http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 2017年07月
FC2ブログ

電離放射線障害防止規則の管理区域で作業させられてる福島の農家 

山本太郎と仲間達の山本太郎参議院議員が、衝撃的な福島県農家の状況を告発しておられます。

日本では電離放射線障害防止規則(電離則)というものがあるが、
その規則が定められた訳は電離放射線を受けた労働者が、
白血病などのがんや皮膚障害などを発症するおそれがあることから、
これらの健康障害を防止するため、事業者に対して被曝管理や健康診断などの措置を義務付けているという事だそうです。

政府参考人田中誠二氏によると、
放射性物質の表面密度が一平方メートル当たり四万ベクレルを超えるおそれのある区域で放射線業務を行う場合には、当該区域は電離放射線障害防止規則に基づく管理区域ということになるそうです。


この規則は労働者を雇う側に課された規則です。
ですから基本的に避難区域解除で営農の再開可能と政府に指導されている福島県の農家は、
大部分が自営業なので、この電離則を無視して農作業する事を、政府から期待されているに等しい状態にあります。

福島県農民連で調べた所
二〇一六年四月と五月、百六十二か所の果樹園を測ったところ、一か所を除いた全て、一平方メートル当たり四万ベクレルを超える放射線量だったそうです。表の真ん中、黄色い部分、これは一平方メートル当たりの汚染を表しています。一番右、薄緑の部分が空間線量です。例えば一番上を御覧ください。伊達郡国見町を御覧いただくと、空間線量が〇・二一マイクロシーベルト毎時、そんな場所でも実際土壌を測ると十七万六千三百ベクレル・パー平米の汚染だと。出たそうです。

土地の表面を調べたら、軒並み4万ベクレルをはるかに超え、中には17万6300ベクレル/㎡の所さえあった様です。

しかし政府は土の表面の放射能度を調べる事なく、
避難区域などの解除をもてば営農の再開は可能であると判断され、
放射線量は航空機モニタリング(二キロメッシュの測定)で測定されますが、
航空機モリタニングで問題なしと出たところでも、
土地の表面は4万ベクレルを遥かに超える高い放射能濃度になっていたという話です。

農民連では水田の調査もしておられます。
水田は果樹園と違って耕運機で耕すので、下の方の一寸放射能汚染度の低い土壌と混ぜられるので、
果樹園より幾らかは数値が低いけれど、
浜通りを抜かして九百三十五か所、計測のデータがあると。うち、七百六十三か所が四万ベクレル超え、放射線管理区域以上だったそうです。


こんな酷い状態にあるのに、
どうして福島県の被害者は移住させてもらうこともなく、
この酷い土地で農業を続けさせられねばならないのでしょう?


日本全国には過疎化の農村が多く、
農家の高齢化で耕作放置された農地がたくさんあるのですから、
政府は放射能汚染されていない土地への移住を進めるべきなのではないでしょうか?

わざわざ放射能に汚染された地域で健康被害の危険性を背負った農家に、
放射能汚染された農作物を作らせて、
「食べて応援」との掛け声の下、
全国民に健康被害を齎す恐れのある放射能濃度の基準値ギリギリの、農作物を食べさせる必要が何所にあるのでしょう?

この基準値と言うのが事故前の何倍もの数値を容認する、
健康被害を防ぎ得るかどうか疑わしい数値になっています。
原発事故後、食品の放射性物質の暫定規制値、一キロ当たり五百ベクレルからスタート、
野菜、穀物、肉、魚など、現在は一キロ当たり百ベクレルだそうです。
震災前には日本には放射能に関する法的飲料水基準は無く、
世界保健機関(WHO)基準相当を運用基準としていた。
飲料水中の放射性核種のガイダンスレベル(WHO)
ヨウ素-131 10Bq/L
セシウム-137 
10Bq/L(こちら
となっていたようです。


続きを読むに、山本議員の2017.4.24 決算委員会「農家の被ばくを華麗にスルーする国」を複写して置きます。

続きを読む

アメリカ人諸氏よ 戦争屋に騙され続けるのも いい加減にして欲しい。 

事実を無視、トランプ大統領排除の役割を負う特別検察官を守るためクーデターを示唆する人々  

カテゴリ:カテゴリ未分類
アメリカの国内における収容所化と国外における軍事侵略の本格化は2001年9月11日に始まった。その日、ニューヨークの世界貿易センターの3棟とバージニア州アーリントンにある国防総省の本部庁舎が攻撃されたのだが、それを利用したのだ。

収容所化と軍事侵略へアメリカを向かわせたジョージ・W・ブッシュ大統領は2000年の選挙で当選したのだが、この選挙では投票の妨害や票数の操作が指摘されていた。それでも民主党は就任式の前に矛を収めている。ドナルド・トランプに対する民主党や有力メディアの執拗な攻撃は尋常でない。

そうした中、ジョン・ブレナン前CIA長官とジェームズ・クラッパー元国家情報長官は7月21日にアスペン治安フォーラムでCNNのウルフ・ブリッツァーと対談、もしトランプ政権が特別検察官のロバート・ミューラーを解任したなら官僚は大統領の命令を無視するべきだとし、クラッパーはロシアが大統領選挙に介入したと再び主張した。また、7月23日に民主党のチャック・シューマー上院議員はABCの番組で、もしミューラーが解任されたなら、ワシントンで「大変動」を引き起こすと語っている。いずれもクーデターを示唆していると話題だ。
     (中略)
ワシントン・ポスト紙によると「ロシア疑惑」のキーパーソンはブレナンとクラッパーなのだが、このふたりは嘘をつき続けてきたことでも知られている。これは同紙も承知している話。

昨年6月から「Guccifer 2.0」が民主党のコンピュータをハッキング、情報を公開したと民主党は主張してきた。今年3月にはアダム・シッフ下院議員(民主党)がロシア疑惑劇の幕開けを宣言しているが、その宣言の元になったのはクリストファー・スティールなる人物が作成した報告書。スティールはイギリスの対外情報機関MI6の元オフィサーで、オービス・ビジネス・インテリジェンスという民間情報会社を経営している。スティール自身、報告書の根拠は薄弱だと認めているのだが、そうしたことはお構いなしにトランプを大統領の座から引きずり下ろすキャンペーンは続けられてきた。

