http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 2018年03月
FC2ブログ

お彼岸寒波の直ぐ後で桜満開 盛りだくさんだった3月も明日で終わり 

お彼岸の中日に東京が雪景色になったり、
昨日一昨日等温かいを通り越して、暑い位の温かさになったり・・・・・
甲子園野球開幕の前日まで、梅雨の様に雨が続いたかと思うと、
甲子園が始まってからは連日抜けるような青空が続いたりと、
変化に富んだ3月でしたが、明日には終ろうとしています。

東京の桜は21日のお彼岸寒波が通り過ぎて間もない24日に、
満開との報道で驚いたものでしたが、
その頃の滋賀の桜は、まだ蕾の膨らみも小さなものでした。
我が町の桜が咲くのはまだ大分先の事かと思っていた一昨日(28日)夕方、
町内の桜もちらほらと開き始めたのでした。
やっと咲き初めたと思った桜は、翌朝(昨朝)にはもう3~4分咲きになっていて、
今日の午後にはほぼ満開に近い感じです。

色々と前例破りの事だらけだった今年の3月も明日で終わりです。
安倍政権では財務省の公文書が改竄されたのに、
総理大臣も財務大臣さえも責任を取って辞任しようとはされません。
佐川前理財局長の証人喚問が開かれましたが、
余程脅されたか利を見せられたか、佐川氏は肝心の事は何も言わないまま
証人喚問は終りました。
安倍総理は自分が原因を精査する義務があるとか何とか言っておられますが、
事件に関係が疑われている最高責任者が調査して、
本当の犯人が見つかるかどうか?

もし最高責任者の安倍総理が仕掛け人だったら、
隠すチャンスを与えてしまう事になるだけでしょう。
特に、森友学園疑獄で国有地売却に手心を加えさせた疑いが晴れないままの安倍総理のように、
改竄を指示する動機がある安倍総理に、
財務省公文書改竄事件の調査を任せるなど、
泥棒に泥棒を探させるようなものではありませんか。

限りなく黒に近い状況証拠が山積していても、
決定的な証拠がないから自分は無関係と言い続ける安倍総理。
本当に無関係なのだったら、
限りなく黒に近いと疑われている夫人・昭恵さんの証人喚問に応じても良さそうなもですのに・・・・・

憤懣やる方ない状況の森友学園問題ですが、
どういう結末を迎えるのでしょうね。
4月になるとトランプ大統領と北朝鮮問題で会談する予定と政府は言っていますが、
トランプ大統領が忙しくて合う時間がないとか何とか言って、
安倍総理との会談を断って来たら、安部総理は如何されるのでしょうね?

多分これでも安倍総理は自分から辞めるとは言われないでしょうから、
内閣不信任案が出され自民党もこれに賛成して、内閣不信任案可決となるかも知れません。
内閣不信任案が可決されても安倍総理は、
自分は不正選挙の元締めだから、幾らでも選挙に勝てると、
総理の解散権を行使するかもしれません。

でも自民党に見放され安倍総理では、ムサシ君も思い通りには働いてくれないでしょうから、
自民党が負けて下野という事になるかも知れませんね。

そうだったら好いのにな、
そうだったら好いのにな!

反安倍デモ新宿の大通りを埋め尽くす 

東京で大規模な反安倍デモ!大通りを埋め尽くすほどの大人数!「内閣総辞職を!」に安倍政権総辞職を求めるデモ

3月25日昼に行なわれた東京・新宿大街宣で、大通りを埋め尽くすほどの大人数が集まりました。今回のデモには約8000人が参加したと見られ、多くの参加者たちから内閣総辞職を求める声が相次ぎます。

野党議員らも数多く参加し、森友文書問題を始めとする安倍政権の問題点を糾弾しました。2018年に行なわれた抗議デモ運動としては最大規模で、それだけ安倍政権に対する不満の声が高まっていることが分かると言えるでしょう。

