Dendrodium 労働問題

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さく生んで大きく育てるby塩崎厚労相 

テープ暴露…塩崎厚労相が残業代ゼロ法案「とりあえず通す」
2015年4月28日 日刊ゲンダイ

 塩崎恭久厚労相のサラリーマンをなめた発言が、いよいよ国会で問題になりそうだ。

 労働時間の制限をなくす、いわゆる残業代ゼロ法案を巡り、塩崎大臣が今月24日、経済人を集めた会合で「(この法案は)小さく生んで大きく育てる」「とりあえず(法案は)通す」などと言っていたことが明らかになっている。

 残業代ゼロの対象を最初は限定的にして法案を通し、その後は対象を広げていくという宣言なのだが、この大放言がテープにばっちり、とられていて、28日午前に開かれた民主党の厚生労働部門会議で山井和則衆院議員が暴露した。

 録音テープの音声はこんな感じだ。

〈経団連が早速1075万円(の下限を)を下げるんだと言ったもんだから、質問がむちゃくちゃきましたよ。ですから皆さん、それはぐっと我慢して頂いてですね、まあとりあえず通すことだと言って、ご理解いただけると大変ありがたいと思っています〉

 これだけで辞任ものである。


これだけで辞任ものであるとあるが、塩崎氏の辞任の話はまだ聞いていない。
塩崎大臣が今月24日、経済人を集めた会合で
「(この法案は)小さく生んで大きく育てる」「とりあえず(法案は)通す」と言っていたそうであるが、
これは自民党の政治家としたら当然の考え方だから、辞任など思いもよらない事なのかもしれない。

パンダの赤ちゃんは生まれる時には、親に較べて本当に小さいから、
さぞ安産だろうな~と思った事があるが、
塩崎厚労相を含む自民党の政治かたちは、
もしかして、パンダの信奉者だったのか?
いや、安産の守り神は「犬」の方だった。
道理で「小さく生んで大きく育てる」という標語が、自民党の政治家の標語になる筈である。

自民党の政治家も、
権力者の為に全身全霊を傾けて働く覚悟でも、国民の代表を騙って政治家になっている以上、
国民の賛同を得た事に出来ねば立場を失うことになるから、
彼等は常習的に国民を騙すことを目論んでいるのだろう。
そんな自民党の政治家であるから、つい言ってしまった言葉なのだろうけれど、
「小さく生んで大きく育てる。」とは、何と言い得て妙の迷言だろう。

そう言えば消費税を創る時にも、「3%以上に上げる事は絶対にありません。」と、
当時の自民党政権も言っていたものだったが、
今や消費税は将来20%まで上げる必要があるとまで、御用評論家に言わせている。

日用品から食料品に迄一律に掛けられる消費税は、一般の消費者にも大変な災難だけれど、
下請けで部品を作っている中小企業にはもっと災難だろう。

消費税とは部品を集めて製品にする製造会社が、
下請け企業が納めた税金を輸出戻し税として、一括して受け取る事の出来る、
自動車や電機などの製造会社にとっては、打ち出の小槌のような税制である。
下請け業者が血のにじむ思いで納めた消費税を、
大企業は自分では納めていないのに、戻し税として莫大な額の戻し税を一括して受け取るのである。
そしてこれら自動車会社などの大企業は、実際に消費税を納めた下請け企業に、払い戻したりはしていない。
全額を自社の収入として横領してしまうのである。

トヨタ等は2291億円(03年度分)の払い戻しを受けている。
(消費税収の23%が大企業へ トヨタ1社で2,291億円
関東学院大学教授 湖東 京至さんが試算
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/061106/061106.htmlによる)
これは消費税5%だった2005年の数字だから、消費税が10%になったら倍になることが予測される。
消費税が20%になったら、2291億円の4倍になるのだから、
消費税は高ければ高い程望ましいという事になるのは、彼らにとって当然であろう。

財政健全化の為に消費税増税やむなしと言って消費税率を上げながら、
安倍内閣は新年度予算も、引き締めをするどころか、
無駄遣いを無制限に拡げて、借金財政を改める様子はない。
そして、財政健全化の為には消費税を上げるしかないと、
相変わらず御用学者はのべつ消費税の増税を主張している。

消費税は現在の所、「小さく生んで大きく育て」られた、
国民から収奪する為の法律の筆頭かも知れない。
自衛隊の海外派兵は、「小さく生んで大きく育て」られる、
次の筆頭候補となろうとしているが、
こちらはお金だけの問題ではない。
今度自公政権によって宗主国に捧げられようとしているのは、日本の税金と共に、
日本人の命そのものも含まれているのである。

彼等自公政権の政治家達は、自分たちの地位を保つ為だったら、
「国民の財産でも命でも何でも二つ返事で捧げるます。ですから慌てないでください、細工は流々、小さく生んで大きく育てましょうよ。」という訳なのだろう。

塩崎厚労相のこの発言は、
「小さく生んで大きく育てる」をモットーとしている自民党の政治家が、
経済界や宗主国を喜ばす為に、国民を騙すのを主な仕事としているという事が、如実に顕われた発言であった。