この問題について、かつてNSAの中枢にいた人物を含め、インターネットを介したハッキングではなく、内部の人間によるリークだと主張する人は少なくない。この問題を調査したIBMの元プログラム・マネージャー、スキップ・フォルデンも内部の人間が行ったとしている。例えば、推測される23 MB/sという転送速度はインターネットでは無理な数字だという。

民主党や有力メディアが主張しているロシア疑惑には説得力がないのだが、大声で叫び続けている。その勢力が手にした攻撃の武器が特別検察官。ミューラーだが、この人物は世界貿易センターとペンタゴンが攻撃される1週間前、2001年9月4日から13年9月4日までFBI長官を務めている。

その間、FBIは攻撃に関する捜査をしたとは言えない。「アル・カイダ」という印象は広まっているのだが、実行犯が誰なのかは明らかにされていない。重要な容疑者と言われたサウジアラビアやイスラエルの工作を調べたようには見えない。炭疽菌の話も尻切れトンボに終わった。その結果、中東、北アフリカ、ウクライナなどは破壊と殺戮の場になったのである。それを是正するとしていたトランプを追い出すためにミューラーは再登場してきたわけだ。    
アメリカ人はこんないい加減なプロパガンダに騙されて、クーデターを容認するのだろうか?

トランプ大統領のロシア疑惑を告発する特別検察官は、
2001年9月4日から13年9月4日までFBI長官を務めていたロバート・ミューラー。

ミューラーがFBI長官だった間、
FBIは9・11攻撃に関する捜査をしたとは言えない。
「アル・カイダ」という印象は広まっているのだが、実行犯が誰なのかは明らかにされていない。
重要な容疑者と言われたサウジアラビアやイスラエルの工作を調べたようには見えない。
炭疽菌の話も尻切れトンボに終わった。
その結果、中東、北アフリカ、ウクライナなどは破壊と殺戮の場になったのであるが、
ミューラーは彼のFBI長官だった時代に行われた悪事を是正しようとしているトランプを、
追い出すために再登場してきたわけである。

こんな無責任な元FBI長官ミューラーを、トランプ大統領が解任したら、
ジョン・ブレナン前CIA長官とジェームズ・クラッパー元国家情報長官は、
CNNのウルフ・ブリッツァーとの対談で、官僚は大統領の命令を無視するべきだとし、
クラッパーはロシアが大統領選挙に介入したと再び主張した。

また、7月23日に民主党のチャック・シューマー上院議員はABCの番組で、
もしミューラーが解任されたなら、
ワシントンで「大変動」を引き起こすと語っているそうである。

アメリカ人が9・11事件後、アメリカが如何してこんなになってしまったのかを、本気で考えたなら、
ミューラー元FBI長官が戦争屋勢力と結託していた不誠実極まりない人間である事に、
気付きそうなものであるのに、
アメリカ国民はアメリカの現在の行き詰まりの元を是正しようと、
立候補し当選を果した大統領トランプ氏を、
追い出そうとしているミューラー達を応援して、
トランプ大統領の戦争屋勢力排除計画を、不発に終わらせたい陰の政府の
プロパガンダに又しても騙されようとしている。

世界を何度でも壊す事が出来る程の膨大な軍備を持つアメリカに、
これからも延々と残虐な武力行使を、世界各地で続けさせる為に、
アメリカ人はトランプ排除の為のクーデターに参加するのだろうか?

    

アメリカの嘘の一つ「アポロ11号」の嘘度が濃厚に 

「月の石」運んだバッグ、約2億円で落札

 48年前、月の石を地球に持ち帰ったバッグがオークションにかけられ、およそ2億円で落札されました。

 1969年にアメリカの「アポロ11号」が人類初の月面着陸に成功した際、宇宙飛行士のアームストロング氏が月の石のかけらを運ぶために使ったバッグ。内側には今もわずかな量の月の砂が付着したままになっています。

 アームストロング氏が月面に降り立ってからちょうど48年にあたる20日にニューヨークで行われたオークションでは、このバッグが手数料込みで180万ドル(約2億円)で落札されました。

 所有者の女性はこのバッグを2年前に1000ドル弱(約11万円)で入手したということですが、収益の一部を慈善活動に寄付すると話しているということです。

月の石を持ち帰ったバッグが高値で入札された事は、テレビニュースでも報道していた。
それにしても2億円とは!
アポロ11号が本当に月に行ったかどうかさえ疑われていると言うのに、
2億円も出す人があるなんて・・・・・
この落札した人は本当にそのバッグが欲しいから落札したのでしょうか?
それとも、アポロ11号が本当に月に行ったかどうか疑いを挟ませない為に、
米軍の関係者が2億円という高値で落札したのでしょうか?

との疑いが湧いて来ましたのは、
今日のIn Deepに「50年ぶりに発見されたアポロ計画時代の記録テープとコンピュータ群を「歴史的価値がない」として NASA は即時に破壊・破棄していたことが判明。そこから思う「人類は月には……」   という記事が出ていたからです。

月の石を入れただけのバッグにさえ、2億円の値打ちが有るのだったら、
アポロ計画時代の記録テープやコンピュータを,
即刻廃棄処分せよとNASAが言う等、考えられない事ではないでしょうか?      