昨日の東京は早くも満開になった桜に、
お花見客で賑わったというニュースで言っていましたが、
安倍内閣総辞職を求める人々も、大勢集まっておられたのですね。

今度こそ安倍内閣は総辞職してほしいものですね。

「東京都迷惑防止条例の改正案」に隠された市民の表現・意思表明の自由を抑制する条項 

昨日都議会が決めた「東京都迷惑防止条例の改正案」という法律は恐ろしい法律だそうですね。
憲法で保障されている筈の国民の諸権利を剥奪する為の法律のようです。
国民の権利であった抗議行動・デモをやっても、酷い目に会わされるようになるのかも知れないとか・・・・・

田中龍作ジャーナルの記事を複写させて頂きます。

高島なおき都議(自民=後ろ姿・衛視の前)は、委員会閉会後、採決に抗議した都民に対して「傍聴人がどういうことだっ!?」と暴言を吐いた。田中が「あなた今『傍聴人が』と言いましたね」と質すと踵を返してスゴスゴと逃げて行った。=22日、都議会 撮影:筆者=

高島なおき都議(自民=後ろ姿・衛視の前)は、委員会閉会後、採決に抗議した都民に対して「傍聴人がどういうことだっ!?」と暴言を吐いた。田中が「あなた今『傍聴人が』と言いましたね」と質すと踵を返してスゴスゴと逃げて行った。=22日、都議会 撮影:筆者=

 官邸前デモが、権力監視の張り込み取材が、取り締まりの対象になる。逮捕、起訴され有罪となれば「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」だ―

 戦前戦中の治安維持法を再現する東京都の条例案がきょう、都議会の警察・消防委員会で可決された。共産党を除く、全会派(自民、民進、都民ファ、公明)が賛成した。正式名称は「東京都迷惑防止条例の改正案」。

 表向きは「ストーカーの規制強化」となっていて、安倍広報のマスコミもそっちで報道する。

 だが実態は言論表現の自由をガチガチに縛る内容だ。キモは「つきまとい行為における『行為類型』の追加」である。東京都(警視庁)が追加したがっている類型は―

 ・監視していると告げること

 「安倍首相が記者クラブや与党の政治家と今、赤坂の日本料理店で会食している」とツイートしようものなら、まさに これに かかる。

 首相動静も対象になりかねない。事実、小池都知事は国会議員時代の2013年、秘密保護法に関する質問でこう述べている。“新聞各紙の「首相動静」は知る権利を越えている。見直すべきだ”。

 ・名誉を害する事項を告げること

 安倍晋三が中学生以下の知的レベルしかないことを指摘したら、これに該当する。「安倍ヤメロー」もアウトだ。

昨秋の総選挙、男性は安倍首相の演説会場で警察官から両脇を抱えられ、駅まで連れて行かれた。=昨年10月、秋葉原 撮影:筆者=

昨秋の総選挙、男性は安倍首相の演説会場で警察官から両脇を抱えられ、駅まで連れて行かれた。=昨年10月、秋葉原 撮影:筆者=

 ・みだりにうろつくこと

 抗議行動が目的で官邸前や安倍邸前に集まれば、これにあたる。

 決定的に恐ろしいのは、被害者の告訴がなくても取り締まり可能なため、現場警察官の裁量で逮捕できることだ。

 官邸前やアキバで安倍首相に向かって「お前が国難」と書いたプラカードを掲げたら、即お縄となる可能性が出てきた。

 警察は予行演習を行ったフシがある。昨年10月の総選挙だった。安倍首相の演説があった秋葉原で、「森友疑惑・徹底究明を」と書いたプラカードを掲げていた男性(60代・世田谷)が、警察官に両脇を抱えられて、会場外に連れ出されたのである。

