Dendrodium 2007年02月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産党とは? 

もう死語となっているのかも知れないが、昔よく言われた言葉に
『若い内、共産主義にかぶれないような者は、たいした者にはならない。又共産主義を何時までも(年取っても)やっているような者は、只の馬鹿か、悪人である。』というのがあった。
昨日、天木直人氏のブログの閑話休題でみたのだけれど、
「現日本共産党委員長志位和夫の叔父である志位正二元関東軍少佐は、米国へ寝返って亡命したソ連のスパイであるラストボロフの協力者であった。善良な一般国民の中で日本共産党の支持者が増えないのは、日本共産党もまた暗黒史のもう一方の脇役であった事を知っているから」
というのが有った。
以前から私は疑問に思っていたことがある。
地方の首長選挙等で、共産党さえ出なければ、通ったであろう対立候補の当選を阻むために、共産党は候補者を出しているのではないかと感じる事が、何度も有ったからであるが、共産党は、本当に政治の改善を願っているのだろうかという疑問であった。
共産党の党是に、すべての選挙に候補者を出すと言ってあるからだとの説を聞いたことがあるが、何故そんな党是の改訂をしないのだろう?
共産党の資金源は赤旗という新聞の売り上げで、党員の只働きで収入を挙げていると聞いた事もあるが、赤旗はそんなに収益を挙げるほど売れているのだろうか? CIA等からこっそり、支援金が入っているのではないかと疑うのは、疑いすぎだろうか?

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


スポンサーサイト

君が代の伴奏を拒んだ音楽教師の裁判に思う 

君が代の伴奏を命じられたのに、自分の思想信条に反するからと言って、従わなかった音楽教師が、受けた処分を不服として争っていた裁判の、最高裁判決が出た。
{最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は「伴奏を命じた校長の職務命令は、思想・良心の自由を保障する憲法19条に反しない」との初判断を示し、教諭の上告を棄却した。
伴奏命令は(1)「君が代が過去の日本のアジア侵略と結びついている」とする教諭の歴史観・世界観自体を否定しない(2)特定の思想を持つことを強制・禁止したり特定の思想の有無の告白を強要したりするものではないと述べた。命令当時、君が代斉唱が広く行われていた▽憲法は公務員は全体の奉仕者と定めており、地方公務員は法令や職務命令に従わなければならない立場にある、とも指摘した。伴奏命令は(1)「君が代が過去の日本のアジア侵略と結びついている」とする教諭の歴史観・世界観自体を否定しない(2)特定の思想を持つことを強制・禁止したり特定の思想の有無の告白を強要したりするものではないと述べた。命令当時、君が代斉唱が広く行われていた▽憲法は公務員は全体の奉仕者と定めており、地方公務員は法令や職務命令に従わなければならない立場にある、とも指摘した。}
このニュースを聞いた時感じた事は、どうしてこんな件を裁判になどもって行ったのだろうという事だった。
公立の小学校の先生である以上、学校の命令に従うのは、公務員としての義務であるのは分かりきった事だと思うし、弁護士なら裁判の結果は見えていたのではないかと思うからだ。
其れを敢えて、裁判に持ち込むと言うのは、此れを敗訴させて、判例とする為ではないかと疑いたくなったのである。
此れで、卒業式で国歌を歌わない父兄や子供に、圧迫が加わる事はないだろうか?
ちょっと疑心暗鬼になりすぎているのだろうか?