Nasa destroyed mysterious Apollo-era tapes found in a Pittsburgh basement after claiming they were of ‘no historical value’, documents reveal
Daily Mail 2017/07/20

NASAはピッツバーグの地下室で見つかったアポロ時代の謎のテープの数々を「歴史的価値がない」と主張して破壊した

 

宇宙競争の中で使用された数百本にのぼる内容不明の謎のテープと、アポロ計画で使用された2つのコンピュータを破棄したと NASA は最近文書で発表した。

これらのテープとコンピュータ群は、世界初の木星探査機であるパイオニア 10号とパイオニア 11号の土星と木星探査に関しての記録、そして、アポロ計画について記録されているものだった。

NASA は、これらに収められている記録には歴史的価値がなく、また、これらのテープを回復させるのが難しかったために破壊・破棄したと述べている。

NASA は 2015年にも、アポロなどの記録テープを消去・破棄しているが、今回のこれらの行為は、陰謀論を主張する人々に「 NASA は何かを隠しており、そのために記録を破棄したのではないか」とする関心を引き起こしている。

長い間失われていたこれらのテープとファイル群は、IBM でエンジニアをしていた人物の地下室に 50年以上保存されていたことが今回判明した。このエンジニアは、ピッツバーグにある IBM アレゲニーセンターに所属しており、 1960年代から 1970年代に NASA に勤務していた。

科学メディア「 Ars テクニカ」によれば、このエンジニアが死亡したのは 2015年で、この地下室の物たちは、その時にスクラップ業者に遺贈されていた。

エンジニアの相続人は、スクラップ業者に「これらの貴重なものは盗まれて紛失しているのではないことを( NASA に)伝えて下さい」と語ったと記録されている。

スクラップ業者は、2015年のクリスマスに「正しいことをしたい」として、これらの NASA のテープやコンピュータを自分が保管していることを NASA のゴダード宇宙飛行センターとジェット推進研究所に連絡した。

文書によれば、そのエンジニアは、IBM が 1968年から 1972年の間に NASA のそれらの資料を廃棄し続けていたため、そのテープやコンピュータ群の一部を(廃棄するくらいなら)自分が所有することができるかどうか尋ねると、「構わない」と言われたのだという。

今回、ピッツバーグの地下室で発見されたファイル群を調べるために NASA のスタッフたちがやって来たが、そのほとんどの磁気テープが 1967年から 1974年の間のものであることを発見した。

報告書によると、その後、 NASA の当局者は、すべてのテープを破壊・破棄するように命じた。

当局は「これらの資料が歴史的に重要であることを示唆する証拠はない。すべてのテープを即時の破壊によって処分することを推奨する」と破棄を強く勧めた。

NASA のファイル担当者によれば、これらのテープ群を調べると、保存されているデータを復元するためには非常にコストがかかることもわかったという。また、仮に、コストをかけて復元したとしても、リールから何かのデータが得られる保証もないと述べている。

地下室に保存されていた2台のコンピュータのうちの1台は非常に重いために、地下室から取り外すためにクレーンが必要だった。ところが、このコンピュータについていた NASA との契約番号「 NAS5 – 2154 」は、アメリカ政府の記録には存在しないものだった。

これらの一連の公式文書は、陰謀論を主張する人々によって、さまざまな疑念を呼び起こしている。

インターネット上には、これらの NASA の行為について、非難するものもあれば、60年の年月を経たコンピュータデータは使いものにならないとして、理解を示す人たちもいる。

しかし、検証も経ずに「即時のデータ破壊」を指令した NASA に対しては疑問の声も多い。

本当にアポロ11号が月に行っていたのだったら、貴重な記録が載ったテープを、
即刻廃棄せよとNASAが命令する等考えられませんよね。
復元する為に幾らコストが掛かるとしても、
バッグにさえ2億円も出す人がある事案なのですから、
記録テープを売り出したら、NASAは大もうけできる筈ですのに・・・・・

・アームストロング船長が月へ飛んだ際に使った宇宙飛行の装備品で満たされた袋が物置からゴミと一緒に発見されたこともあるそうです。

バン・アレン帯という障害もありますし、アポロの月到着というのは全くの作り話だったのではないでしょうか?
普通だったら大業を果したアームストロング船長は、あちこちから講演に招かれるはずですのに、
アームストロング船長は殆ど人前に出られなかったそうですね。

きっと、アームストロング船長は正直な人だったから、
嘘をついて廻る事に堪えられなかったのではないでしょうか?


こんなことで迄嘘をついていたとしたら、アメリカの病巣はとてつもなく深い様ですね。

兎に角アメリカを大きく立派な国に見せかけたかったという事なのでしょうが・・・・・

そして、けち臭くて不道徳な国々を、立派なアメリカが指導するのだという事で、
アメリカ人は軍事予算を湯水の如く払わされ続けたのですね。
日本もアメリカから吸い取られっぱなしですが、
政府そのものを軍産複合体に乗っ取られたアメリカに較べたらまだマシなのかも知れません。
アメリカの軍産複合体(戦争屋)は世界が平和になる事が大嫌いだから、
ロシアのプーチン大統領と意気投合したトランプ大統領が許せないのでしょう。

戦争屋と縁もゆかりもないのに、
トランプ叩きに同調するアメリカ人が多いらしいですが、
マスコミにだまされ易いのは、日本人だけの特性ではなかったようですね。(プロパガンダ君臨

しかし近年、世界中の人々がアメリカの嘘に気付き始めていますから、
決着が付く迄には、それ程時を要しないのかも知れません。
世界は如何なるか?
核戦争まで行ってしまうのか?
私達庶民はまな板の鯉ですから、右往左往してもどうにもなりません。
折角ですから、事の成り行きを、じっくり観察させていただきましょう。

梅雨明けの暑い午後に 

欧州・中東の高温続く イランで53.7度記録 

【ニューヨーク=共同】世界気象機関(WMO)は4日、5月から欧州、中東、米国などを襲っている熱波は引き続き勢力を維持し、6月後半にも各地で記録的高温をもたらしたと発表した。


 イランで、アジアや欧州などを含む東半球の観測史上最高気温に並ぶ53.7度を観測、米カリフォルニア州でも気温が50度を超すなど「人体に危険なレベルになっている」と警告している。

 WMOによると、6月29日にイラン南西部アフワズで53.7度を記録。昨年7月にクウェートで、今年5月にはパキスタン南西部の町で観測した東半球最高気温の約54度に並ぶ高温となった。

