Dendrodium 2007年03月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊臣の残党、安倍晋三 

先日の記事で、秀吉の犯した過ちを徳川幕府が、朝鮮にちゃんと謝ったから、江戸時代朝鮮との友好関係を持つことが出来たのではなかろうかと、書いたことによって、
安倍総理は、豊臣の残党とも言うべき立場の人ではなかろうかという気がしてきました。
 若し秀吉の跡取りが、ずっと日本を治めていたならば、あの朝鮮出兵も、秀吉の過ちであったなどとは、絶対に認めはしなかったでしょうから。
戦争責任者の一人であった祖父を持つ、安倍総理としては、祖父の若かりし頃に加わった、あの戦争を、美化しなくては、孝養の道に反すると思っておられるのかも知れませんね。
 しかし日本国の象徴である天皇陛下が、連合軍に頭を下げられて、国名も日本国と改めて、1億総懺悔(私の子供の頃には、大人たちの口の端によく上ったものですが)して新しい国として生まれ変わったのですから、今更蒸し返す事はないのではないかと思うのです。
 それを敢えて,俎上に載せて、言い訳がましいことばかり言う事そのことが、現政権が、あの太平洋戦争の戦争責任を負う存在であるかのように、世界のマスコミにたたかれる原因ではないでしょうか?
此れまでどうり、日本は生まれ変わりましたという立場で居れば、過去の政治家の政治責任を謝る事に、それ程の屈辱を感じるいわれもないと思うのですが?
 徳川時代を、豊臣時代に引き戻す必要など、どこにあるのでしょう?
只、安倍晋三と、その他数人の戦争責任者の家族たちの、個人的問題で、日本を再び不利益に巻き込まないで欲しいものです。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


スポンサーサイト

統一地方選挙 

大津市の桜も、ちらほらと花を開き始めてきた。
滋賀県でも県議会議員の選挙が有る。
今朝、さっそく選挙カーが、
「ご協力宜しくお願いします。」と言いながら、名前ばかり繰り返していたので、
「名前だけで、どうしてご協力できようか」と思っていたら、こちらの気持ちが通じたかのように、
「皆様のご要望にお答えします。」と言い始めた。
皆様のご要望と言っても、滋賀県の知事さんは、昨年新幹線の栗東駅を造ることに反対する勢力に押されて、出られたのに、栗東市とか、県会議員とかが、新県知事の方針に、反対しているらしい。
皆様のご要望と、こんな状態の中で、全員の希望など聞いていられる訳がないでしょう。とつい言いたくなってきた。
無駄な工事は辞めますと言わないということは、させたいけれど、今は隠しているということかな?などと想像してみる。
投票結果が出てしまってからでは、次の4年間手の打ち様がなくなるのだから、慎重に選ばなければと思った。
 
 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking



今の政権は、旧日本軍を生んだ政権と同じものでしょうか? 

「日本が生き残るために」と言う以前書きました記事に、コメントが入っていましたので、それに書きましたお返事を、一部書き足して、ここに転載したいと思います。
尚私の考えでは、旧日本軍を生み出した、大日本帝国と、今の日本国は別の政権であると考えています.
(例えば安土桃山時代と江戸時代が違うように。
秀吉が朝鮮半島でやらせた悪事を、徳川家が、ちゃんと謝ったから、江戸時代に朝鮮との友好を続ける事が出来たのではないでしょうか?


証拠もないのにと仰いますが、現に被害を受けたと訴えている元従軍慰安婦の人たちが居るのでしょう?それに「美しい壷日記」にこんな記事が載っていました。

<軍慰安所をつくった中曽根が『美しい』嘘をついたようです!>
【中曽根元首相:旧海軍時代に慰安所つくった記憶ない】
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003011&sid=auVti5ZLiSxw&refer=jp_asia
中曽根康弘元首相は23日午後、日本外国特派員協会で記者会見し、自らが旧海軍時代に従軍慰安婦が詰める「慰安所」を設置したと指摘されていることについて「事実と違う。海軍の工員の休憩と娯楽の施設をつくってほしいということだったので作ってやった」と否定した。
【中曽根康弘の回想録】
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%c3%e6%c1%be%ba%ac%b9%af%b9%b0/detail.html?LINK=1&kind=epedia
「三千人からの大部隊だ。やがて、原住民の女を襲うものやバクチにふけるものも出てきた。そんなかれらのために、私は苦心して、慰安所をつくってやったこともある。かれらは、ちょうど、たらいのなかにひしめくイモであった。」
(松浦敬紀『終わりなき海軍』文化放送開発センター出版局、72ページ)


又、広田弘毅は外務大臣の時に、軍部に南京での事件を抗議しているのですから、規模において、説はまちまちであったとしても,有ったのには相違ないことではないでしょうか?
敗戦後の軍事裁判で、広田がこの事を軍に抗議しなかったという事で、戦犯として死刑になったのはご存知ですよね?
実際は広田弘毅は、抗議したのだけれど、軍部から『広田は(天皇の)総帥権を犯す気か』と言われて、それ以上言えなかった。という事でした。
しかし戦後の戦犯裁判の時には、それを言ったら天皇の責任問題になるので、言うわけにはいかなったのだそうです。広田弘毅は黙って死刑の辱めを,甘受したのでした。
この広田弘毅こそ、真の忠臣と言うべき人ではないでしょうか!
若しあの時天皇が、戦犯にでもされ給うていたならば、戦後の日本の繁栄は無かったかも知れません。
現在挙がっている証拠では、証拠にならないと言う論法は、金正日の拉致問題(特に恵みさんの遺骨のDNA鑑定の結果を捏造だと言った辺りと)で取っている立場と、そっくりでは有りませんか?
私が言いたかったのは、金正日を糾弾するのなら、金正日並の事をしていたのでは駄目だと思うと言う事です。
そして日本は、やった事には言を左右にして逃げるのに、やられた時は、その何分の一の事でも、絶対に許さない、身勝手な国だという印象を、世界に持たれてもいいのでしょうか?
それはこれからの日本にとって、大変なマイナスになると思います。
現政権は、戦争に負けて、反省の上に立って出来た政府ですから、悪かったことは悪かったと、反省の弁を述べても、全然今の我国の恥にはならないと思います。
アメリカのように、イラク戦争は正しかったと言う立場にこだわっている限り、イラクの政情は安定しないでしょう?
(今他のブログを見ましたところ、アメリカは、間違いだったと認めているのだそうですね。それをあくまで認めないのは、もはや日本だけになてしまいそうな勢いらしいですね。これから日本は一人でイラク紛争を収めるつもりなのでしょうか?)
今の日本に、旧陸軍の犯した間違いを、間違いでなかったと言いくるめなければならない理由がどこにあるのでしょう?
「懺悔よく罪を消除す」と申します。
又「懺悔しない罪は消えない」とも言います。
旧陸軍の旧悪で、これ以上現在及び未来の日本人に迷惑をかけることはないと思います。

