Dendrodium 命の水

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旱魃地域での天然水のボトル飲料工場 

干魃顧みぬネスレ天然水工場計画に反発
2015.6.4 07:13
 スイス食品大手ネスレが米西部オレゴン州で天然水のボトル飲料を生産する計画に対し、地元議員や環境保護活動家による反発が強まっている。反対派は、同州で干魃(かんばつ)が拡大する中、企業が天然資源から利益を得ることを容認すべきでないと主張する。

 オレゴン州水資源局は、ネスレが同州ポートランドの東方71キロにある静かな町カスケードロックスから天然水を購入する計画について検討している。同社はこの町でボトリング工場を開設する予定。

 計画に反対するリニンガー州議会下院議員(民主)は「ネスレの計画は警鐘を鳴らすものだ。気候変動による将来への影響が懸念される中、オレゴン州の住民や環境、魚類、農家のための水資源確保に向け、思慮深い行動を取る必要がある」と話す。

 干魃が続く米西部では他の土地に移らざるを得ない農家もおり、住民は節水を義務付けられ、政策立案者らは太平洋の海水の淡水化を検討している。そんな中、ネスレや米コーヒーチェーン最大手スターバックスなど水のボトリングを手掛ける企業の動向が注目されている。

 反対派は5月20日、カリフォルニア州のロサンゼルスとサクラメントにあるネスレのボトリング工場に集まり、同州が歴史的干魃に見舞われている間は操業を停止するよう求めた。スターバックスは7日、干魃を理由にミネラルウオーター「エトス」の生産をカリフォルニア州からペンシルベニア州に移す計画を発表した。


2~3年前からアメリカ西海岸の旱魃(雪不足が招く米国西部の干ばつ)が問題になっていたが、
その米西海岸のオレゴン州で、ネスレは天然水工場を始めようと言うのだから驚きである。

もしかしたら水圧破砕方式のシェールガス採取で、アメリカのいたるところの水質が汚染されて終っている為、
ボトル飲料として採取するに適当な水源が少なくなっているため、
水量は少ないが水質が比較的良好であるという事で、
現在深刻な旱魃に苦しんでいる西部地域での、ボトル飲料生産工場が計画されたのではないだろうか?

近くにシェールガス採掘場のある河は、軒並み猛毒に汚染されているそうだから、
アメリカの河は大河が多いから、シェールガス採掘で汚染されている地域も広大な地域で、
被害住民も相当多数だろうと思われる。
その被害住民が飲み水をボトル飲料に求めているとしたら、
アメリカのボトル飲料の需要は相当に大きくなっているだろう。

しかし、今や数少ない汚染されていない水流を、ボトル飲料に持って行かれたら、
アメリカの農業は、農家はどうなってしまうのだろう?

もしTPP成立後に旱魃地域に飲料水工場が作られようとした場合、
住民は反対する事が出来なくなるのではないだろうか?
これは水源の横取りであるが、
地下資源を取り出すために、地域が汚染される恐れがある場合でも、
TPPによって、住民は業者の計画を差し止める事が出来なくなってしまうだろう。

どんな業種であっても営利企業は一般的に、それが住民の死活問題であっても、
自社の営利を最優先すべきであると考える種族が多いようであるから、
このような種族にTPPのISDを与えたりしたら、住民はどんな酷い目に合わされるか恐ろしい限りである。

スポンサーサイト

大阪都構想の賛否投票日を前に 

大阪都構想:首相関西入り波紋 住民投票直前に 維新と自民、賛否チラシでPR合戦
毎日新聞 2015年05月16日 東京朝刊
 安倍晋三首相が「大阪都構想」の賛否を問う住民投票(17日)を前に16日から関西地方を視察することになり、自民党大阪府連と大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)がやきもきしている。首相は大阪を通過するだけで街頭演説などはなさそうだが、双方が首相との近さを競い合うだけに、一挙手一投足が気になるようだ。

 「安倍政権絶好調だから、官邸が言えば『そうしよう』と自民支援者は思う」。橋下氏は14日、記者団にこう語り、菅義偉官房長官が都構想について「二重行政を解消するのは当然」と理解を示した発言に電話で謝意を伝えたことを明らかにした。ただ、菅氏は15日の記者会見で「私自身の率直な気持ちを申し上げた。(お礼されるような発言との認識は)全くない」と踏み込むのは避けた。