 米国では6月20日にカリフォルニア州ニードルズで51.7度、ネバダ州ラスベガスで47.2度を記録。アリゾナ州のフェニックス空港では同17~27日の最高気温が連続で43度を上回り、航空便のキャンセルが相次いだ。高温下で離陸する場合、離陸に必要な滑走距離が伸びるが、同空港では十分な距離が確保できなかったという。

 欧州でも熱波が南東欧やバルカン半島に広がり、各地で40度を超える気温を観測した。

 WMOでは「人為的な要因による気候変動は、より長く厳しい夏をもたらすとみられる」と指摘、人間の健康や、農業、水資源などに悪影響を与える恐れが高いとしている。

近畿地方も昨日、中国・四国地方・関東・東海地方と共に梅雨明けしたそうです。
滋賀県では今日が終業式で、明日から夏休みです。
いよいよ夏本番を向かえ当分暑い日が続くのでしょう。
お昼のニュースでは大阪の最高気温は37℃になるだろうと言っていました。
滋賀県はそれより1~2℃位低いかも知れませんが、相当暑くなるのでしょう。

しかし、日本の暑さは世界の暑い地域の猛烈な暑さよりは、幾らかマシの様ですね。

イラン南西部アフワズで53.7度
カリフォルニア州ニードルズで51.7度、
ネバダ州ラスベガスで47.2度を記録。
アリゾナ州のフェニックス空港では同17~27日の最高気温が連続で43度
南東欧やバルカン半島に広がり、各地で40度を超える気温

これらの高温は殆どが6月中の事らしいです。
これと較べたら現在の日本の気温はマダマダなのかも知れません。
これから夏本番と思うと、ちょっと空恐ろしい気もしますね。
ここの所日本の夏は、猛暑日(35度以上)が普通になっていますが、
政府はこんな日本の真夏8月に、本当にオリンピックをやるつもりがあるのでしょうか?

ところで今我が家の前の林の中で鶯が鳴いています。
こんなに暑い夏でも、やっぱり八月の初めまでは、ホーホケキョと鳴く積りのようです。
それを過ぎると「チッチ」と鳴き、虫食い等と呼ばれるそうで、
清少納言に「すさまじきもの」として、厭われた鶯になるようですね。

梅雨明けが発表された昨日は、夕方猛烈な雨が降っていましたが、
現在(午後4時)は雲ひとつない晴天です。
今日から土用、そろそろ梅の土用干しを初めましょうか。

abe is over 

こんなヴィデオがありました。

https://youtu.be/p1HoGVQjhbY

abe is over   素晴らしい歌詞ですよ。

abe is over   遅過ぎたけど
終わりにしよう 切りがないから
abe is over   訳などないよ
只一つだけ 日本の為
abe is over   悪い過ちと
笑って言える 時が来るから
abe is over   泣くな 無様だろう
憲法の事は 早く忘れて
私はあんたを 忘れはしない
誰に替わっても 忘れはしない
きっと最後のファシストと 刻むから
abe is over   私はあんたの
トドメを刺すよ ぐっと心に
abe is over   最後に一つ
国民騙しちゃ いけないよ

歌声も寂びの効いた素敵な声ですし、
ヴィデオでお聞きになることをお勧めします。


有害物質に生物は何所まで堪えられるだろう? 

毎日朝から暑い日が続く。
今日はまだ鶯の声を聞いていないが、
暑かった昨日は、川端の藪の中で、鶯が確りした声で啼いていた。

毎年鶯は8月の初め頃まで鳴き声を聞かせてくれるが、
8月の初旬の或日を境に、ぴったりと声が聞けなくなる。
気温によるのか太陽の位置関係によるのか、よく知らないのだけれど・・・・・

数年前それまで禁止されていた強い農薬が、
農林大臣を何人も辞任させた後、
日本でも認可された頃から、
それ迄は毎朝、早朝から喧しい位沢山の小鳥達が家の前の電線に止まって、
賑やかに鳴き交わしていたのが、小鳥も農薬の被害にあったのか、
山などにはいても我が家の前にまでは、殆ど来なくなったのだった。

それが最近、以前の賑やかさには程遠いけれど、
小鳥が我が家の前にある電線に、やって来るようになっている。
少しだけだけれど、小鳥の数が増え始めているのかもしれない。
(以前だったら門前雀羅を張るという言葉の意味が分かる位に、沢山のすずめが道に屯していたが、最近は殆ど雀を見かける事がなくなっているが・・・・・)

小鳥達は農薬や原発事故の影響をも跳ね返して、
少しずつ復旧に向かっているのかも知れない。

InDeep「完全絶滅プロトコル : 魚たちが次々と「男性から女性へと変化」しているその原因が判明。そこから気づいた「人間から水循環システムの中へ排出されている薬たちによる皆殺し」によると、

「英国の淡水魚たちの5分の1が《オスからメスへと》変化しつつある」と、
英国エクセター大学で英国漁業協会という英国最大の漁業団体の設立 50周年を記念するシンポジウム(リンク)がおこなわれ、その中で講演したエクセター大学の魚類の専門家によって報告されたのだそうである。

このミステリアスな性転換の原因が、トイレや流し場などから川に入りこむ避妊薬(経口避妊薬 / ピル)であることを研究者達は突き止めたのだそうである。

これ以外にも人間は抗生物質他様々な薬品を使っているが、
それらの大半は尿となって下水に流され、
河に海にと流れて込んでいるのである。

そして私達は私達人間が使った薬品によって、その数が減ったとは言え、
河や海の魚や海草などの海産物を食べているから、
私達も様々な薬品を、魚などの海産物を通して、口に入れているのである。

アメリカでは、著しいペースで「男性が原因と考えられる不妊」が増えていて、
また、男性の精子密度も「年率 1.5%」の割合で減少しているのだそうで、

    (一部引用)
不妊の原因や、男性の精子の減少の理由は今でもメカニズムが不明の部分が多いですが、今回の「魚の話」を読みまして、私たちの現代社会は、かなり罪深いことを自然に対してしているだけではなく、