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking


小泉前総理の真相を見て思う 

サンデー毎日のスクープで、書かれているという事だけど、
小泉前総理の言葉
「皇室は、最後の抵抗勢力だ」には驚いた。
色々問題のある総理ではあったけれど、あそこまで靖国参拝にこだわっていると言う事は、皇室尊崇の念だけはあるのだろうと、思っていたのだけれど、皇室典範の改正も、男系の男子皇族が40年間お生まれにならなかったという問題の、解決が主目的ではなくて、小泉にとっての抵抗勢力である、皇室の権威を下げたかっただけということなのだろうか。
近いうちには、日本の自衛隊は、アメリカ軍の指揮下に入るも同然の事になる予定らしいし,郵政民営化も、アメリカの要望に基づくものだった事も明らかになってみると、小泉が総理に選ばれる時、其れまでのルールを変えた形で、総理指名の選挙がされて選ばれたのもアメリカのお声掛かりであったことが覗えるというものだろう。
全マスコミが買収されて、小泉人気は弥が上にも煽り立てられていて、
『私に反対する者が、抵抗勢力です。』とまで言っても、輿論の反発も受けない位に、国民は酔わされていたのだった。
其れもこれも、アメリカべったりに、国を売って差し上げますとの、無言(もしかしたら有言か?)の約束を遂行しやすいようにとの、アメリカの配慮だったのに、私を含めた馬鹿な国民は、熱狂的に、彼を支持したのだった。
マスコミを読む力が無かったら、民主主義でも、一部権力者の思うままになるのだと言う事が、如実となった今、
多くのマスコミは大資本の援助なくしては成り立たなくなっているので、
(庶民の力では、マスコミを正す事はできないだろうし)
私達庶民も、ニュースの裏を読むことを、習慣づけなければいけない時に来ているのではないだろうか?
個人的には、あまり疑い深いのは感じ悪い事だけれど、
こと政治に関しては、眉につばしてかからなければ,いい様に操られてしまうものだという事を、痛感させられている今日この頃である。
でも、敵さんは賢いしな~ 
それでも、騙されない様心がけるという、意識を持つ事だけは忘れないで居たい。


 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking

花粉情報 

今年も2~3日前から花粉情報が始まった。
此れを見て小さい子供が、お母さんに、「花粉情報ってなあに?」とたずねる。
「此れはね、花粉症といって・・・・・・・』とお母さんは丁寧に説明してあげる。
子供は、世の中の人は皆花粉症になるものなのだと、早合点する。
花粉症は元々心因性のものだから、そのものが気になり、過敏になったら発症の予備軍になる種類のものと思われる。
背伸びしたい年頃の、子供は流行の先端を行くべく、花粉症になる。
友達が「どうしたの?」と訊ねてきたら、
「あなた、花粉症も知らないの? 遅れてる~」ということになるだろう。そこで又一人花粉症予備軍が増える。
花粉症の人は花粉情報を見るまでも無く花粉症を発症する位過敏だから、元々花粉情報など何の役にも立ちはしないと思う。
せいぜいマスクをして出かけるくらいしか予防の方法も無いのに、(そして其れで防ぐ事など出来はしないのに)毎日何回も何回も、天気予報のたびに花粉情報を、おためごかしに流している。
花粉情報なんて、有害無益!(トラックバックも御覧下さい)
いや薬屋さんにとっては、大変有益なのだろう!
資本主義とは恐ろしいものである。
その企業が儲かるためなら、戦争だって起こさせるし、詐欺まがいの投資活動だってするし、儲かるなら病人だって作ろうとする。
病人を作るのが目的ではなかったけれど、エイズに汚染されていると分っている薬を、わざわざ輸入して、血友病患者に投与した事も有ったっけ。
アメリカや、ヨーロッパのいくつかの国では、戦争請負業という、信じられないような会社まで出来ているという事を、何年か前テレビで見たことがあるけれど、インタビューされた一人の男性が、
『アフリカで50人殺しました。誇りに思っています。』と言っていたのには、驚くと言うか、あきれると言うか、
資本主義もここまで来ているのかと、暗澹たる思いであった。
資本主義は、素晴らしいシステムであると同時に、恐ろしいシステムであると思う。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking

憲法改訂反対 

アメリカの現状を報道する番組を見ていた時、これから出征する予定の兵士の妻が、言っていた言葉が印象に残っている。
『足を切ってでも,行かせたく無い!』
アメリカは大統領が民主党に代わったら、イラクから撤退となるらしいし、ほぼそうなる見込みとの予想であった。
 イラクについては只ブッシュ氏が、自分の業績を少しでも、ましなものとして取り繕いたいというだけのものではないかと感じた。
ちゃんとした解決をつけることは、もう、ほぼ諦めているのではないだろうか?ブッシュが大統領である間だけは、このままの状態で、軍を引くのは余りに無責任に見えるので、軍を送り続けている、というのが現状ではないかと思う。
 アメリカ人をこれ以上イラクに送り込むのは、色々な意味で大変だから、日本に行かせたいのだろうけれど、
 元々国連の反対まで押し切って始めた戦争の、後始末の手伝いが,何で国際社会への貢献になるのだろう?
 そんな事の為に、日本は憲法改正など絶対にすべきではないと思う。
憲法9条を変えて真の独立国、などという腑抜けた事を言う日本人はもう居ないとは思うけれど、若しまだ憲法はアメリカの押し付けだったから、真の独立国になる為に、独自の憲法を等と思っている人が居たら、アメリカの副大統領が、何故わざわざ日本に足を運んでまで、憲法改正を迫るのか、考えて頂きたい。
 言うまでも無くアメリカの為に、日本の憲法を改訂させようとしている以外、有り得ないのではなかろうか?
 あと2年、アメリカの大統領が,変わる迄の辛抱で済むかも知れないのだから。

 宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking

民主主義を守るには・・・ 

先日書いた記事に寄せていただいたコメントが、図らずも民主主義はどうしたら、どうにかする事ができるだろうかという問答になりました。
コメント欄なのでお目に付きにくいかと思い、記事として出す事にしました。ちょっと長い物になりましたが、最後まで御覧いただけたらと存じます。


どうも日本という国は何でも白黒をハッキリと付けたがる癖がありますよね。右に傾けばどっと右に行き
左に傾けばどっと左に行く。どうして冷静に自分の意思を
決めれない人が多いのか。

多分、日本という国はひとりの意思以上に周りの空気が
圧倒的な力を持っているのだと思います。
この空気に飲まれないような政治家が出現しないと
駄目だと思いますね。
posted by 中生 URL 2007.02/10 13:05分 [Edit]
NoTitle
理想的な政治家が、存在するという思い違いが、小泉純一郎に、白紙委任状を渡させてしまった、1番の原因だったのではないでしょうか?白紙委任状を持たされたら、アメリカからの要求を断る言い訳がなくなってしまって、言いなりになるより仕方なくなったという部分も有ったのかもしれません。
それというのも私たち庶民が、小泉を希望の星のように錯覚してしまったからではないでしょうか?
 国民は、丸信じするのではなく、自分の頭で考える習慣をつけなければ、又誰かに騙されて、臍をかむ事になるのではないでしょうか?
 しかし此れは日本人に限った事ではなく、日本人は比較的には、賢いほうなのではないかという気もします。
 尚、外国は日本を孤立化させるために、嫌がらせをする場合も有るかもしれません。そんな時相手の手に乗って乱暴な言動をしたりすると、相手の思う壺になるかもしれません。
又、耐えてばかりいたら、どんどん付け入られて、譲歩するのが当然のように扱われるかもしれません
 ここをどうカジ取りするかも、政治家の大事な仕事だと思います。
その力関係を調節するために、政治運動や、反対運動や、様々な事が、うまく機能した時、外交もやりやすくなるのかもしれませんね。
 普通の国民にとっては、平和こそ1番の願いだと思いますが、
軍需産業とか、又軍備を調達する仕事についている人達にとっては、戦争が商売のチャンスであるというのも事実です。
 そんな勢力は、とかく争いを起こしたがるでしょう。
貴方には色んな事を考慮できる大人として、将来活躍して欲しいな!くれぐれも焦らないで!
 
 
posted by わこ URL 2007.02/10 20:28分 [Edit]
NoTitle
ええ、自分たち庶民は何にしろ平和を望んでいます。
誰も戦争なんて行きたくはありませんしね。

