Dendrodium 2006年09月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウオッチャーさんに 

貴方の最後のご意見私も同感です。私たちは後世の人たちに申し訳の立たない事をして来ています。使い捨て時代と浮かれて資源を無駄遣いし環境を荒らしまくってきました。そしてこれでは駄目だと分かっていても今の贅沢極まりない生活から抜け出すことが出来ないで居ます。それ処か一向に反省の色も無く乾燥機つき洗濯機なる物まで開発していますし、主婦はごみを出しに行くのまで車を使っています。一事が万事とどまるところが無いように見えます。かく言う私もこれまでに得た便利な物から抜けだせないでいます。国は借金をしてまでほとんど車の通らない道を作り続けています。惰性というのは恐いですね。
さて、雅子妃への嫌がらせとも思える数々の仕打ち、そんな情報をどこで得られたのですか?掃除人にまで雅子様のみならず愛子内親王様に迄口を利くなと耳打ちするなどこれは紛れも無いシカトではありませんか。これは氷山の一角で長年の間には想像に余りある嫌がらせがあったと推定されるではありませんか。それでお加減を狂わされておられる妃殿下の回復を阻止する様なことを繰り返しておきながらご療養費に10億掛かったと雅子妃をまるで無駄使いの元凶であるかのように非難するとはそれを宮内庁の職員が言っていたとしたら、もっての外の事ではありませんか?10億の経費の責任は宮内省職員の怠慢、もっと言えば横暴の所為だと言うことも出来るのではありませんか?宮内庁は年にどれほどの予算を使っているかは知りませんがその怠慢はなんとも思わないのですか?あれ程雅子妃を悪者に仕立てて恬として恥じない宮内庁の職員の考え方に気づかない人ではなかろうと思い、となると、もしかして宮内庁の広報担当者なのかと思い不毛の議論を重ねても埒は明かないだろうと思い打ち切りたいと申し出た次第です。でも学生さんとの事なので本心を明かすことにしました。国土交通省、通産省等々の腐敗は聞いていましたが、宮内庁まで汚染されていたとは創想像絶することでした。
アフガニスタン、イラクの現状を聞くにつけても日本に天皇陛下が居て下さったお陰で混乱無く終戦の処理戦後の復興が出来たのだと改めて実感させられています。天皇制は私たちの先祖が長年育んできた、一朝一夕には出来ないわが国の宝ではないでしょうか?会戦の責任については諸説有りすが、昭和天皇の御人柄はどを見ても好戦的な方には見えませんでしたね。最初私は下司の浅知恵で紀子様との葛藤かと思い違いしていましたが、それは見込み違いだったようです。美智子妃(当時)が皇后様に嫁いびりされて苦しんでおられると言う噂がしきりでしたが,あれも、皇后様も(当時の)冤罪に会っておられたのかもしれませんね!思い込みで疑って秋篠宮様には申し訳の無いことだったと反省しています。

スポンサーサイト

OZcwhYn6さんへのお答え 

私ごとき者の意見にお目を留めていただいて感謝しています。
おっしゃる通り仲良しクラブを求めていたのかもしれません。
でも反対意見も大歓迎です。自分の勘がどの位的を得ているのか居なのか又、独りよがりに過ぎないかどうかも知ることができます。でも泥仕合になるかもしれない反論はしたくないと思っていたので失礼が有ったかと反省しています。コメントに対してはすべて答えるか又はまったく答えないと言うのでなければならなかったのですね。お許しください。
又紀子妃の野心などと物騒なことを書いてしまいました。これは私の勘ぐりに過ぎ無いかもしれませんが、以前皇太子様が東宮御所のお役人に対するクレームを記者会見のような感じで述べられたことが有りましたがそのちょっと後で秋篠宮様のお誕生の会見で、秋篠宮様が兄君のなさった事をすべきで無かったと批評されました。そのとき御傍に居られた紀子様が普通でない意気込み方で同感の意を表しておられたのが印象的でした。あれは兄君にご忠告なされただけだと評論しているのを聞いたこともありますが、忠告なら直接なさるはずであれは明らかに皇太子様へ含むところ有りとの表明であろうと感じたしだいです。だから皇室に不安定要因は残さないほうが良いと思った次第です。