『質問主意書』新党に期待する 

天木直人氏のブログで、質問主意書で政治参加する国会議員を、送り出すという方法があるということを知りました。
 場合に由っては、ご自身が出られるかもしれないというニュアンスを感じたのですが・・・?
若しそうなったならどんなに良いでしょう。全国区で投票する人の予定だけはたちますから。
天木さんの事は、外務省を辞められた時から、耳にしていたし、
「さらば外務省!」という御本もその時買って読ませていただいていました。
こんな骨の有る方にこそ、外務省で活躍していただけるようだと、日本も安心なんだけどと、残念に感じたのを覚えています。
だから今度、若し国会議員になられて、その志と才能を、この国の為に発揮していただけるなら、投票したい人の居ない有権者たちの、かなりの人数の票が、天木さんに寄せられるのではないかと思います。
勿論私も、万難を廃して、投票に行き『天木直人』又は、その作られる新党の名前を書くことでしょう。
こんな方が、もっともっと出てこられたならば、日本もまともな国に戻ることが出来るのではないかと、期待に胸膨らむ思いです。

  宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking

どうなる?参議院選挙後の日本 

4月6日号週間ポストに小泉前首相が、安倍総理を慰めて言ったという言葉には驚いた。曰く
『参院選は政権選択の選挙ではない。衆院は300議席も有る。負けても堂々とやれば良い』
総理も前総理も、国民の信託というものを、何と心得ているのだろう?
始めから、無視してかかるべき物と思っているのだろうか?
これは、自分達のやっていることは、国民の希望に反する事だということを、百も承知で、それでも自分達の権力を守るため、無視しているという事を物語るような発言ではないだろうか?
『国民の馬鹿共が、俺様を支持したのが、運の尽きよ、潔く諦めな!』
とでも言いたいのでしょうね、小泉さんは!
ブッシュ大統領でさえ、中間選挙に負けた時は、神妙そうな演説をしていたというのに。
国民不在の政治と言われていますが、ここまでとは!
立候補している人に、信頼できる人がない場合、棄権したら、それこそ悪どもの思う壺と来るのですから、救われようがありません。
しかし心の真直ぐで、悪い事のできない人にとって、今の政界は厳し過ぎるようですし、人にのみその苦労を押し付ける分けにも行かないでしょうし・・・・
でも、一人でも多くの心ある人に、立候補して頂けたらなと思う。
泥の中にこそ、蓮の花は、美しい花を開かせる事が出来るとも言いますから、そんな高い志を持っておられる人には、今が立候補の潮時ではないでしょうか?

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking

怪しげなコメント 

一昨日位から、合計5~6回、私の過去の記事(安倍総理に期待する)に、外貨投資等、何回か文字は変わっているのですが、ちょっとだけ漢字が混じった、見るからに怪しげな、英文とおぼしきコメントが寄せられています。
もしかしてウイルスでも持っているのかもしれないと思い、気がついたら消しているのですが、いつの間にか又、入れられています。
若し私が消していないうちに、お目に留まっても、どうかURLは開かないで下さい。
当ブログからウイルスが移るような事になっては申し訳ないので、念のためお願い申し上げます。
もしかしたら、素人の聞きかじりで心配しているだけで、何でも無いのかも知れないのですが、消しても消しても送ってこられますので・・・


この記事にいたずらのコメントが集中していましたので、本文は削除し、記事だけ此処に写しました。(4月20日又久し振りに例の如く書かれていました)

  安倍総理に期待する
昨日の新聞に、6ヶ国協議のことで、安倍総理の言葉が伝えられていた。
日本は拉致問題を抜きにして、同意する事は出来ないけれど、間接的になら協力するということであった。
此れでは、不満だけどお金は出しますということで、名も捨てて、お金も捨てるという最悪の選択ではないかと思う。
 昨日週刊ポストに、安晋会の旧悪を暴く記事が大々的に載っていた。
どうしてこの局面に来て、安倍総理の旧悪を暴き立てるのだろう?
上記の腑抜けた、返事を引き出すために、週刊ポストは、(正義づらをして)誰かの手先として書いているだけではないかという気がした。
どうせ書くのだったら、昨年の総裁選の前に書くべきだったのではないかと思う。
この日の為に、安倍を打つ弾を,隠していたのではないか?
そうしたら,アメリカさんが高く買ってくれると、ちゃんと計算していたに違いないと思われる。
 こうやって自分の国を不利に導く勢力に力を貸して、何とか組織を守っている者だらけのマスコミが、日本の輿論を導いている現実に、空恐ろしいものを感じる。
安倍さん、ここは貴方を馬鹿にした人たちの、鼻を明かしてやることですよ。
即時解散総選挙、貴方に出来る事は、今や此れのみであると同時に、
このことをやることによって、日本に貢献できるチャンスでもあるかと思います。
もう城は落ちかけているのです。
ここで、売国奴たちにひとあわふかせてやってください。
でないと、売国奴の長たる、小泉が又日本を売りに出そうと、手ぐすね引いているらしいではありませんか!
ここは一番、蛮勇を!

