣れない言葉が突然言い出されている。 デヴィッド・リカード(David Ricardo、1772年~1823年)は、各国が比較優位...
  • [2011/11/18 14:45]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

オバマ、イラクからの米軍撤退を発表

Patrick Martin 2011年10月24日 アメリカのバラク・オバマ大統領は、ヌリ・アル-マリキ首相の政権との、米軍駐留を2012年まで引き延ばす交渉が挫折した後、金曜日に、イラクに残っている米軍が、12月末前に、イラクから撤退すると発表した。 オバマは、急いて短期間に招集...
  • [2011/11/17 14:05]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