Dendrodium 日米同盟の深化又先送り
FC2ブログ

日米同盟の深化又先送り 

首相訪米中止 同盟深化また先送り
2011年8月20日 朝刊

 政府は十九日、菅直人首相が九月前半に予定していた公式訪米の見送りを明らかにした。同日までに松本剛明外相がルース駐日米大使に伝えた。オバマ米大統領から招請を受けたにもかかわらず、首相退陣をめぐる政局混迷で「約束」を守れなかったことで、日米外交の停滞に懸念の声が上がっている。

 枝野幸男官房長官は同日の記者会見で「招待してもらった米国には大変恐縮しているが、一定の理解を得ている」と述べ、訪米中止が及ぼす影響は少ないとの見解を示した。

 菅首相は昨年十一月に横浜で行われた日米首脳会談で、オバマ大統領から「今年前半」に訪米するよう招待を受けた。その後、米軍普天間飛行場の移設問題に進展が見られないことなどから「九月前半」に先送りされていた。

 もともと米側は菅首相が六月に退陣表明したことを受け、九月訪米に懐疑的だった。招いた手前、表向きは日本側の動きを見守ったが、内々には政府・与党関係者に「当事者能力のない首相と会談しても意味がない」と伝えていた。

 両政府は、九月下旬にニューヨークで開かれる国連総会に合わせ、近く選出される新首相とオバマ大統領の会談を行う方向で調整に入る。ただ、多国間協議の場を借りた会談となるだけに、枝野氏も「公式訪問の代わりにならない」と認めている。

 公式訪米の首脳会談で目玉となるはずだった安全保障、経済、文化・人材交流を柱とする同盟深化に向けた共同声明の発表は見送られる見通し。外務省内からは「またあいさつから始めないといけないのか」とのぼやきも漏れている。 (岩田仲弘)


外務省は日米同盟の深化が、日本に何を齎してくれると思っているのだろう?
日米同盟の深化とは、君臣の契りを更に深化させるだけではないだろうか?
「日米同盟の深化など、もたつくだけもたついていたらよい。」と私には感じられる。

史上空前の円高が続き、日本の輸出企業は四苦八苦しているというのに、
大震災復興の為の国債さえ発行できない。(多分アメリカから差し止められている。)
それなのに、アメリカの国債は100兆円以上あると言うのに、この震災で疲弊している日本が、それを現金化する事もできない。
外貨としてアメリカに預けているものでも、日本はこれだけ大変な時なのに下ろして使う事も出来ない。
何の為の積立金だろう?
「アメリカに預けたからには、アメリカに貢いだも同然だという事は承知の事であろう! 例え大震災だからと言って、自分のお金だなんて思うな。」とか何とか言われて、日本政府は黙って引き下がっているのだろうか?
いやいや 政府要人も日本人だから、そんな事を言われる前に空気を読んで、「国債を売りたい」と持ちかけることさえ、初めから自粛しているのかもしれない。
そんなことを言ったら、橋本元総理ではないけれど、後でどんな酷い目に合わされるか知れないのだから・・・・・

日米同盟の深化だなんて、同盟によって日本もアメリカと同等に、利益を受け合う事ができる契約になるかのような事を言っているが、
日本はひたすら貢ぐだけ、
アメリカはひたすら貢物を受け取るだけ。
だからアメリカは、何時までも安定しない日本政府に、イラついているのだろう。
「グアム島移転の費用の(日本の)分担金だって、まだ決まっていないというのに・・・・・・」なんて。

アメリカ軍の移転費用でしょ。
日本政府が落ち着こうとどうしようと、アメリカ軍の移転費用に日本政府など関係ないでしょうに・・・・・

アメリカ軍はキルギスタンへは、空港の使用料を払っているというのに、
日本へは使用料を払うどころか、思いやり予算まで貢がせている。
それなのにキルギスタンは、「アメリカ軍には2014年には出て行ってもらう」と言っており、アメリカも仕方ない事として、対策を練っているらしい。