「結局、自分たち人間社会がその影響を大きく受けている」という可能性を感じます。

そして・・・どのくらいの時間がかかるかはわからないにしても、
結局、私たち人類も、そして魚たちも絶滅していくという方向なのだと認識できます

とIn Deepさんは言われる。


人間がこれまでに使った化学薬品はどれ程の量に上るものなのか?
大変な量になるのだろうから、これから総ての人が一切化学薬品を摂取しないとしたとしても、
もう手遅れかも知れない。

しかし、農薬と放射性物質に可也痛手を受けていた我が家の近所の小鳥達が、
最近幾らか持ち直して、増えて来ている事から、
小鳥達の生命力の逞しさを見て、
可也の痛手は避けられないかも知れないが、
地球上の生命達は、人類が垂れ流した総ての有害物質が無力化する日まで、
何とか存続すると、期待したいと思ったのだった。



政府が報道に圧力をかけた? 共謀罪法施行の所為か萎縮するマスコミ 

昨夜の報道ステーションでは、安倍総理のモリ・カケ疑獄事件には殆ど触れず、
ES細胞、iPS細胞に続く“第三の万能細胞『Muse細胞』の紹介に力を入れていた。
『Muse細胞』は慢性腎臓病を治療できる可能性があるという事で、
腎臓病の人には福音だろうとは思うけれど、
この件を報道するついでに報道ステーションは、
安倍政権は先端医療、とりわけ再生医療に対して積極的に取り組んでいる。2015年で1250億円の予算をつけていると、安倍政権をヨイショさえしていた。
尤も、「アメリカは25倍の予算で行っている。こういった分野の開発は積極的に取り組んでもらいたい」
とのコメントをしてはいたが・・・・・
報道ステーションはもう安倍政権の疑獄事件等どうでも良くなったのだろうか、
と一寸気になっていた。

その翌朝である今朝のバラエティー番組では、
4チャンネルも6チャンネルも8チャンネルも、
あっちでもこっちでも松居一代と、睡眠薬を同僚の飲みものに入れる看護士のヴィデオばかりで、
モリもカケも、国会の証人招致については全然話題にされていなかった。

お昼の毎日放送の番組「ひるおびで」では、先日の証人喚問の件に付いて、
参考人と政治家と役人の中で、嘘をついたら偽証罪になる人は誰か、
等のクイズを出して、先日の証人招致の件を扱っていたが、
安倍総理の加計学園に対する戦略特区を使った財政援助の件に付いては、
報道を控えていたようだったから、
安倍総理の税金着服事件は扱うなと、政府から相当の圧力を受けたのではないだろうか?
(安倍総理のお友達に上げたとしても、多額の国税を私用に使用するのは、総理自身が着服するのと同じではないだろうか?)

今朝の朝日放送モーニングバードのタマペディアでは、
消費税増税を容認したらどうかと言うような報道をしていた。
スエーデンでは税金が非常に高いけれど、
確実に国民に還元されているから、
税金の高さに不満を持っている国民は殆どいないと紹介していた。

スエーデンでは税金で医療費や教育費が安くなっているし、
老後に不安をもたずに済むから、貯金する必要がないそうである。

同じ収入だとして、高い税金を払って行き届いた社会福祉を受ける場合と、
安い税金でも教育費や老後のために貯金する生活と、
その人にとって、使える金額は余り違いがないのだそうである。
という訳で、スエーデンでは税金の高さに不満を持つ人はいないと言う。

日本も例え消費税が上がっても、政府がその分を全額社会福祉に向けてくれるなら、
消費税を上げても良いのではないかという様な論調の様であった。

この時玉川さんが安倍総理の疑獄事件に付いて、一言も言わない方はないと私は思った。

折角社会福祉のためにと多額の税金を納めても、
安倍総理の様に、私用目的で莫大な税金を流用しても、
公務員は頸にされたら怖いから唯々諾々とその不正に協力し、
検察は総理に協力し、悪事があるのが分かっていても、見て見ぬ振りをし、
一切捜査しようとしない。
又総理を退任に追い込む権利を国会議員は持っているが、
自分達が与党の特権を享受したいがために、
悪事が行われたのはほぼ証明されていても、
総理の不信任案を否決してしまう、という現在のような政権下では、
選挙前にベーシックインカムを約束して当選したとしても、
蓋を開けたらどうなるか分かったものではない。
増税だけは確実にするけれど、
約束のベーシックインカムは今は出来ないとか言って・・・・・
息を吸うように嘘を言うと言われる総理大臣が、
告発もされず、不信任案も否決される国では、
スエーデン方式等夢のまた夢と言って良いだろう。

少なくとも三権分立が守られ、法律が正しく運用されている国でなかったら、
増税して社会福祉を充実させる等との甘言を、信用出来る訳がないではないか。

タマペディアの玉川さんが、
「安倍総理の疑獄事件さえなかったら・・・・」の一言もなく、
日本にもスエーデン方式を取り入れたら良いのではないかと言わぬばかりの報道をされるとは、
一寸ガッカリしたのだった。

げに恐ろしきは「共謀罪法」という事なのだろうか?