 この男性がきょうの都議会を傍聴に訪れた。男性は条例案が可決されるや「ふざけるな」と言い捨てて退席した。

 「警察と都議会は一体化して、市民の表現の自由、意思表明の自由を抑制する内容の法律を通そうとしている。市民の意見を無視して決めた」。男性は激しく憤った。

 昨年10月、秋葉原でプラカードを掲げていただけで警察に強制排除されたことについて触れると、男性は「今度は逮捕される」と言って表情を引き締めた。

 改正条例案がもたらす委縮効果は抜群だ。罰則も強化される。現行「6ヵ月以下の懲役または50万円以下の罰金」→「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」となる。

 東京都版の治安維持法は29日に本会議で採決され、可決成立すれば、7月に施行される。

参加者2人が公務執行妨害で逮捕、連行された。改正条例案の施行後は、デモで集まっただけで逮捕される可能性もある。=16日、官邸前 撮影:筆者= 

参加者2人が公務執行妨害で逮捕、連行された。改正条例案の施行後は、デモで集まっただけで逮捕される可能性もある。=16日、官邸前 撮影:筆者= 

久しぶりの晴天の下 春の甲子園 選抜高校野球始まる 

選抜高校野球が始まりました。
昨日までの雨もよいの日が嘘のように、久しぶりに今朝は青空が広がっています。
開会式で選手の入場が終ろうとしている時に、偶々テレビをつけて、
私は初めて高校野球開会式での国歌斉唱のシーンを見たのでした。

これまで何度も君が代の斉唱を聞かされてきたけれど、
今日の君が代程奥行きのある美しい歌声を、聞いた事がない様な気がするほど素晴らしい声でした。
茨城県立水戸第三高等学校音楽科 冨永春菜さん(2017年末に行われた『第71回全日本学生音楽コンクール全国大会』の声楽部門高校の部で1位)だそうですが、
一人で歌っておられるのに、声の背後で小さな声の合唱がついているのではないかと思えるような、
不思議な深みが感じられ、
「日本の国歌・君が代は、こんなに美しい歌だったのだ」と見直すような気さえしたのでした。

参加校数は全部で36校と言っていましたが、
春夏通じて一度も優勝経験のない滋賀県から、
今年は3校も選抜されて出場しているのですよ。
近江高校と彦根東は地区大会での成績順で、だったのだそうですが、
これに膳所高校が21世紀枠とかで出場することになったのだそうです。
21世紀枠の膳所、データ分析で甲子園初勝利目指す

3校とも一回戦敗退なんて事にならねば良いがという心配もありますが、
滋賀県民にとっては、一寸楽しみな大会になった感じです。

憲法に戦争を禁止する条項を入れるよう主張したのは幣原首相byマッカーサー 

反戦塾「9条発案とマッカーサー」に、
長らく新聞の切抜きをしておられたものの中から、
占領軍総司令官マッカーサーから日本の憲法調査会会長・高柳賢三にあてた手紙の全文(日本語訳)をコピーした物が載った新聞の切抜きを偶然見つけたのでと、
下記文書を複写しておられました。

日本国憲法の平和主義はアメリカの押し付けで決められたとの説の下、
自主憲法を作るべく憲法改正をせねばならぬと主張する人が多いようですが、
マッカーサーのこの手紙を読みますと、
戦争を禁止する条項を憲法に入れるようにという提案は、幣原首相が行ったものです。首相は、わたくしの職業軍人としての経験を考えると、このような条項を憲法に入れることに対してわたくしかどんな態度をとるか不安であったので、憲法に関しておそるおそるわたくしに会見の申込みをしたと言っておられました。という記述があり、
憲法に平和主義を入れる事をまず主張したのは、日本の総理大臣だったようです。

これで自主憲法制定なるマヤカシに騙されて、
戦争屋の手の者に踊らされている人々の、目が醒まされるといいですね。

         