TB有難うございました。

だいぶブログの操作も覚えられてこられたようですね。
TBされた私の記事と、わこ様のここのところのコメント欄等での心境を考えるに、私と思いが似ている部分があるなぁと思いました。

私は知識ももちろん大事だと思いますが、多少勘違いや間違っていても「だから自分はこう思う」という生き方の方が好きです。 

私たちは政治家や学者ではありませんから、今現在自分が知りうる情報の中で生きていて、その中で判断する。
それが違うのなら新たに知識を組み込んで考えていく。
そういう柔軟な生き方をした方が議論にしても面白いです。
近頃はそういった意味でTVとかでも言いたい放題、言ったもん勝ちみたいな議論ばかりで辟易します^^

[2007/02/13 11:07] URL | ぶいっちゃん [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
ぷいっちゃん
いつも有難うございます。こないだから、TBの送り方を覚えて、送りまくっています。(独りよがりの言い分で、ご迷惑かもしれませんが・・・)
「超大国アメリカ」のコメント欄を呼んで下さったのでしょうか?
支持してくださる方があるということは、この上ない喜びです。
心から御礼申し上げます。
そしてこれからも宜しくお願い申し上げます。
[2007/02/13 16:23] URL | わこ [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
別に安倍さんを支持しているとか支持していないとかそういうわけではありませんが日本のマスコミやジャーナリズムというのは非常に腐っていると感じます。
やはり自分達がちゃんとしたメディアリテラシーを付ける事が先決ですね。

それといわゆる自分の「中学生」の件ですが
ここの記事のコメント欄に詳しい成り行きが乗っていますので、ご確認ください。どうもわこさんは勘違いをなされているような気が致します・・・。
http://tyuusei.blog91.fc2.com/blog-entry-16.html#comment64
[2007/02/13 17:00] URL | 中生 [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
中生さま
超大国アメリカに書いていただいたコメントを、
独立して、記事とさせていただきました。
ご了承も取らないで、お許しください。
お申し越しの件は、思う所を述べさせていただきましたが、
あれで宜しかったでしょうか?
[2007/02/13 20:07] URL | わこ [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
TBありがとうございました。
期待以上だったのではありませんか?安倍政権の反応は。
彼は完全に日本を売り飛ばしてしまいましたよ。
もう私は悲しいやら呆れるやらで。
核兵器で脅迫されながら平和だけを望む。
私には何がなんだかわかりませんが、ガソリンを身体にかけられて、ライターを手にもった殺人誘拐犯を相手に何故平和を語れるのでしょうね。
私にはそれがわかりません。平和ってそんなに惨めで、基本的人権と遠いものなんでしょうか?

私にはわかりません。私にはわかりません。
[2007/02/13 20:32] URL | 三輪耀山 [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
はい、有り難うございます。
勿論、政治経験が浅いですので、自分の意見を書き殴っているだけに近いと思います。それでも自分なりに
考えていますので、どうか長い目で見てください。
記事の件は全然、構いません。
それがどのような反響を呼ぶか分かりませんが、
何かのきっかけになれば良いですね。
[2007/02/13 22:20] URL | 中生 [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
三輪耀山様
惨めでない平和を持てるのは、軍事大国だけかもしれませんね。そうやって世界中で覇権争いをしていたら、いったい誰が幸せになれるのでしょう。
 私も金正日に対しては、毅然とした態度をとってほしかったけど、アメリカがずるい事を企んでいるのだから、どうしようもなかったのでしょう。安倍さんは砂上の楼閣で、踏ん張りようも無かったのでしょうね。
 解散総選挙に持っていってくれたら面白かったのにな!
そんな無茶はやっぱり出来ないんでしょうね。予算の成立前では。
 女性は(年寄りでも一応女ですので)皆平和を愛するけれど、男性は、戦争をしたがるとよく言われますが、でも戦争で死ななければならないのは、男性の方が主になるのですし、
隠忍自重してでも、平和裏に何とかして欲しいと思います。
戦争より酷いものは、やっぱり無いのでは?
[2007/02/13 22:26] URL | わこ [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
中生様
夕方から接続がおかしくて、三輪様へのお返事を書い送信するまで、貴方からのお返事が記載されていなかったので、
お返事が後回しになった感じになりました。お許しください。
それから、本題に入ります。快くご了承いただいて有難うございます。事後承諾で済みませんでした。
[2007/02/13 22:43] URL | わこ [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
こんにちは。
「週刊ポスト」の記事を読みましたが、一昨年末頃から安倍をめぐる疑惑を追っている私としては、さもありなんという、ごく当たり前の内容に過ぎなくて、やっとこさ安倍の恫喝が通用しなくなる程度にまで、安倍批判をできる空気に変わりつつあるのかな、という印象です。
コイズミが売国奴の頂点にいたことはいうまでもありませんが、経済政策に全く興味がなく、「ホワイトカラー・エグゼンプション」が「少子化対策になる」などと噴飯ものの発言をする安倍は、財界の言いなりになる男であって、コイズミ同様の売国奴であると私は思います。政治思想的には、安倍はコイズミよりずっとひどい極右だからなおさらです。
日銀総裁に竹中平蔵を、などという話が出るあたりからも、安倍が売国的な新自由主義政策に寛容であることは明らかです。何より、コイズミは竹中に経済政策を丸投げしたのであって、日本社会を荒廃させた責任は、コイズミ以上に竹中にあるのです。
そんな男に融和的な安倍は、政権末期には竹中と溝が生じていたというコイズミよりもっとひどい売国奴であると私は考えており、安倍に対しては何の期待もしておりません。
[2007/02/13 23:34] URL | kojitaken [ 編集 ] TOP ▲
NoTitle
Kojitakenさま
コメント有難うございます。
勿論私も、安倍には何の期待もしておりませんが、唯一、解散の権利を施行してくれたら、自民党絶対多数の現状を打破できるかなと、期待したのです。
 ポストは、この時期に大々的に出してくるというのは、何らかの権力の働きかけではないかと思うのですが?
でなかったら、総理に選ばれる前に、書きたてているはずだと思うのですが?
[2007/02/14 07:32] URL | わこ [ 編集 ] TOP ▲ Comment Post
NAME:
ブログ関係
ブログを訪れる人のパターンって、何かのキーワードで検索サイトから飛んできたりする。あるいはリンク(TB)してあるところから飛んでくる。そしてブックマークしている人。だいたい大きく分けると、この3種類だろう
[2007/02/13 10:53] URL | らんきーブログ | TOP ▲
国会で与野党対決の本格論戦スタート!国&地方議員とも、おカネの透明度アップをしよう。
<6日分の記事のコメントのレスが遅れてしまっていて、すみません。m(__)m> 今日13日から、国会は衆院の予算委員会をメインに、本格論戦が始まる。 民主党は、元・党首の菅氏、岡田氏、前原氏が質問に立って、「政治とおカネ」や「格差」の問題をメインに、与党に挑む
[2007/02/14 00:00] URL | 日本がアブナイ! | TOP