トランプ米大統領・プーチン露大統領初顔合わせ 

プーチン・トランプ両大統領の初会談終わる 2時間20分の長時間 G20サミット

プーチン大統領は、トランプ大統領との初会談でウクライナやシリアの情勢、テロとの戦い、サイバーセキュリティについて協議したと述べた。

スプートニク日本

プーチン大統領は自身と、そしてトランプ大統領に代わって、露米首脳会談が長引いたことを安倍首相に謝罪した。

プーチン大統領は「非常に長い話し合いだった。トランプ大統領と多くの質問が蓄積されていた…私も、そして彼に代わって、我々は謝罪する」と述べた。

ラヴロフ外相は記者会見の中で、プーチン、トランプ会談は建設的だったと評価した。

ティラーソン長官は、米露両大統領は会談をどうしてもやめようとしなかったものの、米大統領夫人が話し合いを止めるよう二人を説得したことを明らかにした。

ティラーソン長官は、次のトランプ、プーチン会談の合意は現段階ではないと語った。ロイター通信。

ウクライナ

ラブロフ外相は、ミンスク合意の実現状況を加速化する可能性があると述べた。ティラーソン米国務長官との会談では米国がミンスク合意から退くという姿勢は示されなかったと強調した。

サイバー攻撃

ラブロフ外相は、トランプ氏がプーチン大統領との会談で米国内にはロシアのサイバー介入のテーマを吹聴する ある種のサークルが存在していると指摘したことを伝えた。

ティラーソン長官は、米露はサイバー安全保障および互いへの不介入についての枠組み合意を構築するため、作業部会を創設すると明言。

北朝鮮

ラブロフ外相は、ティラーソン米国務長官との相互関係は朝鮮問題の解決も含め、今後も続けられると述べた。。ティラーソン長官は、北朝鮮へ「平和的な圧力」を行うことを支持。それが機能しなかった場合、残される「良い手段の例」は少ないと指摘した。ロイター通信が報じた。

また、ティラーソン長官は、北朝鮮は核問題は必ずくつ返されることを意識して交渉のテーブルにつくべきだと語った。ロイター通信。

シリア

ティラーソン長官はシリア問題合意の枠内での安全保障の軍事力については米露、ヨルダンの間で未だに話し合いが続けられていることを明らかにした。ラブロフ外相は、シリアの安全地帯の安全はロシアの軍事警察が米国側と調整をとりながら確保すると指摘した。

G20で行われるトランプ米大統領とプーチン露大統領との会談が注目されていた様であるが、
7日報道陣を排しての2時間20分の長時間の会談となったそうである。
プーチン大統領が露米首脳会談が長引いたことを安倍首相に謝罪したそうだから、
安倍総理が次にプーチン大統領と会談する予定だったのだろう。
プーチン大統領にしたら安倍総理との会談など、何の内容もない会談をする為に、
トランプ米大統領との話し合いを、途中やめする気にはなれなかったのではないだろうか?

両大統領の話は尽きなかったようで、アメリカ大統領夫人の説得でやっと終わったそうだから、
懸案事項に付いて、余程踏み込んだ話し合いが出来たのだろう。
現在のアメリカとロシアの関係は、一つ間違ったら核戦争になりかねないアブナイ状態にあるそうで、(こちら
この会談が世界情勢に良い影響力を発揮できればと願われるが・・・・・

トランプが勝手なことをしたと言って、この親密な両首脳の会談がアメリカの陰の政府を又怒らせたて、
元の木阿弥にしたりして・・・・・

都民ファーストの会 新代表のおぞましい素顔 

今や日本の政界も狐や狸だけでなく、ハイエナや禿鷹まで闊歩する世界になっている様。
先日の都議選で華々しい勝利を収めた「都民ファースト」では
選挙の翌日に代表だった小池都知事が、後任に代表を引き継ぐと表明された。

公認の都民ファースト代表の小池都知事を信じて、
都民ファーストの候補に投票した人々にしたら、
裏切り行為と言えそうな位ヤバイ人に、代表が突然交替しているのである。

小池都知事の過去の政治への関与の仕方を知っている者だったら、
小池百合子だったら有り得ない事ではなかったと思うかもしれないが、
昨年の小池劇場に乗せられて、小池都知事を都民の味方と信じてしまった者にしたら、
驚天動地と言ってもいい位ヤバイ人を、小池知事はトミファの後継者にしたのである。

街の弁護士日記「都民ファースト代表野田数のヘタレな日本国憲法無効論はこれ」が、
小池知事が選んだトミファの新代表野田数の人となりを詳しく書いておられる。

野田数という人物、全く知られていない人物であるから、ググってみたら、出る出る、スキャンダルの山、
横領で告訴されている最中で、高級クラブ豪遊をすっぱ抜かれ遊び金の出所を詮索されている、やくざ顔負けの風貌の人物であるそうである。
    
日本国憲法の無効と大日本帝国憲法の現存を確認する請願を行った人物で、
 【敵国の占領下、被占領国が主権を行使できない中で、
  強制された憲法は当該国家の憲法として効力を持たない。
  したがって日本国憲法は無効で、
  大日本帝国憲法が有効である。】

と威勢がいいが、
対米従属の為にサンフランシスコ条約は有効としようと、屁理屈を捏ねている。
それに付いてマチベンさんは、日本国憲法無効論は実質論理も形式論理もおかしい上に、
何がなんでも対米従属の契機となるサンフランシスコ平和条約の無効だけは回避したいという
へたれ右翼な精神に満ち貫かれていると、下記のように論破しておられる。
     (一部引用)
何より、対米従属の契機となるサンフランシスコ平和条約は有効にするという対米配慮から立論する、何ともへたれた倒錯した憲法論で、日本国憲法無効論の風上にも置けない、情けない憲法論である。

日本国憲法9条2項が否認した「交戦権」に「講和」が含まれるするのも異説であるが、根拠として、日本国憲法9条2項の「交戦権(right of belligerency)」がアメリカ合衆国憲法でいう「戦争権限(war power)と同義であるとするのも他に例を見ない独自の見解である。
さらに、サンフランシスコ平和条約は大日本帝国憲法13条の天皇大権によって締結されたとする点にも問題がある。サンフランシスコ平和条約は内閣総理大臣が署名して締結されたもので、天皇が全権委任状を発付してなされた訳でも天皇の批准を経た訳でもないから、形式的にも、サンフランシスコ平和条約は、大日本帝国憲法に則る手続きを経ておらず、やはり無効になってしまうだろう。

この日本国憲法無効論は、実質論理も形式論理もおかしい上に、何がなんでも対米従属の契機となるサンフランシスコ平和条約の無効だけは回避したいというへたれ右翼な精神に満ち貫かれているのである。
サンフランシスコ平和条約ご本尊の下に天皇陛下が祀られる体の代物である。


外見は勇ましいが、へたれな対米隷属右翼の典型的な精神を体現していると見える。

米国帝国主義の支配下において、天皇の名を騙って権勢を振るいたいというヘタレな私欲にまみれた右翼の姿が垣間見える。     

    (引用終わり)

思想的にも所謂ヘタレ右翼そのものである上に、
野田数には下記の様なお粗末な人間性を垣間見せる逸話も有るようである。
このときホステスにばら撒いたお金は、当時告訴されている最中の横領したお金だったのだろうか?
    