ニューヨーク州、ニューヨーク市7
 チヤーチ街90番地、1303室

          1958年12月15日
親愛なる高柳博士

 12月10日付貴信を受けとり、とりあえず次のご質問にお答えいたします。

「幣原首相は、新憲法を起草するときに戦争および武力の保持を禁止する条項をいれるように提案しましたか。それとも、首相は、このような考え方を単に日本の将来の政策の問題として提示し、貴下がこの考えを新憲法に入れるよう日本政府に勧告したのですか。」

戦争を禁止する条項を憲法に入れるようにという提案は、幣原首相が行ったものです。首相は、わたくしの職業軍人としての経験を考えると、このような条項を憲法に入れることに対してわたくしかどんな態度をとるか不安であったので、憲法に関しておそるおそるわたくしに会見の申込みをしたと言っておられました。わたくしは、首相の提案に驚きましたが、首相にわたくしも心から賛成であると言うと、首相は、明らかに安どの表情を示され、わたくしを感動させました。

   クリスマスをお祝いしつつ

              敬具

      ダグラス・マッカーサー

ハワイ、ホノルル
ヌーアヌ通り1742番地
日本総領事館気付

憲 法 調 査 会
 会長 高 柳 賢 三 殿

皇太子様と世界水フォーラム 

皇太子様が世界水フォーラム出席の為ブラジルを訪れておられた事は、
ニュースでも報道していましたが、
皇太子様が世界水フォーラムでどの様なご活躍をなさっているかは、
余り報道されていないようです。
皇太子様の世界水フォーラムでのご活躍に付いて書かれた記事がありましたので、
ここに複写させて頂きます。

皇太子殿下と「水」問題

Tweet ThisSend to Facebook | by 高森

皇太子殿下がブラジルにお出まし(3月16日から22日)。

第8回世界水フォーラム」にご臨席の為だ。

19日のフォーラムでは開会式でのご挨拶の他、
「水と災害」
をテーマにした会議で「繁栄、平和、幸福のための水」
と題して基調講演をなされた。

講演後の取材に対して

水問題を解決することが、平和に繋がるという最近の世界の動き、
それを肌で感じました」

とおっしゃっている。

皇太子殿下は「
水問題」の世界的な権威でいらっしゃる。

日本の国内では意外とその事実が知られていない
又はその事実の重要性が気付かれていない)のではあるまいか。

念の為に、国連「水と衛生に関する諮問委員会」
2015年に最終会合)の委員だった尾田栄章氏の
証言を紹介する(
ちなみに皇太子殿下は同委員会の名誉総裁を
務められた)。

世界水フォーラムは、1996年に設立された
『世界水会議』
とホスト国が共催のかたちで3年ごとに
開催するもので、
地球に暮らす人々すべてが水に対して関心を高め、
水問題解決に向けて具体的な行動が取られることを目的としています」

「国際機関や政府機関、NGO、専門家、民間企業、
地方自治体、
農業従事者、労働者、子供や若
者など水に関わるあらゆる分野の人々
が一堂に会し、
知見や経験を共有することにより、参加者一人ひとり
が問題解決のために行動を起こす場、それが『
世界水フォーラム』
です」

「急激な人口の増加や都市への集中、
産業の発展は、世界各地で
水不足や水質汚染、
洪水被害の増大などの深刻な水問題を引き起こし
ています。
世界の半分が不衛生な水環境の下に置かれており、
水をめぐる国際紛争にまで至っている地域もあります。
さらに、
地球温暖化による影響や新たな化学物質の脅威などもあり、
先進国を含めた世界の水が危機的な事態になろうとしています。
まさに21世紀は『水の世紀』なのです」

私が非常に状況を的確に表しているなと思ったのは、
世界水会議の会長を務めているロイック・フォーション…という
フランス人が、記者との会見で『(日本の)
皇太子殿下のご存在は、
水の分野におけるオム・デタ…だ』
と述べたことです。