日本はグアムに移転する事に決まっている海兵隊全員を、海外又は少なくとも沖縄県外に出て行ってもらうと、公約して総選挙に勝った党の総理の言葉さえ、国内世論を誤誘導して没にさせてしまった。

沖縄の基地を少しでも減らそうと頑張っておられた鳩山総理。
その総理を他ならぬ日本人の官僚が、助けるどころか総理の計画を虱潰しに潰して行って、水泡に帰させてしまった。
その悪徳官僚(外務省・防衛省)を助ける為に、日本のマスコミは連日鳩山総理を揶揄し続けた。
総理が長年お母さんから、政治に使う為に受けていた援助を、総理の小遣いと揶揄し、
検察は鳩山総理はお母さんから小遣いを貰いながら、譲与税を払っていなかったとして、
総理のお母さんまで取り調べる気配を示して、鳩山総理を圧迫し続けた。
マスコミは総理を揶揄して「平成の脱税王」と書き立てて、総理の人気を貶め続けた。

こうして鳩山総理の取り組みを潰していった者達は、鳩山総理の事を、口先だけの頼りにならない総理として、辞任に追い込んでいったのだった。
こうやって身銭を切って迄、国のために働こうと営々努力して、とうとう総理になられた鳩山さんを、
嗤い者にして日本の権利が少しでも回復される機会は、又しても奪われて行ったのだった。

あの程度の事ですぐに動いた検察が、
3月11日の原発事故の遠因を作ったかもしれない関係者の一人も、取り調べようとしないのはどうした事だろう?
大事故が起きる前から、東電が色々な事故隠しをしたり、
経産省が東電の事故隠しを知っていて、処罰するどころか隠蔽を助けたり・・・・・

福島原発の危険性を訴える識者の意見を握りつぶし、
原発の様々な事故原因を見逃し続けてきた、経産省や東電の関係者の罪には、全然気づかぬ振りをして、、
一切暴こうともしない検察!
「善を懲らし、悪を助ける」のが、日本の検察の仕事になったのは、何時頃からの事なのだろう?
そしてそれらの不正を見てみぬ振りのマスコミ各社・・・・・

こんな政治状況では、アメリカとの同盟の深化等、遅れる方が日本にとって、よぽどましのような気がしてしまう。

Comments

そろそろ国外へ亡命するときかも…

はじめまして、青い鳥といいます。
村野瀬玲奈さんのblogから、おじゃましました。
この日本という国は情けないですね。 未曾有の大震災で失意のドン底に落とされた被災者の方々の微かな希望をも摘み取る愚策を続けています。 ご指摘の通り100兆円を超える米国債を現金化できないていたらく…。挙げ句、震災直後、向こう5年間の米軍への思いやり軍事予算約1兆円を貢ぐことを決める始末。まるで暴力団にミカジメ料をむしり取られている絵図同様です。
まさに、人間の住める国ではなさそうですね…。『棄民国家』の面目躍如と言ったところですね…
南米のベネズエラかキューバ辺りに亡命と洒落込むのも粋でげしょうな(^O^)

青い鳥様

コメント有難うございます。
ベネズェラかキューバですか。
それも良いかもしれませんね。
しかし今世界では、日本は福島が代名詞になっており、日本人と言うだけで差別されるかもしれない状況下にあるらしいですよ。
http://matome.naver.jp/odai/2130215347872358301

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1010-23e6027c

  「日米同盟」などというものは存在しません

小泉時代から声高に言われ始めたこの「日米同盟」ですが、 「日米同盟」などというものは存在しません。 それを願う者らの仲間内で使われている言葉に過ぎません。 政治家もマスコミも最近あたかも存在しているかのように この言葉を使っていますが、控えて欲しいです。  

アメリカ、キルギスタンの基地を失う予定

ロシア・トゥディ 公開: 2011年8月12日、19:31 マナス空軍基地 (RIA Novosti / ウラジーミル・ヴォローニン) キルギスタンは、アメリカが、アフガニスタン駐留軍に補給をするため、マナス・トランジット・センターを使用することを認める、ワシントンとの条約を、2014年に...
  • [2011/08/22 10:06]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