舵取りを上手く出来る政治家というのは大切だと思います。何事も押して引いて変幻自在なのが良いでしょう。
ハト派とかタカ派とか世間一般で括られていますが
本来であればそれを十二分に発揮できる人が総理という日本の代表を務めなければいけないんですがねぇ。
どうも今の現状ではどの人でも役不足な気が致します。
posted by 中生 URL 2007.02/10 21:11分 [Edit]
NoTitle
そんな有能で立派な政治家は、総理になりそうになる前に,アメリカが、芽のうちにと、摘み取ってしまうのではないでしょうか。
posted by わこ URL 2007.02/11 09:10分 [Edit]
NoTitle
いえ、自分たち国民が正式に送り込むのです。
アメリカだろうが北朝鮮だろうが邪魔をして来ても。
ちょうど昨今の現状を見るとまた日本に変革の時が来ていると感じます。
諦めてはいけませんよ。真のリーダーが訪れるまで。
posted by 中生 URL 2007.02/11 15:39分 [Edit]
NoTitle
日本は民主主義の国なのですよ。
それに大統領制ではありませんから、突然総理が出来る事は考えられません。
やっぱり徐々に地盤を作っていくよりほかに無いはずでしょう?
その間に、アメリカは、強力なスパイ組織を駆使して、何がしかの落ち度を探し出して、マスメディアに書き立てさせ、放送させて、輿論をその候補から離れさせるという、何時もの手で抹殺してしまうでしょう。
国民が皆、もっと洞察力を持っていたらそんな事にはならないのでしょうが、私のように単純で、額面どうり受け取ってしまう人が、大勢を占めているのではないかと思われますから、戦略にはまってしまうのではないかと思います。
 古くは田中角栄、最近では加藤紘一が有名ですね。
私たち庶民は、賄賂など汚職が大嫌いです。そこを突いてこられたら大抵の場合、ひとたまりも無いでしょう。
彼らは都合によって告発するし、言う事を聞く政治家であるならば、あらゆる策略を使って、国民の目をそらさせます。
 昔宇野総理は、玄人さんの女性と関係があったと、騒ぎ立てられて、やめさせられたことがあるでしょう。
 いざとなったら誘惑させたって、痴漢をでっち上げたって、騒ぎ立てて、信用を失墜させる事でしょう。
 民主主義は国民が成熟していなくては、どうしようもないもののようです。
 でも、民主主義を捨てたら、もっと恐ろしい全体主義になってしまうでしょうし・・・
金正日のようなのに居座られた日には、どうしようもないですものね。やっぱり、国民が確りしなくてはどうにもならないのではないでしょうか?
posted by わこ URL 2007.02/11 17:17分 [Edit]
民主主義の大切さ
TB有難うございます。
ブログのデザインがとてもステキですね~。(~~)

記事&コメント欄を読みながら「そうなんだよね~」と
心の中でつぶやいておりました。

私は21世紀になる頃には、日本の民主主義はもっと
成熟するのではないかと期待していたのですが。
成熟するどころか、後退してしまっているようで
コワイです。

これからもよろしくお願いします。m(__)m
posted by mew(mew-run7) URL 2007.02/11 23:58分 [Edit]
NoTitle
mew-run7さま
ブログのデザイン,誉めて頂いてうれしいです。私も気に入っているのですが、季節の物ですので、月が替わったら変える事になるかもしれません。
変えてばかりで、落ち着かない事です。
 
  来訪履歴に中学生でブログというのを認め(上記のコメント者)、覘いてみましたら、竹島を~という分が目に入りました。
此れは、口車に乗せられているだけなのに、自分で考えていると思い違いしている、背伸びした中学生なのだろうと、一人合点して、持ち前の(文字通りというべきか)老婆心から説教じみた事をコメントしたのでした。
 しかし、次回その書かれた記事を見て、中学生にしては確りした論を述べておられるので、こんなに賢い中学生も有るのかと、感心していましたら、
「中学生と書いてあるからといって、記事を読めば、中学生かどうか位すぐ分かるではないか・・・」という意味のコメントが目に入りました。
その時今更のように、自分の単純さを思い知らされたのでした。
中学生と書いてあったら、あくまで額面どうり中学生で、中学生にしては賢いな~と思うのです。
此れが嘗て私が、小泉純一郎に騙された素因であろうと、痛感しました。疑ってかかる時には、それなりに色々思いつくのですが・・・・
 普通の時にはまず信じてかかる、此れが普通人ではないかと思うのですが、私は、おめでたすぎる方でしょうかね?
 民主主義のことを、愚民主義とも悪口で言うようですが、自分のことを振り返っても、納得なのです。
しかし、偉い人だけの投票権というのでは、庶民は踏みつけにされっぱなしになりかねませんしね。
 
 mewさんのような方のご活躍を期待しています。
posted by わこ URL 2007.02/12 11:24分 [Edit]