『オム・デタ』という言葉は…
政治家や現世のドロドロしたものを
超えた存在であり、
国や国民のことを本当に思っている人物を言う
…まさに、
皇太子殿下は、『水という国』といいますか、
水の分野において、
政治などを超越した立場から全体を導いて
いかれるご存在なんだという説明をしていたのが印象
に残りました」

現地の人や世界から集まった参加者が殿下の存在に敬意を払い、
高く評価しているのはいうまでもありません。
しかし、
日本ではどうもそれがうまく伝わっていないようです。
その点が、
逆に世界の人たちには『信じられない』という感じ
のようです。

実際、日本のジャーナリストが、
ある水問題の海外の専門家に
海外での殿下の評価はどうか』と質問し、

どうしてそんな質問をされるのか。
それは愚問というものだ。
殿下の高い評価は言わずもがな。
日本人だけが知らないのでは』

とやり込められる場面もありました」

殿下は人と水との関係を非常に高い立場から、
日本の長い歴史をふまえて具体的な事例を示しながら
お話になって
います。

だから非常に示唆に富んだ、
政治的な立場を超えたところでのご発言として
世界の人に受け止め
られるのだと感じます」

「第1回アジア・
太平洋水サミットに関しても
忘れられない光景があります。
その設立に向けて東京で開催された準備会合の折りに
ご接見を賜り
ました。
アジア・
太平洋地域の水の専門家たちが
バスに同乗して東宮御所に伺ったの
ですが、
帰路には『我々はもっともっと頑張らなければならない』
と大変盛り上がりましてね。

殿下とお話できたことが同サミットの設立に
大きな力になっている
のです。
勿論、殿下からあれをやろう、
これをやろうと言われるわけでは全くないのですが、
殿下とお話をさせていただく中で、
皆の胸中にある意欲や想いが
かき立てられていくという感じなので
す」

皇太子殿下のご存在の世界的な巨大さを、
日本人はもっと知るべきではないか。

大飯原発3号基再稼動 

今日のテレビは軒並み財務省理財局による公文書書き換え事件を詳細に解説していた。
昨年の総選挙を境に、一寸前には安倍政権に関わるどんな不祥事があっても、
知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいた各テレビ局が、
急に去年の正義感溢れる民放に、戻ったかのように見える。

今日NHKお昼のニュースで5項目ばかりのニュースを書いてあったが、
時間の関係でか、5番目のニュースに付いての詳報を省略していた。
5番目に予定されていたニュースは、
原発被害者の損害賠償訴訟に関するものだったが・・・・・(こちら

昨日3月14日福井県の大飯原発3号基が再稼動されたことも、
新聞には載っていたが、テレビでは今日はもう全然無視のようである。

福井県では昨年の高浜原発3,4号基との同時運転である。
東電福島原発の事故後、
福井県で複数の原発の同時運転は初めてだそうである。

新聞では事故が起きたときの避難路など、
避難に関する不安は書いても、
原発事故後ずっと続く放射能汚染による生活破壊に付いての心配は、
余り主張されていない様な気がする。

一旦原発事故が起き放射能が振りまかれたら、
その地域一帯が汚染地域として、
農作物も水産物も、国内からも海外からも忌避され、商品価値が地に落ちてしまうのである。

政府が事故後、
事故が起きる前の何倍も甘い放射能許容濃度を決めてくれても、
消費者は自らの身を守る為には、そんなもので騙されはしないだろう。
外国から輸入禁止措置が取られるとしても、
それを避難するとしたら余りに身勝手だと言われるだけだろう。
原発に大事故が起きたときの放射能汚染の事一つとっても、
原発の経済性が高いなど嘘八百であると思う。

その上滋賀県には関西圏全域の命を支える水瓶、琵琶湖があるのである。
もし琵琶湖の水が放射能に汚染されたら、
滋賀県民だけでなく京・大阪・神戸の水道水まで放射能汚染される事になるのである。
福島原発での事故のような大事故が起きて、
何年間も後始末が出来ないまま、原発がくすぶり続けるような事になったら、
琵琶湖を通じて放射能汚染水は、瀬戸内海をも汚染するかも知れない。

関西電力はそんな重大なリスクを負う覚悟で、
福井県の原発を再稼動させているのだろうか?