コメントに対するお返事 

反対意見に対する返事がないとのご指摘又何の為にブログを書いているのかとのご質問にお答えします。反対意見に対して返事をしないのは、いちいちご尤もであるからです。反論の余地がありません。しかし、私の直感が紀子妃の野心を感じているから、理屈抜きで思ったことを書いたまでです。(だから反論はしません)又なぜ日記をブログに載せるのかといえば、マスメディアの意見ばかりでなく、利害の無い1個人の感覚というのが多数の人に見てもらえるシステムだから、自分の意見がどんな反応を得ることが出来るのか興味があったのと、先の項でも書きましたように世の中の意見を一元化しない為の一助になればとの希望を持ったからです。(マスコミにはスポンサーが付き物でしょう?)
それが生きがいとなって、ボケを少しでも遅らせることが出来れば社会に対してご迷惑を掛けるのが少しでも少なくて住むのではないかと思うのです。

ブログって面白い 

ブログって面白いなと思った。賛否さまざまだけど自分の意見に反応があるというのはこの上なく嬉しい。一文不知の尼入道のような者だけれどこれからも、学問をした人とは違った観点からの感想を出して(、物の見方が一元的に成らない為に)少しでも世のお役に立てるのではないかと、ほのかな希望がわいてきたしだいです。
『万巻の書を読みても、後世を知らざるを愚者となす、一文不知の尼入道なりとも後世を知れるを・・・・・』

続きを読む

9月27日 

昨日書いた皇室典範についての意見にコメントが寄せられていた。初めてのことなのでとても嬉しく、私の意見に賛同してくださった真澄さんという方にお返事したつもりでコメントランに記入したら、それは其のまま自分へのコメントになっており宛名も呼び捨てになってしまった。大失敗!今日も良いお天気で、過ごしやすい1日だった。この平安がいつまでも続きますように!

皇室典範改正について 

先日秋篠宮妃紀子様が親王様を出産された時の特別番組で、皇后様の写真と並べて見せて、紀子様が近頃皇后様に似てこられたと頻りに持ち上げていた。
その写真を見るに頭の角度などは真似して似せておられるのは分かるけれど、そのお顔から感じられるものは全然違うように思われた。
心からなる優しさと、形だけ真似たものではかなり印象が違ってくる。
天命を受けてその役目を忠実に果たそうとしている人と、
自分の為に世に出たい人との違いというべきか!
向上心は良い事ではあろうけれど、
高貴のお方は心の中の向上心を大事にして、
外面的向上には恬淡としていて頂きたいものだ。
それで無ければ皇室の美風は,勢力争いなどという下卑たことどものために,消し去られてしまうかもしれない。
雅子妃の苦悩は別に成りたくて成られた訳でもないのに、
その地位をそねみ何かにつけてその心を傷つけようとする動きに、苦しめられておられたのではないかと思われる。
それと言うのも皇室典範に、男系の男子と成っている為に、欲を出したくなられる方があったからではないかと思われるのである。
私達庶民が皇室を敬愛する理由の中に,出世欲などという下卑たもの等とは無縁の,高貴な,
只この国の人々が幸せに繁栄することだけを、日々念じていて下さる方々だと思っている事があるのではないだろうか?
そういう意味で雅子様のように、三顧の礼ではないけれど、請われて請われて、
それを何年間にも渡って辞退し続けられ、
遂に皇太子様のご誠意に動かされられて、
皇太子妃になる事を受け入れられたような方こそ、
高貴な皇室の美風を維持してくださる方だと思うのである。
他の者が欲を出したくなるような不安定要因は残さないように、
皇室典範はきちんと改正し、後顧の憂いを残さないようにして頂きたいものである。

般若心経 

般若心経の次のフレーズが此の頃頓に心に響き、腑に落ちる気がする
『無有恐怖遠離一切顛倒夢想究境涅槃』
これまで私は何と色々の顛倒夢想に悩んできたことだろう!そんな物は皆自分の思い違いに過ぎないのに、絶対不変の抗す事の出来ないものと思い違いして苦しんでいたのだった。
娘は無事25歳の誕生を迎えることが出来た。もう大丈夫,しっかりした子だから何も心配することは無かったのだった。
嬉しい,有難い・・・・・

続きを読む

秋の彼岸 

彼岸の中日も過ぎて、いよいよあき本番になろうとしています。
暑さが重荷だったけど今度は寒くなるのかと思うと、暑い日が名残惜しくさえ感じられてくる。今が一番好い季節だというのに!
明日は一人娘の25回目の誕生日、思えば良くぞここまで成長してくれましたという思い。思いかえせば・・・・・

ご無沙汰していました 

最近パソコンを買い換えまして、慣れるのに時間が掛かっていました。
また、少しずつ書いていければと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。