宜しければお押し下さい
 Fc2 Blog Ranking







超大国アメリカ 

アメリカは、拉致問題にこだわる日本を、世界輿論に訴えて孤立化しようとしているのかもしれない。
 今、旧日本軍の従軍慰安婦問題、南京虐殺問題がクローズアップされて、特に南京虐殺は、映画化されるらしい。
 こうして孤立化するくらいなら、大人しくしていた方が、日本にとって余程ましだろうというのが、結論になるのかな。
 ほんの60数年前に、程度については色々な説があるかもしれないけれど、今アメリカがイラクでやっていることと、そっくりのことを、やったには違いないらしいから。
 政治の世界とはほんとに恐ろしいなと、今更ながら思い知らされている。(頭の良い人達が、練りに練った策略を引っさげ、日本をがんじがらめにしようとしている。それぞれに正義を味方につけて・・・)
日本が身の程を知ればよいということなのだろうか?
孤立してでも、己を通すべきなのだろうか?
 この前の戦争の時も、孤立させられて、暴発して、国民は憂き目を見させられたのだった。
 今、日本政府の政治的成熟度が、問われる時に来ているのかも知れない。YesかNoかだけではない、大人の外交を期待するものである。
 

   宜しければお押し下さい
   Fc2 Blog Ranking

北朝鮮問題の六ヶ国協議に思う 

 北京で北朝鮮問題についての、6カ国協議が行われている。
日本以外の国(中国、韓国、ロシア、アメリカ)は、北朝鮮の拉致問題は、協議からはずすと言っているらしい。
核問題の方が重要だから、今回は北朝鮮の機嫌を損ねないようにという趣旨らしい。
拉致問題に関しては、金正日に好いように馬鹿にされ続けてきている
日本としては、此れを不問に付して、核問題だけを扱うというのでは、金一派から更に馬鹿にされることになるので、何としても同調したくないことだとは思う
しかしアメリカは絶対に許しはしないだろう。
アメリカにとってこの悪辣な金正日は、得がたい存在なのだから。
敢えて北朝鮮とは言いたくない。金正日というのは、マフィア顔まけのギャングなのだから。
このギャング一派に居座られて、北朝鮮国民の苦労は想像を絶するものが有るのに、回りの国々は、自分達の国が難民を受け入れたくないから、そのギャングを何とか維持させ、君臨させておきたいと思っているようである。
そして其の事が、今アメリカの利益と一致しているのだ。
北朝鮮が悪ければ悪いほど、日本を縛り付けておく事ができるし、お金も搾り取る口実となる。
韓国も日本と似たような立場だと思うのだけど、同じ民族という事情が有って、どうしても北朝鮮に有利に動きたくなるのかも知れない。
そして中国以上に難民問題の心配もあろうから、自国民の拉致問題も我慢させて、金正日の便宜を図ろうとしているように見える。
 さてここで日本は如何すれば良い?
 如何する事ができる?
麻生さんは拉致問題をのけての合意は有りえないと言って、人気を上げているそうだけれど,其れにこだわっていたら、麻生さんだけでなく、(アメリカの言う事を聞かなかったら)安倍さんも更迭されるのではなかろうか?
アメリカにとって幸いなことに、日本国民も、安倍さんを更迭したがっている事だし、ここは其れに乗っかって,終に安倍辞任となっても、アメリカの意向と思う者は無いだろうと、踏み切るかもしれない。
そうすると、日本国民はアメリカの為に、安倍更迭をしたことになってしまうかもしれない。そして金正日はぬくぬくと生き延び、アメリカの手先として日本を脅迫し続けるのだろう。
これは私の杞憂に過ぎないのだろうか?
杞憂でなかったとしたら、さてどういう事に落ち着くのだろうか?
日本にも何か良い手はないものだろうか?

