Dendrodium 藤原氏も初めは真面目な官僚だったのかも知れない

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原氏も初めは真面目な官僚だったのかも知れない 

昨日今日と続けて、秋晴れの素晴らしい青空である。
彼岸を忘れずに彼岸花も咲いている。
田舎にいたら、10年1日殆んど何も変わらず、長閑なものだけれど、日本は急速に壊れ始めているのかもしれない。

今の日本を平安時代、菅原道真が中央から排除された頃に重ねて考えてみた。
平安時代初期までは守られていた班田収授法で、農地は公のものと規定され、国民は公から田畑を預けられ、死んだら返さねばならないことになっていた。
藤原氏も初めは真面目な官僚だったのかも知れない。
藤原氏はこの班田収授法をなしくずに崩して行って、広大な田畑を私有地(荘園)にしてしまった。
現在の官僚は平安時代初期の藤原氏のようなものかもしれない。
菅原道真は藤原氏が国の財産を横取りして、律令国家としての国の規律を壊して行くのが許せなくて、色々と画策したのだろう。
藤原氏はそんな菅原道真が邪魔になって、冤罪を仕掛け遠く九州の地に追いやり、中央の政治から遠ざけてしまった。

今官僚は誤魔化しに誤魔化しを重ねて、作ってきた自分達の権益を守る為、
国の決まりを次々と壊して行っている。
そしてそれを邪魔する政治家がいたら、冤罪を仕掛けて排除しているが、
これは菅原道真の失脚の時と、同じような事なのかもしれない。

藤原氏が班田を私物化して行くに従って、貸し与える班田は減って行くので、庶民の権利(班田を預かって生計を立てる権利)はどんどん侵食されて行った。
庶民の納めた税金を、天下り団体を作って横取りする事を始めた官僚は、
藤原氏が庶民から班田を取り上げて行ったのとよく似ている。
藤原氏の荘園拡大は、庶民から班田を取り上げると同時に、国の税収を激減させた事だろう。

まともな公務員だったら、藤原氏の専横を見逃せないに決まっているだろう。
藤原氏はそんなまともな公務員に、冤罪を吹っかけて遠く大宰府に流した。
官僚の専横を阻もうとした政治家を、冤罪で排除する為に謀略を駆使している昨今の状況も、
菅原道真公が受けられた謀略と似ているのかもしれない。
(藤原氏は自分達が菅原道真にやった事が、どんなに酷い事か知っていたから、藤原氏の中でも気の弱い者達が、怨霊に苦しめられ四苦八苦したのだろう。)

藤原氏の荘園を守っていたのは、強者(つわもの)の番兵、後の武士であったが、
日本の官僚利権を守っているのは、さしずめ米軍といった所かもしれない。
ただ米軍は官僚より立場が上にあるから、官僚がこれを利用するには、色々と譲歩せねばならない事だらけであろう。
それでも官僚は米軍にいてもらって、今の権益を守り続けていたい様である。
やがて荘園の番兵・武士は、平氏となり源氏となって権力の座につき、
だんだんと官僚藤原氏の出る幕は、なくなってしまうのだが・・・・・

藤原氏がおとなしく律令国家を守って行っていたならば、日本を暴力(武力)が動かす世の中にせずとも済んだかもしれない。
しかし日本が平和国家で来ていたら、西欧列強が大挙して来た時に、日本は簡単に植民地にされていたかもしれないし・・・・・

官僚が国民の権利を剥奪して行っても、官僚の天下が長続きするわけはない。
やがて武力オンリーの世に逆戻りして行くのが落ちであろう。
これからの世界の中の日本にとって、そうなるのが吉か凶か?

Comments

古賀茂明氏辞職

改革派官僚の古賀茂明氏、経済産業省を辞職
http://www.net--election.com/news_adndyuYVWK.html

経済産業省の「改革派官僚」として知られていた
古賀茂明氏が9月26日で退職した。
古賀氏は1980年に現在の経済産業省の前身である通産省に入省した。
国家公務員制度改革推進本部事務局の審議官を務めた後の
2009年12月より官房付となり、長年勤務してきた。

56歳で退職した古賀氏は、
公務員でありながら公務員制度改革の重要性を訴えていてきた。
古賀氏は2011年7月に退職勧奨を受けていたが、
これまで「仕事を与えてほしい」と拒否していた。

しかしその後も退職を促されて続けたことを受け、
9月26日朝に安達健祐次官と面会し、辞職する旨を正式に伝えた。
古賀氏は枝野経済産業相と面談することを望んでいたが、
実現することなく退職となった。

古賀氏の今後について、
一部では国政選挙や大阪府知事選へ出馬するのではないか
という憶測がなされていたが、これらへの出馬は否定した。
古賀氏は、今後について、党派を超えて改革派の国会議員を支援したり、
地方自治改革に取り組む地方自治を支援したりしたい旨、述べている。

記事から。

まともな官僚がクビになりそうでない輩が居座る変な世の中ですね。

大増税して埼玉県朝霞市に公務員高級宿舎を建設するんですって。
腹が立ち許せませんね。

みちのく様

コメント有難うございます。
震災復興を最優先せねばならない時に、被災地はそのままにして公務員宿舎を立てたり無用のダムを作ったり・・・・・
今の政府の感覚は一頃と比べて、あからさまに国民を二の次にする姿勢を貫いていますよね。
国民が完全になめられているという事なのでしょう。
政権交代しても、マスコミがはやし立てれば、国民は希望の星だったはずの鳩山・小沢両氏をすぐに見捨ててしまうおろかさを見て、
国民から権力を奪った者達は、もう大丈夫と自信を持って、国民無視路線を突き進み始めたという事なのでしょう。

彼等の大部分は今も庶民でしょうに、自分で自分の首を絞めるために、一生懸命働いているんですよね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1049-8e35b591

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。