政府はそんな福井県の原発を再稼動させて、
西日本中の人々を放射能難民にしても、
尚原発の再稼動をさせる意味が、
何所にあると思っているのだろう?



東日本大震災から7年 

東日本大震災、11日で発生7年
鎮魂の祈り、全国で


福島

東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町の帰還困難区域。福島第1原発の排気筒や大型クレーンが見える(奥)
 

 東日本大震災は11日、発生から7年を迎えた。9日現在の警察庁のまとめでは、岩手、宮城、福島の3県を中心に、死者は1万5895人、行方不明者は2539人に上る。約7万3千人は今も避難生活中だ。11日は全国各地で追悼行事が行われ、発生時刻の午後2時46分に合わせて鎮魂の祈りが犠牲者にささげられる。

 被災地では復興に向け、宅地整備が進む。だが、津波対策として行われている土地の大規模なかさ上げ工事などに時間がかかり、避難先の内陸部で生活基盤を固める被災者も多い。市街地の空洞化が懸念されている。

今日で東日本大震災から丸7年たった。
被災地では復興に向け、宅地整備が進む。だが、津波対策として行われている土地の大規模なかさ上げ工事などに時間がかかり、避難先の内陸部で生活基盤を固める被災者も多いそうである。
地震の後政府は防潮堤やかさ上げ工事など大型工事にばかり力を入れて、
被災者の為の住宅整備を後回しにしていた様な気がする。
7年もたったのにまだ復興は余り進んでいないそうで気の毒な限りである。

又あれだけ大きな原発事故だったのだから当然の事ではあるが、
東京電力福島第1原発事故の復旧はなかな進まないようである。
担当者の方々のご苦労を思うともう二度とこんな事故は起こしてはならないと思う。

電力会社の経営者達が、こんな事故を見ても、
まだ原発を続けたがっているなんて信じられない気がする。
もし又同様の事故が起きたら、住民の大変さに対する同情がなかったとしても、
自社がどれだけ苦しめられるか位、想像出来そうなものだと思うのだけれど・・・・・

諫早湾潮受け堤防開門請求異議訴訟by国 

諫早訴訟、和解決裂へ 「開門せず」に漁業者拒否

福岡高裁、基金案で解決提示

3/6 8:46

 高裁が正式に協議を打ち切った場合、7月30日に判決が言い渡される。弁護団によると、高裁は開門を前提とする協議を並行させる意向はなく、判決になっても国側に有利な結論を出す可能性が高いことを示唆しているという。確定判決による開門義務の履行を求め続けている開門派は厳しい状況に追い込まれた。

 勧告では、開門によって諫早湾周辺の営農者らが1997年の潮受け堤防閉め切りから21年間積み上げた生活に多大な影響を及ぼすと指摘。開門に伴う対策工事に少なくとも243億円かかる高額な負担も挙げ、「開門調査しても有明海の環境変化の原因が明らかになる保証があるとはいえない」として開門による解決の可能性を認めなかった。

 国の100億円の基金案を、「従来の公共事業に加えて有明海の再生に向けた取り組みの加速化を内容とし、重要な意義を有する」と評価した。基金の管理・運営団体に想定される佐賀県有明海漁協が一定の要望を加えて基金案受け入れの可否を検討している状況に触れ、「本来は開門を求めるところを苦渋の決断などをしたものと思われ、要望は尊重されるべき」と言及した。

 その上で「開門に代わる基金が、現在の混迷、膠着(こうちゃく)した状況を打開する唯一の現実的な方策」と結論付けた。勧告の受け入れなどの可否について4月4日までに回答するよう弁護団と国に求めた。