 住民投票への賛否の訴えで、自民府連は首相の写真入りのチラシに「後悔しても元に戻せません」との言葉を付け、反対をアピール。維新は、都構想の意義を語る首相と菅氏の似顔絵入りの折り込みチラシ=を配布している。

 自民の大阪市議は「首相が来るならマイクを握らなくても『頑張れ』と激励してくれれば十分」と語る。報道各社の世論調査で自民支持層の2〜3割が「都構想賛成」と答えており、支持者を「反対」に引き戻したい考えだ。一方、維新の大阪府議も「維新の応援演説をしてくれるかも」と期待を隠さない。

 首相は16、17の両日、神戸市で阪神大震災の復興状況を視察、和歌山県の高野山、熊野古道なども視察する予定。官邸関係者は「大阪は素通りするだけ」と口をそろえている。【平川哲也、前田洋平】


大阪都構想の賛否を問う日が明日に迫った関西に、安倍総理がやって来るそうである。
絶好調の安倍総理等と持ち上げているが、どこが絶好調なのだろう?
しかし、マスコミが絶好調と言うから、安倍総理は絶好調なのだろう、と思う有権者も大阪市には大勢あるかもしれない。
そんな事で大阪都構想が通ったりしませんようにと祈るばかりである。

橋下市長は以前から大阪の水道を民営化したがっていたが、
大阪都構想が実現したら得たり賢しとばかりに、
真っ先に、大阪府の水道水を、民営化すると言うのではないだろうか?

水道水を民営化などさせたら、業者はフッ素を入れる事にしているらしいから、
府民の健康が、大変な事になるのに・・・・・

In Deep『私達を含む多くの人類の松果体はフッ素による石灰化により、既に「永遠の機能停止」に陥っているかも知れない』によると、
日本ではまだ水道水にフッ素の添加はなされていないが、
アメリカでは水道水の60%~80%にフッ素が添加されているそうである。

最近アルツハイマー病が増加している事が、しばしば話題になっているが、
下図の様にアメリカと較べると日本のアルツハイマー病は、可也少ない方である。
アルツハイマー病の歴史
そして、このアルツハイマー病のアメリカでの増え方と、アメリカの水道水へのフッ素添加の歴史とは、
下図のように、似た軌跡を示しているのである。
アメリカのフッ素転化グラフ

又、世界の水道水へのフッ素添加の状況は下図の通りである。
フッ素の水道水への添加状況
フッ素添加の割合


アルツハイマー病などでの神経性疾患での死亡者数の国際比較(1960年-2009年)は下図の様になっている。
アルツハイマー病国際比較

これらの図はアルツハイマー病とフッ素の水道添加との関係を、弥が上にも感じさせるものである。

橋下市長の大阪都構想の目論見で一番に危険を感じるのが、水道水の民営化である。
そしてもう一つが、カジノ誘致である。
これらは何所から見ても、業者の働きかけに答える為の施策である。

こんな企みにGOサインを出すような大阪市民ではないと信じたいが、
未だに橋下徹を支持している者が、大勢あるらしい噂を耳にすると、心配になって来る。

水道民営化は大阪で何とか阻止して欲しいものである。
大阪を足場に滋賀県まで、水道民営化が進められる事態になったら、
琵琶湖の水まで危なくないり兼ねないし・・・・・

*************
続きを読むに、In Deepの記事で紹介されていた、
アメリカ国立がん研究所の所長を務めた後、生涯を通して水道水フッ素化への反対を主張し続けた
アメリカのディーン・バーク博士( Dr. Dean Burk )の 1976年のアメリカの連邦議会の議事録から、
「フッ素化は大量殺人のひとつの形態である」- ディーン・バーク(1977年)を載せておきます。

続きを読む

「フッ素化は大量殺人のひとつの形態である」byディーン・バーク(1977年) 

In Deep「私たちを含む多くの人類の松果体はフッ素による石灰化により、すでに「永遠の機能停止」に陥っているかもしれないによると、
虫歯予防に有効と言われているフッ素には、人体にとって恐ろしい働きをするという半面があるようです。
フッ素は特に松果体に高濃度で蓄積され続けるといことです。

松果体は17世紀の哲学者デカルトによると、「この世界にある物質と精神という根本的に異なる二つの実体を相互作用させる器官」なのだそうです。(こちら


世界の水道水へのフッ素の添加の現況
フッ素の添加状況
色分けの基準
上の地図で、特に多くの地域で水道水にフッ素添加されている赤で示される国は、アメリカ、ブラジル、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、そして、イスラエルとなっていて、これらの国では 60~80%の地域で水道水がフッ素化されているようです。
     (引用)