憲法改正反対 

嘗て私のブログで憲法改正について、コメントで遣り取りした事がありました。その時の私の意見をもう一度おもてに出させていただきます。

三島由紀夫が決起したのは、私がまだ20代半ばの時で、(私の)父が三島が決起する前から、盾の会に関心を持っていて、最後の3部作(春の雪,奔馬、暁の寺)も買い揃える熱の入れようでしたので印象に残っています。
彼は『今起たなければ日本は・・・・・・』と言っていたのです。ファッションだけでなく何事にもT、P,Oと言う物が重要で、だからこそ三島はあんな無茶な事までして、国民に呼びかけたのだと思います。あの時はまだアメリカも日本人を或る意味恐れていました。しかし今の日本人は、あの頃とは全く違うものになっています。
学生が政治運動をしていた頃までは、日本人は精神的には健康だったと思います。しかし新左翼などの出現により、学生が政治に関心を持つ事を嫌いだし、ノンポリ等と言う言葉で象徴される、青年が政治に関心を持たない時代になり、自己のみの保身に汲汲とするようになって、日本人は変わったと思います。
そして最近までそれが続いてきました。
その間に日本はどんどん、アメリカの言いなりの国になっていきました。
それでアメリカは、もう日本から憲法9条を無くして普通の軍隊にしても、アメリカの手先に出来るとふんだのでしょう。アメリカの方から憲法改正を要求してきているのですよ。
今は他国の協力が、喉から手が出るほど欲しい状況のアメリカです。
こんな時に憲法を改正するなどアメリカの思う壺ではありませんか。今改正したって日本は本当の独立国になどなりはしません。
アメリカは日本に参謀本部を(一部でしょうが)移そうとしているのですよ!
そんな時に憲法改正等の法律改正だけで、属国の位置脱却が出来る事など、ありえないことだと思います。
三島由紀夫が今生きていたら憲法改正を今する等とんでもないと言うに違いないと思います。
その証拠に日本の総理が憲法改正をしたがっているではありませんか。今の日本の総理は、アメリカに嫌われる人はなれない仕組みになっているのは、もうお気付きかと思いますが?
日本はアメリカから守ってもらっているのではありません。
アメリカは自国の為に、日本を保持しようとしているのです。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking

日本が生き残るために 

今日本は敗戦の時以来の危機に立たされているのかも知れない。
従軍慰安婦の問題をはじめ、南京虐殺の問題等、六十数年前に世界中の人達に迷惑をかけたのは、逃れようも無い事実だし、この事を、証拠が無いとか何とか言って、責任逃れをしようとしながら、拉致問題で、「金正日けしからん」といくら叫んでも、外国の人の気持は、段々冷えてくるのではないでしょうか?
「戦時中には、兵隊は気が立っているから、何処の国の軍隊でも、程度の差はあっても、似たような事をやっているのだから、日本だけ責めるのはおかしい」と言っても、他国の無法を責めている時には、通用しないのではないだろうか。
今の日本には、先輩たちが汗水流して、働いて下さったお陰で、莫大な金額の外貨準備の余裕が有るのだから、ここは一番、アメリカのご協力を願って、「日本が所有するアメリカの国債の、一割、それが無理ならせめて1%(約9兆円)でも償還させていただきたい。』と申し入れをすると良いのではないだろうか?
最近アメリカの議会で、旧日本軍の従軍慰安婦問題が、出されているという事だから、丁度良い機会ではないかと思う。
アメリカに買わされているアメリカ国債は、どうやら日本の自由には出来なくなっている代物らしいし、人殺しの代役をするための軍備拡張などに使わせられて、罪を重ねるくらいなら、元々先輩たちの残してくれた遺産で、先輩たちの罪を償うのは、日本としてとるべき道であるのだから、世界の意向にも叶っているのではないだろうか。
今は従軍慰安婦に狩り出されるなど、被害を受けられた人が、生きておられるのだから、心からのお詫びをこめて、賠償請求に応ずるのが、最善の道であると私は思う。
過ちを改めて、はばかる事なかれという言葉もあります。
懺悔しないで、他人の罪を論っても見苦しいばかりだと思うから、
君子国日本と言わしめるような対応を、政府にはお願いしたいと思います。
必要も無い公共工事をさせられて、狭い日本の大事な国土を荒らされたのも、なまじ莫大な富を蓄えていたからではないでしょうか?(当ブログ前記事阿房宮の秘密{TB}も御覧ください。)
将来の日本が、世界でつまはじきになったのでは、後進の人達に申し訳ないのではないでしょうか?
私にはそれが一番心配です。

  宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


阿房宮の秘密 

今朝のスーパーモーニングを見て初めて知ったので、今頃何を言っていると思われる方も多いかと思いますが、驚いたのであえて書きました。
あの無駄であるだけでなく、今も赤字を出し続けている物もあるという、阿房宮の様な一連の公共工事の強行された経緯。
グリーンピア指宿は208億円かけて造られて、僅か6億円で売却されたという事ですが、このての無益で、良くて無害大部分は有害でさえある構造物を、延々と作り続けて、700兆円の国民の税金(現在国債の額800兆円)や年金を、浪費したきっかけは、日米構造協議というものに有ったというのです。
海部内閣(1989・8・10~1991・11・5)の時に構造物を作る公共工事を要求されて、
日本側が430兆円というのを、
アメリカは「それでは少ない、630兆円」と要求してきたという事です。
結局、700兆に及ぶ事になってしまったそうですが・・・
 海部総理の前任、宇野総理が就任3ヶ月で、恥辱の中で辞めさせられましたが、アメリカの要求を、呑まなかったからなのだと、改めて確信させられました。
一方アメリカの言いなりだった海部総理は、『対話と改革』という、うたい文句で、リベラル派の期待の星のような扱われ方をしていましたっけ。
小泉総理の時もそうだった様に、結局爆発的人気を得ている総理の時に、ろくな事が起こっていなかったという事なのですね。
アメリカ代弁内閣(売国内閣)は、長期政権を維持させてもらい、骨のあることを少しでも言う内閣は、短期で終わっているようですね。
馬鹿な日本人の一人として、面目ない想いで一杯です。
そろそろ日本人も賢くなってきた事を、アメリカに認めさせるより他には、悲しいけれど、政治の悪行は何処までも、日本を骨の髄までしゃぶり尽くすまで続くのかも知れませんね!

 

議員は何の為に? 

自民党の国会議員(魚住汎議員)が、言う事を聞かない国交省の役人に、『月夜の晩ばかりじゃあないんだからな・・・。殺すぞ!』と言ったという嘘の様な話が、「ちちんぷいぷい」で出ていた。
夕刊を見ると15面(最終ページ)の隅っこに、詳しい事情は、書いてあったけれど、脅し文句までは書いてなかった。此れは脅迫として刑事事件にしてもいい事件だと思うのだけど、このまま無罪放免になるのだろうか?
これは2005年の事らしいから、もう無罪放免になっているという事なのだろうな。
国会議員が政治献金をしてもらった団体からの依頼を、役人が断ったら、ここまでするのは普通の事なのだろうか?
「国会議員が役人を脅迫!」として、一面に出てもよさそうな記事なのに、二年も経って、やっと三面記事とは!
 そう言えば、今朝の天声人語に、或る市会議員が、『近頃は、もみ消しも口利きも出来なくなった。議員を続けていても好い事が無くなった』と言っていたというエピソードが書いてあった。
 議員って何の為に有るのでしょうね。

  宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking




   

外貨準備とアメリカ国債 

日本は毎年多額のアメリカ国債を買わされているという事は聞いたことがあったけれど、外貨準備の殆どをアメリカ国債に回されていたと、天木直人氏のブログで始めて知った。
外貨準備第1位の中国が、国立の投資会社を設立するのをはじめ、アジアでもその動きがある中で、外貨準備世界第2位の日本は、したくても何も出来ない状態にあるらしい。
アメリカの国債を売りたいといっただけで、総理大臣がアメリカから、大目玉になる状況下にある日本は、実は金持ちでも何でもないという事らしい。
これからの日本は、日本人が求めていないものまでアメリカから買わされ続けて、アメリカ国債は着実にアメリカの手に戻り、終に日本は無一文となるまで許してはもらえないだろう、
しかし無一文となったが最後、今までうるさく買えと迫っていた、小麦も牛肉も、何にも売ってもらえなくなるのだろう。
 一方食料は輸入すれば済むと、老齢化していた地方を見捨てて来た日本は、おじいさんおばあさんが守ってきていた田畑も既に荒れ果て、海は海で有明海のような豊饒の海さえ潰してきたのだから、思うように魚も獲れずで、食糧生産もままならず、輸入しようにも、買うお金が無いために、アメリカ始めどこの国にも知らん振りされ、飢える者数知れずということになるのかも知れない。

今のままの政治に甘んじていたならば!

今私たちは、おろそかに出来ない時を過ごしているのかも知れない。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


親切なごみ収集員さん 

私は滋賀県大津市に住んでいます。
今朝もえないごみの回収日だったので、何時ものように100m位の距離をゴミ袋を持って、収集場所の方に向って歩いていました。
その時後ろから、ゴミ収集車が来るのに気がつき、ちょっと歩く速度を速めた時、その収集車が私のすぐ傍で止まりました。
初め、ドアの内側から、「入れて」と声を掛けてくれて、私がもたもたしていたら、その収集員の人は、わざわざドアを開けて、降りてきてくれ様としたのでした。やっと気付き、後のごみ入れ口に放り込んだら、そのままその車は、行ってしまいました。
私はもう60歳を過ぎたお婆さんですから、決して色目のなんのということは有りえません。
親切心だけである事は、疑う余地が無いと思います。
世の中に、不心得な公務員ばかり目立ちますが、こんな親切な公務員もあるという事に、爽やかな嬉しさを感じました。
賄賂にばかり目の色を変えている人達に、人生の素朴な喜びを思い出してもらえたらなと思います。

宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


ホリエモンの判決 

今日ホリエモンこと堀江貴文容疑者の判決が出ると、昨日からニュースで言っていた。
判決が出る前からこんなに、大騒ぎされるくらい今もホリエモンは人気者なのだろう。(10時半ごろ、懲役2年6ヶ月の実刑判決が出たというニュースがあった)
彼のやったことは、今の経済界(金融)ではそれ程、目くじら立てるほどの悪事ではないというのが、公平な意見らしい。
それ位今の経済界は、いい加減であるということでもあろうけれど、彼は目立ちすぎたということで、見逃すことが出来ないと思われたのかもしれない。
実は私も、ホリエモンが嫌いではなかった。
というよりむしろ好きであった。
だからこそ許せないことがある。
彼ほどの頭の良い人であったならば、小泉前総理が何を企んで、郵政民営化にこだわっているか位、お見通しであったはずであるのに、郵政選挙に、小泉支持派の一員として選挙に出たことである。
多くの若者の票が、自民党に流れた一因に、ホリエモンが大きく作用したのは間違いないと思う。
そういう意味で、ホリエモンの罪は大きいと思う。
国民の信頼を逆手にとって、自己の利益拡大を計ったのだから。
裏切るものは裏切られるで、彼は小泉から裏切られて、今日を迎えたということなのではないだろうか?
有能な人なのだから、芯から反省して、出直して欲しい人物ではあると思う。
(宇宙旅行の為に、大金を払ったという報道には、少なからずがっかりしたものだけれど・・・・・
各種公害で、地球環境の先行きが危ぶまれている現代、時代の指導者なら、宇宙旅行でも無かろうにと,その時の私には信じられない思いだった。)

宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


農林水産大臣と水 

今朝もテレビのニュースバラエティで、松岡農水大臣の水道光熱費問題の、国会での遣り取りが報道されていました。松岡大臣は1本5000円もする水を飲んでいるらしいとか、国会で飲んでいた水は、只の水道水であるとか、水がやたらと取り上げられていたのを見て、複雑な気持ちになりました。
同じ農林水産省関連の水ならば、比べ物にならないくらいに大きな問題なのに、有明海の水の汚染に触れる、国会議員も、ニュースキャスターも、誰も居ない。有明海沿岸の漁業者はじめ、何万人もの生活を現在も脅かし続けている、前代未聞の、国による悪事を、九州の端のことだからと見てみぬ振りをしているマスコミ。だから私のような暢気者は、諫早湾干拓工事の事をすっかり忘れていた
ムツゴロウに代表される生き物が無数に生息する海岸に、堰を作って、生きていけないようにしてしまい、結果生き物たちの死骸で、海が汚れるという、無残な結果をもたらす工事を、住民の反対も押し切って、公共のためと嘯いて、強行してしまう農水省!
其処までして造った農地は塩分が強くて、耕作に適さないということも予見できない、農業の専門家が居るだろうか?
莫大な国家予算、地方予算を使って、只漁業者の生活を破壊するだけの、公共工事を、関係者以外は、みんな忘れてしまって居るのだろうか?
「よみがえれ有明海」に電話した時、色々聞かせていただいた中で、『あの堰を開けてさえくれたら、今なら何とかなるかもしれないのに…』とi言っておられた言葉が、忘れられない。


 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


諫早湾干拓工事に思う 

、諫早湾干拓工事の工事差し止めの訴訟はどうなっているのかちょっと気になって、ネットで調べて見ましたら、呟きの部屋というブログに、こんな記事が載っていました。
3月8日の記事 「よみがえれ!有明海訴訟」の佐賀支援する会の報告会に参加しました。弁護団長の馬奈木昭雄弁護士の今後の裁判の行方についての話は大変おもしろく、よく分かりました。馬奈木弁護士は佐賀地裁で勝ち、福岡高裁や公害等調整委員会で負けた原因は「公共性」をめぐる判断だったといい、諫早干拓事業での「公共性」の中身を明らかにすることが大切だと強調されました。そして同事業が無駄だけでなく有害な事業で、やめることが「はるかに公共性がある」と訴えられました。長崎県は干拓地を53億円で買い取り、それを法人に利息にあたる程度で貸し出す計画だそうです。そうすると、県民の税金だ買い取った53億円は戻らず、事業終了後は地元が管理することになる調整池を含む管理費などにさらに莫大な費用がかかることになります。もともと53億円の税金の支出が違法なものですが、それがこのまま許してしまうと、さらに大きく膨らみ、県民市民の生活が脅かされていくことになります。干拓事業の本来の目的だった優良農地の造成ということからはずれ、違法な公金の支出、魚を殺し、有明漁民を失業させ、長崎県民を苦しめ、有明海沿岸地域を荒廃させて、なんで公共性があるといえるのかと、さまざまな事実を踏まえて説明されました。そして、現在長崎地裁で行われている長崎県の公金支出違反訴訟が年内に違反という決定がだされれば、佐賀地裁でのよみがえれ有明海訴訟で、「公共性」で私たちの訴えが退けられることはないと述べられました。諫早干拓事業はこれまで国の税金が注ぎ込まれ、さらに長崎県、諫早市周辺市町村の膨大な税金がこれから注ぎ込まれようとしています。そしてこの工事のために有明海の魚や貝、かにがいっぱい死に、漁民が自殺に追い込まれ、造船会社がつぶれ、地域経済が破壊され、国民も沿岸県民も被害を被りました。このままだと被害はもっともっと広がります。なんとか、ここでとめましょう。

国は莫大な予算を使って、無用なだけでなく、国を荒らし、不毛の地にしてしまう公共工事を、際限なく繰り返しています。
どうしてこんな世の中になってしまったのでしょう?悲しくなってしまいます。

「よみがえれ!有明海訴訟」をささえる「支援する会会員(サポーター)」を募集中です。「諫早湾干拓中止・有明海再生」を望む人は、誰でもなれます。会費は個人1口1000円、団体1口3000円です。下記の連絡先までお問い合わせの上、お申し込みください。
長崎 095-828-6176 佐賀 0942-25-3121 福岡 0944-59-7875 熊本 0968-78-3423


 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking



何の為の結婚の制度か 

離婚後300日以内に生まれた子供の戸籍は、前夫の承諾なくては入籍出来ないという制度が邪魔をして、本当の父親の戸籍に入れることができないのは、何の罪もない子供の人権を無視するものだと、抗議行動を起こしている両親達のことがニュースになっていました。
 此れは明治38年に出来た法律だから、時代に合わないとて、改正を迫る抗議だと聞きました。
明治時代には、武士だった人々が、まだ現役で残っていた時代ですから、江戸時代の、『不義密通は、二つに重ねて四つに切る』の感覚の時代ですから、女性の不義密通には特に厳しかったのでしょう。
 しかしながら今、時代に合わないからと、不義密通の子供を、おおっぴらに認めるような法改正をすると、今度は別の問題が出来てしまうと思うのです。
それは、最低限の契約であるはずの、不貞を働かないという約束がおろそかにされることになり、婚姻制度の意味がなくなってしまうのではないでしょうか?
只でさえ離婚の増えた現代に、そんな事をしたら婚姻制度の崩壊に繫がる恐れは無いでしょうか?
 しかしながら、現代に即さない所がひとつ気になります。
それは男女の不平等ということです。
父親の場合は、婚姻中浮気で子供が出来た時、子供のために分かれてくれと迫り、子供に罪はないのだからと、身を引く優しくも哀れな、子の無い正妻の話を、しばしば耳にします。
 此れも不義密通によって出来た子供なのですから、離婚後300日以内の生まれならば、嫡出子として認めさせるのは、男女平等の精神から言って不平等ではないかと思います。
 時代だからと言って、男女間の乱れを、公認するような法改正には、生まれた子供に罪は無く可愛そうですが、私には賛成できません(勿論早産等の不測の事態に対応する法改正はなくてはならないとは思いますが)そのためにもっと大勢の子供に被害が及ぶ恐れがあると思うからです。又生まれた子供のことを考えたら、不義の子を産む恐れのあるようなことは、出来ないはずではないでしょうか?法律は既にあったのですから・・・・
 だからここは、男女平等の観点から言って、男性も婚姻中の子供を、その妻の同意が無くては、戸籍に入れられないし、又嫡出子としては入れられないように、法改正するべきではないかと思います。
子供に、健全な家庭を守ってあげることが、婚姻制度の一番の目的ではないかと思うからです。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