「小さく生んで大きく育てる」の経済界への言いわけの逸話は、
日本人を目覚めさせる為の、
秀逸のエピソードであったと言えるのではないだろうか。

スポンサーサイト

安倍政権閣僚達の腐臭にまみれた酒池肉林の一大スキャンダル 

もう目にされた方は多いと思うが、
ASKAの覚せい剤事件の陰に、安倍政権の閣僚達が隠れていたと言う。

週刊実話が暴いた安倍政権閣僚達の、
腐臭にまみれた酒池肉林の一大スキャンダル

酒池肉林を提供してくれるパソナを助ける為に、国民の血税を使ってパソナを応援し、
労働条件を無限に悪化させ続けている安倍政権。

集団的自衛権容認で国民の命まで差し出す法改悪、しかも憲法違反を無視した法改悪を急ぐのも、
やっぱり彼等(安倍政権の閣僚達)に快楽を供給してくれる者の為なのかも知れない。
   (以下引用)

週刊実話の一つの記事が安倍政権を倒すことになる

天木 直人 | 外交評論家
2014年6月5日 19時12分
これまで書いてきた私の配信の中で、これほど驚いて書いた配信は、後にも先にもない。

それほど衝撃的な配信だ。

たまたまコンビニに立ち寄って見つけた週刊実話最新号(6月19日号)の中に、ASKA麻薬事件があぶりだした安倍政権中枢と官僚たちとパソナ人材派遣大手(南部靖之代表、竹中平蔵グループ総支配人)の、酒と女と麻薬の権力汚染を見事に白日の下にさらした記事を見つけた。

これまで、日刊ゲンダイを先頭に、数々のスキャンダル雑誌が断片的に書いて来たが、この週刊実話の記事は、渾身の総力取材で書かれた決定打となる記事だ。

もはや出た以上、止められない。

インターネットでコピーが瞬時に全国をかけめぐる。

それを目にした国民なら、気が狂うほど怒りに震えるだろう。

消費税増税に泣かされ、年金負担増と支払い引き延ばしという詐欺に苦しめられ、その上、医療切り捨て、介護無視で、弱者はアベノミクスに役立たずだから早く死ねと言われ、家庭生活や夫婦仲まで悪くさせられている善良な国民をバカにする安倍政権の連中が、よりによって悪徳企業の代表みたいな派遣会社に、カネと女と酒をただで世話してもらい、人材派遣という搾取政策でおかえしする。

あまりにも出来すぎた話だ。

これでなにもかも合点行く。

すべてのニュースの大騒ぎは、このパソナ汚染隠し、だったのだ。

しかし、週刊実話がここまで書いた。

回収されても、もう遅い。

いったんネットで流されたらおしまいだ。



みんなどんどん流そう。

さすがの大手メディアも書かざるを得なくなるだろう。

さもなければ、彼ら大手メディアもこの腐臭にまみれた酒池肉林の一大スキャンダルの仲間だったという事になる。

メディアとしては致命的で、会社はつぶれるだろう。

精錬潔白な万年野党は、今度こそ政権をとる千載一遇のチャンスだ。

そして万年野党が政権を取ると、日本はよくなるかもしれない。

絶望と思われていた日本に一筋の光明が差すかもしれない。

間違っても安倍自民党政権とそれにスリ寄る政党に、怒れる善良な国民の票が行くはずがない。

週刊実話のひとつの記事が、日本に平和革命を起こすことになる。

主役はあなた、ひとり、ひとり、だ。

何も面倒な事をする必要はない。

怒りの1票をぶつけるだけでよい。

ただそれだけで日本に本物の革命が起きる。(了)

労働者の権利を狭め続ける安倍政権が招待されるメーデー 

安倍首相、メーデー出席へ=公明・山口代表も
 安倍晋三首相は18日、連合が26日に東京都内で開くメーデー中央大会に出席する方向で調整に入った。連合の招待に応じるもので、自民党政権では2001年の小泉純一郎元首相以来13年ぶり。首相としては、今年の春闘で自ら経済界に賃上げを呼び掛け、これに応じる形でベースアップ回答が相次いだことを政権の実績としてアピールしたい考えだ。

 公明党の山口那津男代表も18日の参院議員総会で「政労使の協議の場を設け、賃金上昇を促してきた経過もある」と語り、出席の意向を明らかにした。同党代表としては14年ぶりの出席。民主党最大の支援組織の主催にもかかわらず、与党党首がそろって出席する異例の大会となる。 
[時事通信社]


ウィキペディアによると日本における労働団体が挙行した最初のメーデーは、
1920年5月2日日曜日(主催:友愛会 司会者:鈴木文治)で、上野公園(現在の東京都台東区)で行われ、
およそ1万人の労働者が「八時間労働制の実施」「失業の防止」「最低賃金法の制定」などを訴えたものだそうである。

今年伝統のメーデーを主宰する連合は、
労働者の権利をどんどん狭めて行っている安倍政権の与党、
自公両党党首を招待したそうである。
招待に応じて自公両党党首は、揃ってメーデーに出席する事にしたそうである。

メーデーとは労働者の権利を守る為の祭典と聞いていたが、
今や支配者の祭典になっているのだろうか?
労働者を無際限に働かせるブラック企業の社長を与党自民党所属代議士にしたり、
派遣切りなど自由に出来る様、更に規制緩和を行おうとしている安倍政権が、(こちら
日本労働組合総連合会(連合)にとって、招待してお礼を言いたくなる存在なのだとしたら、
連合は一般労働者の組合ではなくなっているという事なのだろう。
一般労働者から見たら労働貴族の組合が、連合という事なのではないだろうか?

又、戦後のメーデーでは戦争反対を謳っていたが、安倍政権は長年守られてきた平和憲法を解釈改憲して、
日本を戦争の出来る国にしてしまおうとしている。
そして日本の若者をアメリカの戦争の役夫として差し出そうとしている。

日本の労働者は今、本当の労働組合を再結成するべき時に来ているのではないだろうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。