「フッ素化は大量殺人のひとつの形態である」- ディーン・バーク(1977年)
"60 Minutes" And The Cancer Cure
American Cancer Society - Dr. Len's Cancer Blog 2008.11.04

60分、そしてガン治療コメントより(抜粋)

まず、私たちは、すべてのガンは、ひとつの細胞内の DNA から始まるということを知らなければならない。DNA の研究から、フッ素は明らかに発ガン物質であるメカニズムを持つことが判明している。

オーストリアと日本の研究者たちは、共に、濃度 1ppm のフッ素が DNA 自身の修復能力を上回るレベルの身体能力の破壊を引き起こすことを突き止めた。これはアメリカの標準的な都市の水道水のフッ素レベルだ。

細胞が持つ基本的な修復機能がない状態では、ガンの発生が促進され、腫瘍の成長が促進される。

イァモウイァニス博士( Dr. Yiamouyiannis )の著作では、世界 19のメジャー研究施設での研究の驚くべきチャートが示され、それらはフッ化物が遺伝子損傷を引き起こすことに疑いの余地がないことを証明している。

また、植物や昆虫の遺伝子変化のリストも載せられている。

アメリカ国立がん研究所( National Cancer Institute )の所長だったディーン・バーク博士は、連邦議会の前で以下の声明を出した。

「事実として、フッ素の添加は、他のいかなる化学物質より早く、より多くのガンによる死者を生み出す原因となる」 - 連邦議会議事録 1976年7月21日

博士の解釈が間違っている可能性があると思われるだろうか。

バーク博士とイァモウイァニス博士は、1940年から 1970年まで「水道水がフッ素化された10都市」と、「フッ素化されていない 10都市」のガンでの死亡者数を比較するという、記念碑的な研究プロジェクトを行い、1977年にプロジェクトは完了した。

最初の 10年間( 1940 - 1950 年)は、どちらの 10都市もフッ素化されていなかった。そして、紛れもない事実は、どちらもフッ素化されていなかったその期間はどちらの 10都市もガンでの死亡率は同じだったということだ。

しかし、1950年代以降、水道水フッ素化が始まった年より、フッ素化された都市では、ガンによる死者数が大きな上昇を見せた。一方、フッ素化されていない都市では、非常に低いガン死亡者レベルのままだった。

「毎年、3万人から5万人が、フッ素化を要因としての死とつながっていると考えられる。この中には1万人から2万人の、フッ素化に起因するガン患者を含む」

これらの知見は、驚くべくことに、これらのデータが最初に確認されたアメリカ国立がん研究所自身によって拒否された。

その後、この研究は、ペンシルベニア州とイリノイ州での州裁判所での法廷で有効性が認められた。科学的な研究であるのに、なぜ、その有効性が法廷が争われているのか? 有効な研究がビッグマネーを脅かす時の常套手段だ。

ニュージャージー州の保健局による研究では、フッ素化により、若い年代での骨のガンが 50%増加したことを発見した。これについて、アメリカ合衆国環境保護庁( EPA )の、ウィリアム・ハーズィ博士( Dr. William Hirzy )は、「フッ素化合物は広域スペクトルの変異原であるといえる。これは、植物と動物の両方の細胞内で遺伝子損傷を引き起こす可能性がある」と述べている。


(訳者注)このディーン・バーク博士は、英語版 Wikipedia によりますと、アメリカ農務省所属の科学者を経て、1939年からアメリカ国立がん研究所に所属し、後に所長となった人物です。

しかし、上のような「フッ素とガンの関係」について、国立がん研究所と意見の相違などもあった中、1974年に国立がん研究所から離れ、その後の生涯は「水道水へのフッ素添加の反対運動」に携わっていたという方のようです。

バーク博士は、

「水道水のフッ素化は大量殺人の一形態である」

という発言までしていたのだそう。

そこまで大げさなものかどうかはまだ分からないですけど、今回書かせていただきました内容のうちの、いくつかでも、つまり、フッ素が松果体を石灰化させることや、非常に微量のフッ素が DNA の修復機能を破壊する、ことなどが真実ならば、バーク博士の主張も、あながち間違いではないかもしれません。

