Dendrodium アメリカ人に大規模デモを起こさせたものは?
FC2ブログ

アメリカ人に大規模デモを起こさせたものは? 

抗議デモ、全米に拡大 格差反発「アメリカの春」
2011年10月4日(火)
(産経新聞)
 【ニューヨーク=黒沢潤】学生や失業者らが格差社会の是正などを求めて、米ニューヨークの金融街、ウォールストリート周辺で連日行っているデモは3週間目に突入した。1日には、ブルックリン橋でデモ行進をしていた参加者約700人が一斉に逮捕されたものの、その熱気が衰える兆しはない。ボストンやシカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコでも「連帯」を示すデモが起きており、抗議行動は徐々に全米的な広がりを見せている。

 デモはもともと、社会問題を扱う雑誌「アドバスターズ」創刊者のカレ・ラースン氏らが、短文投稿サイト「ツイッター」などで呼び掛け起きた。ラースン氏は「ニューヨークを中心とする世界の金融制度はある意味、私たちをもてあそんできた感がある」と語る。

 デモの参加者たちは、ウォールストリートを貧富の差を生み出す米経済の象徴とみなしている。ウォールストリートから北に約150メートル離れたズコッティ公園では2日、学生や失業者たち約千人が「(富裕層の)1%が99%を支配する国」「銀行家はナチスのようだ」などと書かれたプラカードを手に持ち、社会の不均衡是正を訴えていた。

 カリフォルニア大学バークレー校の経済専門家、エマニュエル・サエズ氏によれば、2008年の米国の富裕層上位1%(約76万2千世帯)の年間世帯所得は最低36万8千ドル(約2830万円)以上。簡単には手が届かない高所得が人々の反発を買っている形だ。

 ズコッティ公園では通常、1日に2回、会議を開きその日の活動方針を確認、情報を各地に発信する。参加者はテントを張って寝泊まりすることから、食事を提供する食料班や薬を配布する医療班もあり、デモ参加者にはいずれも無料で配られる。

 この抗議運動には、オリバー・ストーン監督の映画「ウォールストリート」(2010年)に出演したニューヨーク出身の女優スーザン・サランドンさんらも支援している。

 デモ参加者の中には、政治信条はリベラルながら、オバマ氏に批判的な人々も少なくない。大学教員のカレン・ハルノンさん(49)は「オバマ氏が口にするチェンジ(変革)はもう信じない」と述べた上で、民主党員を辞めたことも明かした。

 一部メディアの間では、今回の抗議行動を中東の民主化運動「アラブの春」にちなみ、「アメリカの春」と呼ぶところもある。

 デモ呼び掛けの中心人物、ラースン氏は「今回のデモが英国で(8月に)起きたような暴動に発展することは望んでいない。平和的なデモで、エジプトでの出来事に匹敵するような状況を作り出したい」と話している。


アメリカのデモは終息に向かうどころか、全米に広がりつつあるという。
そんなアメリカで或るドキュメントが企画されたが放送禁止になったそうである。
語り手はジェシー ベンチュラー
元プロレスラーにして、元ミネソタ州知事

Comments

危機感ですね

匿名様

コメント有難うございます。
もしこのヴィデオの言っている事が本当だとしたら、アメリカ人は居ても立ってもいられなくなる事でしょうね。
日本人もTPPにもっと危機感を持たねばならないのでしょうが・・・・・

対岸の火事ではありませんね…

不思議でならないのは、日本で同様のデモ行動が起きないことです。小泉・竹中の『新自由主義』『市場原理主義』礼賛政権以来、雇用は破壊され、庶民の暮らしが破壊され格差社会が固定化されているにも関わらず、黙っている日本人をみると、哀れに思えます。よくもまぁ、こんなにも見事に大資本家に去勢されたものだと…。利潤追求を旨とする大資本家・大企業言いなりの社会は、早晩崩壊します。欧州では、富裕層自ら、国の財政難を救うべく、富裕層に増税をする様に政府に要求しています。見上げたものですね…。『ノーブレス・オブリージュ』(富の再分配)の精神が息づいています。それに比べ日本の財界は非正規労働者を機械の如く使い棄て、史上空前の内部留保を計上しているにも関わらず、「法人税を下げ、消費税を上げろ」と政府に要求する始末…。何とも情けない限りですね…。アメリカの若者の様に、怒りの声を上げないと、骨の髄までシャブラレますよ…。
‘60年安保闘争の様な国民的怒りのウネリを、もう一度見たいものです。

青い鳥様

コメント有難うございます。
本当に仰るとおりだと私も常々思っているのですが・・・・・
TPP反対のデモを農協がやり、それに弁護士会と医師会が合流したらよい、という意見を目にしましたが、
思い切ってやってくれないものでしょうか?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1061-5f0c608f

ジョージ・オーウェルの『1984年』を2010年に再訪

Richard Mynick 2010年6月12日 大衆的語彙の中に初めて登場して以来、“オーウェル的”という言葉は、典型的な“全体主義国家”の姿を呼び起こす。秘密警察だらけの一党独裁、自国民をスパイし、異議を唱える連中を弾圧し、恣意的逮捕や、囚人の拷問を行い、永久戦争を遂?...
  • [2011/10/12 09:41]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

 「ウォール街占拠デモ」のギークたち (写真)

デモの裏側の写真が沢山紹介されています。 本ブログは、彼らを支持しています。ただし、タバコの無料配布は止めて欲しいです。 「ウォール街占拠デモ」のギークたち WIRED2011年10月11日  ウォール街占拠デモの宿営地では、ノートパソコン、Wi-Fi、ビデオ装置を備えた...