政治におけるTPO 

ファッションの世界だけでなく、政治においてはもっとTPOというものが大事なのではないかと思います。
どういう社会情勢の時に、誰が、何の為に、その改革をしようとしているのかということです。
今から18年程前、消費税が導入された時の事が思い出されます。
消費税導入を主張している面々は、このままの状態で行くと何年後には、年金が立ち行かなくなるから、将来の年金の為に、今から消費税を取って、積み立てておかなければならないと言っていたのでした。
その時にはまだ厚生年金の積立金は、百何十兆円もの余裕があったのにです。
その後消費税の収入は、積み立てられるどころか、年金の積立金迄を、必要も無い公共工事なるものの為に湯水のように、使いまくって現在に至っています。その額は何と9兆円余りになるとか。
消費税が導入されたために,政官共に、此れで安心して無駄遣いできるとばかりに、無駄な公共工事に張り切り始めたのでした。
 年金は破綻どころか、まだまだ余裕が有る時に、消費税を取り始めたために、消費税分だけでなく、年金の原資にまで食い込んで、無駄ずかいされる羽目になってしまったのです。
今、アメリカ軍が引き揚げた時に、自力で国防が出来るようにとか、本当の独立国になる為にとか言って、憲法9条の改訂をしようと、安倍総理は焦っているようですが、米軍は今、引き揚げるどころか、日本に司令部まで置こうとしているのです。こんな時に憲法9条を変えたくらいで、いきなり独立国になれるものでしょうか?
まさか独自の軍事力で、アメリカを追い出すなどというのではないでしょう。そんな戦争をして勝てるわけもありませんし・・・
米軍が帰国してしまった時、その他の国からの侵略に備えるのだって、アメリカが帰る時には、帰るという通達を、よこすに違いないのですから、その時に思案しても決して遅くはないと思うのです。(現に韓国に対しても、米軍はその通達を出して後引き揚げることにしていますし。)
政治のTPOを間違えると、又えらい目に合わされるのが落ちではないでしょうか?
憲法改訂は、今は絶対にすべき時ではないと思います。
今憲法改訂をするのは、アメリカに、日本兵を提供するためとしか思えないではありませんか。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


憲法改訂に反対しよう 

朝日新聞の記事に、ワシントン発として、イラク帰還兵、陸軍病院を告発するというのがあった。
イラクで負傷して帰還した兵士を、左目を失った者とか、左目、左手を失った者というかなり重傷者も含んでいるのに、応急手当しただけで、次の手当ての方針が決まるまでということで、2年間も、壁にカビが沸くような衛生状態の悪い部屋で待たせたというのである。
名誉の負傷を負った英雄に、この待遇とはということで、議会でも問題になっているということだけれど・・・
 日本では安倍総理が、憲法改正に向けて動き出したという報道が有った。
憲法改正に向けて,国民投票法を5月3日の憲法記念日までに決めようと動き始めたらしい。
憲法9条を変えて、日本も他国と同じように、戦争のできる国に変えたいらしいけれど、甘い事を言われて戦争に行って、その挙句が、負傷兵を悪環境の中に放置、なんて事にならなければ良いがと、心配になってくる。
安倍さんはどうしてそんなに、憲法を変えたいのだろうか?
処で今日、毎日放送の関西限定の放送で、
『ちちんぷいぷい』というバラエティー番組が有るのだけれど、
その番組の中で、憲法改正は、すべきでないという意見を、出席者数人が、てんでに述べていた。
近頃珍しい番組の成り行きに、ちょっと嬉しくなった。
「これから憲法改正についての番組が増えるかと思うけれど、憲法改正反対の者は、お金のない者が多いからな~」と嘆く言葉が印象に残った。
テレビの放送は、スポンサー(お金持ち)の意のままになるしかないのだろうから。
憲法改正の悪企みは、絶対に撃退したい。
少なくともアメリカが、日本兵のイラク派兵を待ち望んでいる、今は!

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


森林保護区の緑化 

3月5日の朝日新聞天声人語を見て、家族で笑った。
中国から届いたという話で、雲南省のある県が、森林保護区の禿山を、ペンキで緑化したというのである。採石場後の岩肌を7人が45日かけて染め上げたという。
地元の人もあきれているということだから、中国人が皆こんな低脳であろうとは思いもかけないけれど、ここまでお粗末な人間が、その県の権力を握っているのであろうと思うと、気の毒になると同時に恐ろしいことだと思った。
 おそらく、県の役人の中にも、そんな馬鹿な事を・・・と思うものが何人も居たに違いない。それでも下手なことを言って、にらまれたら大変なめに遭うと思うから、皆口をつぐんだのであろう。
 中国もいまや2世3世の時代になって、親の七光りで指導者になっているケースが多いのではないかという推測が裏ずけられるような話である。
 日本も2世3世の議員だらけで、色々問題が山積してきつつあるが、政治家が汚いからといって、立派な人が政治から遠ざかるならば、益々政治は汚くお粗末になって、結局国民が困ることになるのだから、志の高い有能な人に、今こそ政治を目指していただきたいなと痛感した次第です。
緑のペンキを塗って緑化が出来たと思うような人が、権力の座に居座らないうちに!