なぜなら、松果体を破壊され、 DNA の修復機能を失ったモノは、それは「本来的な意味での人間」とは呼べないとも考えられるからです。そして、もしかすると、現在はそのような、人間ではない人間が増えているということなのかもしれません。
  
     (引用終わり)

ディーン・バーク博士は濃度 1ppm のフッ素が DNA 自身の修復能力を上回るレベルの身体能力の破壊を引き起こすことを突き止めた。これはアメリカの標準的な都市の水道水のフッ素レベルだ。 と言われる。

又、アメリカの水道水へのフッ素添加割合の増え方を記すグラフの曲線と、
アルツハイマーによる死者の人数の増え方の曲線が相似形であることや、
日本でもアルツハイマー病が増えているとは言っても、
まだ水道水にフッ素添加をしていない日本人のアルツハイマー病による死者数は、
アメリカ等の4分の1止まりである事などを考えると、
フッ素によって松果体が石灰化させられた等、
フッ素とアルツハイマー病との関係も考えられると言う。
(アルツハイマーなどの神経疾患の死亡率は、
日本はこれらの国(上記世界地図・水道水へフッ素添加の国)の中では、
ダントツに低いことがわかる。)

近未来 日本の水道水にフッ素を添加しようという動きが出なければ良いが・・・・・
アイルランドでは、水道水のフッ素化に対して激しい反対運動が起きたそうであるが、
2014年時点、ほぼ全域の水道水にフッ素が添加されているそうである。

恐るべし「フッ素を水道水に添加させたがるデビル達」


政治家は何故 水道事業を外資に売り渡すのか? 

ちょっと前に見たテレビで、ガーナの奴隷移送船の港を紹介していたが、
その奴隷にされる為に港に運ばれて来たは人々は、
その土地の王侯貴族によって、ガラス球で作られたアクセサリー等と引き換えに、
奴隷商人に売リ渡された国民であったという話であった。

上水道、外資が参入 最大手仏ヴェオリア、松山市が委託
2012/3/3 2:00 情報元 日本経済新聞 
 世界最大の水道会社仏ヴェオリア・ウォーターは日本の水道市場に本格参入する。4月から松山市の水道事業の運営・管理を始める。外資が単独で上水道事業を包括受託するのは初めて。日本の水道事業は大半を自治体が運営しているが、財政難から老朽化した設備更新が難しくなっている。グローバル展開し、低コスト運営に強みを持つ外資の参入で、民間委託による収支改善を目指す動きが加速しそうだ。


麻生副首相はアメリカのCSISで、日本の水道事業を総て民営化すると言っていたそうだけれど、どうやら本気だったんだ!

松山市の議員には維新の会所属の議員が多数あるのだとか。
大阪市も水道事業を民営化すると言っていたが、
維新の会は大阪だけではなく、よその土地にも影響力を効かせて、
水道事業民営化をしていたのだった。
(今頃気づくとは遅すぎですが・・・・・)

世界中で此れまで民営化された為に、水道料が2倍以上に値上がりし、
反対運動(暴動)が起きて民営化をやめたところも数々あるらしい。
そうして民営化をやめたら業者は逸失利益として、
投資した金額の10倍くらいをせしめている例もあるのだとか・・・・・

松山市の市議たちはどれくらいの袖の下を貰ったのかは知らないけれど、後で付けを払わさせられるのは市民である。
維新の会の議員達は、わずかの贈り物で市民を売り払ったコンゴの王様と、感覚はあまり違わない面々であると思われる。

今は奴隷売買の時代ではないから、奴隷として売り渡す事はしないけれど、
そしてガーナの王様ではないからガラス球ではないけれど、
日本の議員達は国会・地方を問わず、紙切れを束にした物の為に、
国民の財産をどんどんダンピングにかけているような昨今である。

安倍総理は尖閣諸島を守る事が、国を守る事のように勘違いしておられる様だけれど、
尖閣諸島は無人島である。
其れよりも国内の水資源や、
広大な都市や農地をこそ守ってほしいものである。

東京都も放射能汚染が酷いというのに、
安倍総理は更に原発を続けても、
武器を増やしさえしたら国が守れると思い違いしておられるらしいが・・・・・
 

水道事業大阪市単独民営化 

橋下市長、大阪水道統合を断念…市単独で民営化
 橋下氏は府知事時代から、水道統合による府内水道事業の一元化を推進してきたが、5月市議会で関連議案が否決され、断念に追い込まれた。橋下氏は今後、市水道局の単独民営化を目指す方針を表明した。