  宜しければお押し下さい
Fc2 Blog Ranking


地球温暖化 

昨夜放送の超地球ミステリー 1秒の世界を見た。
現在1秒の間に畳60畳分のサンゴが死滅しているという。
しかし、今ならまだ珊瑚を絶滅から救う事が出来るという。
気温がたまたまだけれど下がった時,その島のサンゴが
再生した事があるということだから。
でも今改めなかったならば、間に合わないだろうとも言っていた。
珊瑚が死んでしまったら
プランクトンが減り、
其れを食べていた小魚がへり
小魚を食べていた魚たちがへる。
そして終には、私たちの食卓にお魚をのせる事が出来なくなるということだろう。
 北極の氷が融けて,ホッキョクグマは既に絶滅に瀕しているという。
そして、数限りない種類の生物が絶滅に瀕している。
又文明とはかけ離れた、自然そのものの生活を続けてきていた民族の上にも、温暖化による異常気象は襲いかかっているという。
 世界の夜の姿を、人工衛星から撮った写真で見せられた。
日本列島はひと際明るく輝いていた。
温暖化を心配しながら,いまだにライトアップ、光の芸術と浮かれている現状を見るにつけ、日本人はこれからの事をどうするつもりなのかと、
分からなくなってしまう。
もう諦めてしまっているという事なのだろうか?
今ならまだ間に合うということなのに・・・・

       宜しければお押し下さい
   Fc2 Blog Ranking



     



或る産婦人科医の一日 

昨夜1人の産婦人科医に、密着取材したものが放送されていた。
その町には産婦人科の病院は他に無いという事情も有って、ベッド数20、毎日診察に来る妊婦さんの数が100人近くという、超過密スケジュールを、医師2人でこなしておられるという事だった。
 毎日3~^4人の出産に立会い(中には帝王切開も含まれる)
新生児の診察をし、
出産後のお母さんの体調も看て、
その上まだ診察を待つ100人近い妊婦さんの診察、
其れが終わったらカルテ等の書類整理。帰宅に付くのが10時過ぎになっていたのに、
翌朝6時半には出産が始まるというので、早朝出勤です。
ここ何年間か熟睡してないような気がすると言っておられた。
現在41歳で働き盛りだから、何とか堪える事が出来ておられるが、殺人的なスケジュールだと思った。
その上、医療関係の賠償請求訴訟で、だんとつ1位で訴えられる恐れが多いのが、産婦人科でもあるらしい。
 そういう事情が、益々産科医になる意欲を削いでいるからだろう、全国的に医師不足のため産婦人科を閉める病院が、続出しているらしい。
 女性に頑張れという前に、この状態を何とか改善するのが、少子化対策というものではないだろうか。
 これでは安心して妊娠できないだろうし、お医者さんも気の毒である。

 

通りすがりさんへ 

今日、石山寺の彼岸桜が開花したと言う。
2月上旬の開花は、石山寺でも此れまで絶えてなかった事だとか。
今日の近畿地方の最高気温は軒並み3月下旬から4月中旬並みの気温だったとの事である。
此れは今年だけの事なのだろうか、それとも予想以上に急速に温暖化は進んでいると言う事なのだろうか?
 温暖化だけでなく、環境汚染も相当なものらしいし、日本人の人口を無理してまで維持する必要があるのだろうか?
段々人口が減っていくのも,天の配剤なのかも知れないのに,どうして厚生相は、出生率にあんなにもこだわるのだろうか?
 将来年金が成り立たなくなる恐れがあるから、どうしても出生率を維持させたいだけなのではないだろうか? 
そういえば、柳沢さん今日又しても何か変なことを言って、物議をかもしているらしいですね。でも逃げ切るのかな?
日銀総裁も、ちょっと前ですが,逃げ切りましたものね。
 其れに暴言の最たるものはこんなものではなかったし。
イラクに自衛隊を派遣するかどうかが、審議されていた頃、「絶対に戦闘地域にはやりません」と断言した、時の総理小泉純一郎に、質問者が「非戦闘地域というのは何処ですか?」と訊ねたら(誰でも、そう問い返すだろうと思う)「そんな事私に聞いてもらっても、分かるわけがない!」と
臆面もなくのたもうた、
あの暴言さえ事なきを得たのだから、今度の柳沢発言位何でもないのかもしれない。
 年金の財源が余っているからといって、全く必要ない橋や,遊園地を際限なく作り続けて、1兆何千億ものお金を無駄遣いしても何のお咎めも無いばかりか、それらの無用の長物を、破格の安値で払い下げて、もう一度賄賂を取っても、スルーするんだから!
悪い政治家が捕まるとは限らないみたいですね。
 マスコミの取り上げ方が優しいからか、次から次に事件が起きるからか、国民はうっかりと、何もかも見逃していくのだろう!