     (以下引用)

週間ポスト2017年6月2日
「小池新党」を牛耳る最側近の「六本木ハレンチ豪遊」撮 が人物像の一端を伝える。

「ショーの終盤、女の子たちが上半身の衣装を外して“手ブラ”になるのですが、その瞬間、野田さんは“フォーッ!”と雄叫びをあげ、ガッツポーズを決めていました」(居合わせた客)

 その後、女性たちが客席を回って客がチップを渡す時間に。ここで野田氏は満面の笑みを浮かべ、チップを振る舞ったという。

「野田さんはバケツのような容器に入った大量のチップを用意していました。ビキニギャルが来るとチップを束にしてパンツにねじ込んでいました。気前の良い彼の前に女の子たちは列をなし、まさにハーレム状態でした」(同前)

 ショーの最中、ステージには様々なCG映像が流れるのだが、その中には「都民ファースト」というタスキをかけた小池知事っぽいキャラクターも登場。その傍らには野田氏をスマートにした感じの男性キャラがぴったりと寄り添っていた。

私欲にまみれた奴らが我が物顔にのさばる態まで、大阪維新の引き写しである。

皇太子明仁殿下への小泉信三氏のご講義下書き 

今上天皇が皇太子時代御教育参与だった小泉信三氏の講義の下書き(昭和25年4月24日)は、
甚だ注目すべき内容として、ゴー宣道場で紹介されていたものを、ここに全文複写させて頂きます。

私どもが天皇制の護持といふことをいふのは皇室の御為めに申す
のではなくて、日本といふ国の為めに申すのであります


との小泉信三氏の言葉、将にその通りだと私も思います。

 高森明勅の『今昔モノ語り』

「国体」は何故守られたか

そのご教育の責任者となったのが、小泉信三氏だった。

同氏の講義の下書き(昭和25年4月24日)
は甚だ注目すべき内容。
よって、ここに紹介する。

近世の歴史を顧(かえりみ)るに、戦争があつて勝敗が決すると、
多くの場合、敗戦国に於(おい)ては民心が王室をはなれ、
或(
あるい)は怨(うら)み、君主制がそこに終りを告げるのが
通則であります。
諸国の実例は皆(み)なこの如(ごと)くであるにも拘わらず、
ひとり日本は例外をなし、悲しむべき敗戦にも拘らず、民心は皇室を
はなれぬのみか、或(ある)
意味に於ては皇室と人民は却(かえっ)
相近づき相親しむに至つた…。
責任論からいへば、
陛下は大元帥であられますから、開戦に対して
陛下に御責任がないとは申されぬ。
それは陛下御自身が何人よりも強くお感じになつてゐると思ひます
それにも拘らず、民心が皇室をはなれず、況(いわん)や之(
これ)に
背(そむ)
くといふ如きことの思ひも及ばざるは何故であるか。
一には長い歴史でありますがその大半は陛下の御君徳によるもので
あります。
若(も)しも日本の敗戦に際して日本の君
主制といふものがそれと共に
崩れるといふが如きことがありました
ならば、日本は収拾すべからざる
混乱と動揺に陥つたであらうと思ひます。
幸ひにもその事なくして、宛(あたか)もアメリカ人が国旗を見て
粛然として容(かたち)
を正すやうに日本人民が皇室を仰いで襟
(えり)を正し茲(ここ)
に心の喜びと和やかさとの泉源を感じて、
国民的統合を全うすることを得たのは、日本の為(た)め大なる幸福
としなければなりませぬ。
私どもが天皇制の護持といふことをいふのは皇室の御為めに申す
ではなくて、日本といふ国の為めに申すのであります。
さらにその日本の天皇制が陛下の君徳の厚きによつて守護せられた
のであります」

取り分け、
私どもが天皇制の護持といふことをいふのは皇室の御為めに
申すの
ではなくて…」とあるのは、慎重に理解すべき重要な箇所だ。

都議選自民党を大敗させはしたけれど・・・・・ 

都議選の結果小池新党「都民ファースト」は、
都民ファーストとして50人立候補させて49人当選させ(落選は一人だけ)、
都民ファースト系として無所属で出て当選した6人を加えたので、
都民ファーストの議席は55議席になるそうです。
それに提携する公明党の23議席と東京・生活者ネットワークを加えると、
小池都知事の与党は79になり、
都議会の総数127議席の過半数を、大きく上回ることになるそうです。

共産党は2議席増やして19議席になったけれど、
自民党は38議席から大きく減らして、23議席しか取れなかったそうですね。

それでも安倍総理には総辞職する気はさらさらなく、
二階自民党幹事長も「これからも安倍政権を支えて行く」と言っているのだそうですよ。

森友学園疑獄や加計学園疑獄で、とうに詰んでいる安倍政権に、
地方選挙とは言え東京都議会議員選挙での惨敗が加わったのに、
安倍総理は「この選挙結果に心を引き締めて・・・・・」と言いながら、
辞任するとは決して言われないのです。

この惨敗の要因が安倍総理の疑獄事件に加えて、
稲田朋美防衛大臣が辞任必至の大失言をしても、
総理自ら辞任させることを拒否して庇ったり、
自民党都連の責任者下村元文科大臣の加計学園からの収賄疑惑、
それに安倍チルドレン豊田真由子議員の秘書に対するパワハラが、面白おかしく音声付で繰り返し報道される事態など、
安倍政権の不祥事がこの都議選に大きく影響している事は、誰の目からも明らかなのに、
それでも安倍総理は辞任する意思は全くないと表明しておられるのです。