 弁護団の馬奈木昭雄団長は「基金案による和解協議に応じるつもりはない。確定判決をひっくり返すことは絶対に許されない」と反発した。国側は「開門を求める原告漁業者や漁業団体、自治体に引き続き理解と協力をもらえるよう努力していきたい」とした。

 訴訟では、確定判決を履行しない国が制裁金支払いの強制執行をしないよう求めている。2月26日に結審した後、和解協議を再開していた。

開門を求めた長崎の漁業者に対し、福岡高裁は2015年9月7日、
一審に続いて開門を認めない判決を言い渡しました。
諫早湾干拓訴訟と呼ばれるこの裁判は、湾の閉め切りによって有明海の漁業環境が悪化し被害を受けたとして、漁業者たちが佐賀(佐賀訴訟)と長崎(長崎訴訟)の両地方裁判所に提訴しました。佐賀訴訟では、10年12月に福岡高裁が開門を命じる判決を言い渡し、国(当時は菅直人首相)が上告断念、判決が確定しています。しかし、5年経った現在でも諫早湾は閉め切られたまま。地元の反対などを理由に判決を守らない国は漁業者たちに「罰金」としてすでに2億円以上を支払っています。(こちら

この二つの訴訟結果による混乱を解消すべく、
潮受け堤防排水門の開門を強制しないようにと
国が漁業者側に求めた請求異議訴訟を受け
福岡高裁が和解案を提唱しているのですが、
その和解案は漁業者に100億円の基金を与える事によって、
開門をせずに済まそうというものなのだそうです。

開門を命じる判決が出たのは民主党政権(菅総理)の時で、
開門を認めない判決が出たのは自公政権の時と、
判決には政治の思惑が大きく関わっている事は否めないと思います。
という訳で、
高裁が判決になっても国側に有利な結論を出す可能性が高いことを示唆しているのは、
正直な感想なのでしょう。
しかし福岡高裁確定判決勝訴側の原告は受け入れを拒否し、
潮受け堤防の開門が認められない場合は最高裁に控訴すると言って、
判決を求める方針を表明しているそうです。

下記は、諫早湾の干拓地で農業をしている農業生産法人2社が、
調整池に海水を導入する以外に渡り鳥の食害を防ぐ方法はないとして、
潮受け堤防排水門の開門を求めたというニュースです。

農業者も潮受け堤防の開門を求めているのですから、
政府は意地を張らず、迷惑をかけた有明海漁民のために、
開門して、少しでも罪滅ぼしをしようと努力するべきなのではないでしょうか?

諫早干拓事業>農地食害の賠償 国など棄却要請
農業生産法人2社追加請求 3/7 8:23

                                            
国営諫早湾干拓事業(長崎県)の干拓地で野鳥による農作物への食害対策を怠ったとして、農業生産法人2社が、国や長崎県、農地貸主の県農業振興公社に計200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が6日、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)であり、被告側は請求棄却を求めた。


 訴状などによると、2社はマツオファーム(松尾公春社長)とグリーンファーム(勝田考政社長)。収穫予定だったレタスやブロッコリーが今年1月、野生のカモによる食害を受けた。事業で設けられた調整池にカモが飛来するようになり、防除などを要請してきたが、措置を講じなかったと訴えている。

 2月26日に提出した追加請求では、調整池に海水を導入する以外に渡り鳥の食害を防ぐ方法はないとして、潮受け堤防排水門の開門を求めた。調整池の淡水化によって農地一帯の気温調節機能が失われたとも主張している。被告側は次回以降、追加分に回答する。

 2社は開門を求めている漁業者側原告団に加わる方針。松尾社長は取材に「調整池があるために厳しい状況に置かれた。干拓農地の現状を知ってもらい、漁業者との共存の道を考えていきたい」と述べた。

続きを読むに
堤防閉め切りが有明海奥部の貧酸素化に影響 を
複写させて頂きます。

続きを読む