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking



いじめ問題 

 昨日NHKで、いじめ問題の特集をやっていました。
始めのちょっとだけしか見ることが出来なかったのだけれど、そのすさまじさに、いじめの最中に有る人にとっては、私の話(前記事 学級崩壊)等何の参考にもならないだろうなと思いました。
しかし、いじめと言うものは、いきなり強烈なものになる事はむしろ少なくて、段々とエスカレートして行くものではないでしょうか?
そのすさまじい状態になる前に、自分で反省してみて、どう考えても、相手の言い分(又は態度)が理不尽である場合には、我慢したりしないで、はっきりと抗議するだけで、いじめのエスカレートを防ぐことが出来るケースが、大部分なのではないかと思うのです。
 内の娘の場合、一人娘だからと親が心配しすぎたのが、逆効果になって、自分は人付き合いにおいて、友達より劣っているのだと、思い込ませてしまったのでした。それが劣等感になって、馬鹿にされても意気地なく我慢することしか出来ない子になっていました。劣等感が劣等感を引き起こすという悪循環に陥ってしまって・・・
本当に不憫な事をしてしまいました。
親は心配して、確りしなければと励ましてしまう。励まされれば励まされるほど、娘の劣等感は募っていく、その繰り返しだったように思います。
いじめっ子は、相手が弱気だから苛めるのです。始めから負けてかかることはないのです。
娘がいじめで苦しんだのは、全く親の所為であったと、娘に申し訳ない思いで一杯です。
此れから学校に上がるお子さんをお持ちの方、どうか、お子さんに余計な劣等感や恐怖心だけは、持たせないようにしてあげてください。
いじめ問題が騒がれれば騒がれるほど、親はビビッてしまうかも知れませんが、子供に気後れさせるのが一番の毒だと思います。
クラスの友達は皆同じ年齢の子で、妖怪でもなければ、鬼でも蛇でもありません。要らぬ劣等感さえ持されなかったら、子供は自分でちゃんとやっていくものだと思います。
 子供は信じてあげるのが一番だというのが今の実感です。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


学級崩壊 

姪の話を聞いて驚いた。
2月になって決まったということだけど、子供(小学校5年生)のクラスが学級崩壊してしまったというのである。
其れまで私は、学級崩壊というのは、象徴的に言っているだけで、崩壊しているようなものだという意味かと思っていたのだけれど、
本当にクラスが解散してしまうことなのだということを初めて知った。
後1ヶ月余りなのにと、姪はこぼしていたが、そのクラスの生徒は、10人位ずつに分けられて、各クラスに入れられるということであった。
 学級崩壊になった原因は、数人の生徒の母親が、先生を軽んじてPTAの時などにも、無理難題を言い立ていたが、それだけでなく、子供にもけしかけて、反抗させていたらしく、授業にならなくなっていたらしい。
 姪はPTAの時、先生に食って掛かるお母さん達に、ちょっと酷いのではないかとは思ったけれど、自分が口出しをした為に、娘が苛められたらかわいそうと思うと、何も言う事が出来なかったと、自分たち母親にも責任があったと、後悔しているようだった。
そして、他の子供の親達も同じような感じで、手をこまねくしかなかったようである。
そのクラスの先生は、小さい子供を持つお母さん先生で、特に優秀というほどではないにしても、取り立てて悪い先生でもなかったとのことだった。
たちの悪い人が数人居る時、周りの者が、自分に火の粉がかからないようにということを、最優先させて、見て見ぬ振りをする事によって、どれだけの悪事が横行した事でしょう。見捨てられた人達が、どれだけ悔しい思いをしたことでしょう。
 私も子供が小学校の時だから、十数年前になるのだけれど、その団地に移って間もない頃なのに、くじ引きで否応なしに、町内の子ども会の会長(役員10人)に成らされた事があった。子供の為に、変なことだけはしたくないと、意識しすぎ、張り切りすぎていたのだろう。
張り切りすぎている者を見ると、苛めたくなる種族があるもののようで(後でそういう心理があると聞いたのだが)随分理不尽な事を言い立て、嫌がらせ的なことをされたことがあった。
私自身への嫌がらせのうちはまだ、子供のために我慢せねばと思って頑張っていたのだけれど、執行部の会計の人が仕事の為に定例会に欠席が続いた時、仕事を休んででも出るべきだと言い出して、私にそう言ってくるよう要求して(まさに有無を言わさないような要求の仕方でした)来られました。
そして休めないのだったら、会計の役をやめさせて、他の人に代えよというのでした。
そんな事をしたら、その方の立場もないし、子供さんも何を言われるかわからないと思うと、黙っていられなくなりました。
忘れもしない義士祭の日、役員の半数が手伝いにかりだされ、一服している時でした。
その事を、とっちめる感じの物言いで迫られた時、それまで引っ込み思案だった私は、自分が決しておとなしいだけの人間ではない事にきずきました。
事細かく理由を並べ、そうする訳にはいかないという事を、はっきりと言ったのです。それだけで急にムードが変わっていました。
結局、この会長は弱虫らしいから、いたぶってやろうと言うので、強く出ていただけで、
相手が強かったら、すぐに引く。
苛めっ子も、苛め親も、要するに弱虫の強がりにすぎないのだと、その時はっきりと悟りました。
こちらが弱気で居る時にはどうにもならないと思っていたのに、年が明けた1月の例会から、雰囲気がすっかり変わっていました。
理不尽な事を言う人が居ても、その人が白い目で見られるようになり、
その後はすべて順調に推移し、何事も無く任期を終える事ができました。
今となっては懐かしい思いでとなっています。
今苛め等で悩んでいる人に、私は言いたい、始めから負けてかからないで!
いざとなったら、自分でも気付かないで居た力があることに、気がつく事があるかもしれないのだから!
われも人なり、彼も人なり。大した差が有るわけではない事ですし・・・

  宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。