安倍総理のこの厚かましさの原因は、
もしかしたらお母さん(洋子さん)に「辞るな」と言われているからなのかも知れません。
恐らくお母さんが第一次安倍内閣での辞め方を恥と思っておられて、
あんな恥さらしは、もう絶対にしてはならないとでも言って、
「兎に角粘りなさい、粘っていれば道は開けるのです。」とか何とか言って、
絶対に自ら辞任することを禁じておられるのではないでしょうか?
その為に安倍総理は更に、
恥知らずという恥を重ねておられるのですが・・・・・

安倍総理に憲法改正までさせてしまったら、私達にとっては、それこそアウトですのに、
自民党にはここまで追い詰められている安倍総理に、
ストップをかける位の元気を持った政治家は誰も、いないのでしょうか?

前門の虎 後門の狼 (グローバル資本は少しでも国の立場を大事にしたがる者では満足しない。) 

昨日からこのブログのトラックバック機能が停止された模様です。

その前の日迄は確かにあったトラックバック機能が、昨日から完全に消されてしまっているのです。
他のブログはどうなっているか調べてみましたら、
FC2もgooブログも、トラックバックは従前どおり出来る様です。
このライブドアブログだけなのでしょうか?
一寸寂しい感じです。
* * * * * * * * * * * * * * 

街の弁護士日記「安倍・稲田へのレクイエム  都議選雑感3」を興味深く読んだ。

テレビを眺め、週刊誌を見ている限りでは、某国は本当に安倍政権を見限ったように見える。
安倍とその取り巻きという、揃いも揃っておつむの弱い連中のことだから、それもわからず、無駄な抵抗をしばらく続けるかもしれないが、あがけばがくほど、連中の行く末は惨めなものになる。
このことは財閥と癒着した隣国の大統領が、某国ないしは某国のグローバル企業の意に反した結果、どれほど哀れな末路をたどったかを見れば明らかというものである。


極右グローバリストは、極右超グローバリストに席を譲る

という事で、都議選後安倍政権は確実に終わらされるだろうとの見込みの下に、
極右グローバリストの安倍政権が、
次なる極右超グローバリスト政権よりは、マシだろうと思われる所として、
安倍総理と稲田朋美(当時)法務大臣がやった、
怪我の功名的善行について書いておられる。

オプジーボという、適応患者が470名程度のごく少数の皮膚ガン(メラノーマ)治療薬で、
患者一人当たり年間3500万円という途方もない薬価の薬に付いて、
470名程度という事で、3500万円の薬価を認めていたが、
認可後まもなく、非小細胞肺がんに対する有効性も認められて、
保険適用されることとなった。
適応患者数は5万人(製薬会社は1万5000人としている)へと一挙に膨れあがり、
オプジーボだけで年間1兆7000億円もの莫大な薬剤費に保険適用がされる恐れが生じた。
薬価の見直しは2年に1回とされており、次の見直しは2018年4月の予定であったが、
オプジーボの薬価は緊急に今年の4月から半額に引き下げられた。
また、薬価見直し制度も1年に1回実施するよう改められた。

異例の薬価切り下げを実現したのは、報道による限り、何と安倍晋三、その人であったそうである。

この人は基本的におつむが弱いから、TPPを推進するということは、
そうした国家権力の発動を禁止することになるのだということを理解していないし、
米国の狙いには健康保険を破綻させて、日本の医療分野での儲けを図ろうとの狙いもあったようだから、米国を怒らせることになったが、
安倍総理の蛮勇のお陰で、健康保険の破綻は暫らく先延ばしする事が出来たかもしれない。
これはグローバリズムというものの正体を知らない安倍総理だから出来た事だったのだろう。

稲田朋美が法務大臣だったとき、
民法が(債権法関連分野)の大改正がなされたが、
この大改正の中に、日本の契約法の根幹を米国法化しかねない毒が盛られていた。
契約違反があった場合の損害賠償の条文に、
日本民法に全く存在しない概念を盛り込もうとしたのだと言う。

日本の民法では明治以来の判例によって裁決されることになっていたが、
アメリカの契約法では、想定しうる限りのありとあらゆる事態に備えた契約書を作成し、
契約関係において強い立場に立つ者は、
ありとあらゆる責任を免れるように、膨大な免責条項を盛り込んだ契約書を作ることも可能になるから、
契約時にこれまでの感覚で契約書に判を押したりしたら、
トンでもない賠償金を要求されることになったり、
当然賠償されると思っていたものでも、うっかり免責条項に判を押していた為に、
賠償してもらえないという事になっていたかも知れないという様な、
毒素条項に苦しめられることになったかも知れない。
これに気付いた稲田(当時)法務大臣が、民法改正の行方に危機感を持ち、
急遽、規制改革会議の場に、加藤雅信氏を招き、
その意見をヒアリングする機会を設けた(法務省の担当官の意見も聴取した)。
さすがの規制改革会議のメンバーも、この契約法理の変更に疑義を持つこととなった。
稲田法相の機転が、日本の契約法を根本から米国法化するという東大学者と法務官僚の野望を砕いたのだそうである。

宗主国では批准される見込みのないTPPを強行採択し、TPP関連11法を強行採決するという暴挙を犯し、『瑞穂の國』を遺伝子組み換えグローバル企業に差し出す種子法廃止法を強行採決し、さらには生命の源となる水を外資に差し出す水道法改正を強行した。
かくまでグローバル資本に奉仕しながら、安倍晋三は、実は、グローバリズムというものが何たるかを理解していない
。という事で、
先の国会で、積み残した(提出されなかった)のは、
解雇自由化法と残業代ゼロ法、そして親学肝いりの家庭教育支援法が期待されているらしい。
とうてい、安倍晋三では耐えられそうにない。自民党小池派に引き継がれる。

という寸法で
小池劇場はあの様に大々的に、テレビ上映されたのかも知れない。