バブルがはじけるまでの、戦後の日本は、いろんな面で恵まれていましたから、金持ち喧嘩せずで、すっかり鷹揚になっているのかもしれませんね。
 もう目を覚まさなければ、世界中、シビアになって来てるようですよ。
私たちが唯々諾々としている限り、宗主国アメリカの、日本政府につける注文は、エスカレートして行くばかりではありませんか。
下手すると、イラクの後始末も押し付けられるかも知れないし!
 日本人は後進国に比べて恵まれ過ぎているから、ここは平均化すべきであるという考え方も有るかもしれませんが・・・
私達はもっと覚悟をきめて、これからの道を選ばなければならないのではないでしょうか。(国民が反発する事によって、アメリカも少しは、日本への配慮の必要を、感じてくれるかも知れませんし)

   宜しければお押し下さい
   Fc2 Blog Ranking



日本の民主主義は大丈夫? 

二月に入って2日目にして,今年初めての雪が降った。
これも初雪と呼んで良いのだろうか?
1月は暖かい日が続いて過ごしやすくはあったけれど、ちょっと薄気味悪い感じがする。
夕刊に“今世紀末には4度上昇も“という記事が出ている。
 先日少子化対策について、柳沢厚生大臣が女性を機械に例えたと言う事で、国会が紛糾しているという事だけど、与党の大臣方は其れが何故ここまで反発を呼ぶことになったか、分かっておられるのだろうか?
 国民の為に国があるのか、国民は国の為に有るのかと言う問題ではないかと思う。
機械の数は決まっているのだからとか、1人頭何人生めるかとかいう考え方は、明らかに国民のための国というよりは、国のための国民と言う考え方を表した言葉だと思う。将来この地球がどうなるかとか、食糧問題が起こるかもしれないとか、不安材料が山ほどある時に、子供を生んでは可愛そうだと無意識に思って、子供を生まない人も多いのかもしれないのに、只 将来の年金の為に、子供を生めと言うのではちょっと無責任ではないだろうか?
これではねずみ講と同じ考え方のように思えるのは、私の僻み?シニミズム?最後に残されるかもしれない人々の事も考えて、公害問題にもっと本気で取り組んでいるのならともかく・・・・・。
それに国民のための国であるならば、生むか生まないかは、国民の都合に任せているべきで、国の将来のために生めと言うのでは、本末転倒かと思います。
今生きている人たち、又自由意志の元に将来生まれてきた人達が、出来るだけ幸せに生涯を終える事ができるよう協力しましょうというのが、民主主義の本来のあり方かと思っているのですが、其れは考え違いなのでしょうか?
 国のための国民と言う考え方から、国の為に死んで来いという思想も生まれるのではないかと思います。
誰かを犠牲にして(犠牲を強要して)自分たちだけ良いめに会おうという様な考え方は、根本的に間違っていると思います。
其れこそ利己主義というものではないでしょうか!
利己主義者たちが国を牛耳り、愛国心という名の下に、他人に犠牲を強要し、彼らだけの為の国という時代にだけは戻さないで欲しい。
安倍総理にはもう一度民主主義が何で有ったかと言う事を思い出していただきたいと思います。

    宜しければお押し下さい
   Fc2 Blog Ranking



    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。