 この日開かれた市幹部会議で、橋下氏は「市水道局を民営化した後、42市町村の給水事業を取りに行く」と述べ、市水道局の単独民営化後に改めて水道事業一元化に取り組むとしている。

 市水道局は、秋にも単独民営化計画の素案をまとめる。民営化の形態は〈1〉市が100%出資した会社が浄水場などの資産を継承し、水道事業を運営〈2〉市が資産を保有したまま、事業運営を民間委託――などが想定されている。
(2013年6月19日17時46分 読売新聞)


大阪の水道統合には失敗したが、
大阪市はこの秋、水道の単独民営化の素案を纏めると言う。
最初は市が100%出資した会社が浄水場などの資産を継承し、水道事業を運営、
市が資産を保有したまま、事業運営を民間委託――などが想定されているという事であるが、
何年か後、市の財政悪化等の理由の下、
市の所有財産を整理するという名目で、
水道事業を格安で売り払うと言う事態が来ないとは限らない。
(グローバリスト市長の下、民営化される日が来る事は容易に想像できる。)

橋下市長が維新の会代表としてやった失敗(従軍慰安婦についての問題発言)のお陰かどうかは定かではないけれど、大阪府全域の水道統合はひとまず避けられたようであるが、
此れが大阪府全域を含めた水道事業民営化の第一歩、
延いては日本全国の水道事業民営化の、第一歩にならねば良いが・・・・・

橋本市長に対し市議の冷血漢発言妥当判決 

議会での「冷血漢」発言は名誉棄損ではない-京都・城陽市長が逆転敗訴 大阪高裁
2013.5.9 19:20
 京都府城陽市議会の一般質問で「冷血漢」などといわれて名誉を傷つけられたとして、橋本昭男市長(68)が野村修三市議(70)に対して新聞に謝罪広告を出すよう求めた訴訟の控訴審判決が9日、大阪高裁であった。林圭介裁判長は「議会質問は公務員の職務行為にあたる。職務行為では個人としての責任は負わない」として、広告の掲載を命じた1審京都地裁判決を取り消し、市長側の請求を棄却した。

 判決によると、野村市議は平成22年9月の市議会で、市営農園の物置などを撤去した市の対応を質問した際、市長に対して「義理も人情もない」「冷血漢」と発言した。

 林裁判長は判決理由で、国家賠償法は「公務員が職務行為で損害を与えたときは、国や公共団体が責任を負う」と規定している、と指摘。その上で市議の発言を検討し、「発言は質問と関連しており、公務員の職務行為。名誉が傷つけられたとしても議員個人は責任を負わない」と判断した。
によると、
 昨年12月の1審判決は、野村市議の発言を「傍聴人に市長が冷血漢だなどと思わせるもので、社会的評価を低下させる」などと名誉毀損(きそん)を認定していた。


昨年12月の地裁判決のニュースによると、野村修三市議は橋本市長のことを、
市営農園のトイレや倉庫を市が利用者への十分な説明なく撤去したことなどを取り上げ、「冷血漢という言葉がぴったり」「義理も人情もない」などと言って市議会で非難したらしい。

京都地裁は橋本市長の勝訴であったが、
大阪高裁では反対に、
「議会質問は公務員の職務行為にあたる。職務行為では個人としての責任は負わない」と、市長の敗訴となった。

城陽市の橋本市長のやったのは、公営トイレの撤廃に過ぎないけれど、
大阪の橋下市長は公共水道を民営化して、住民の命の水を財閥の手に引き渡そうとしているのである。
水は生物にとってなくてはならないものであるから、
住民はどんなに値上げされても水道代を払える限りは払わざるをえない。

この住民の弱みに付け込んで、フィリッピンでは民営化後、水道代は5~6倍に値上げされたそうである。
その上公園で自由に飲む事が許されていた水道は廃止し、
水道利用者が水道代を払えないで渇き死にする恐れのある者に、
水を恵んであげる事まで禁止していたそうである。
「水道代の払えない者は渇き死にせよ」と言わぬばかりのやり口であった。
水の商品化・民営化 マニラの水道民営化の失敗

フィリッピンにこんな恐ろしい前例があるのに、
橋下大阪市長は水道事業を民営化しようとしている。
此れこそ「冷血漢」「義理も人情もない」と罵られてもおかしくない様な暴挙である。
「議会質問は公務員の職務行為にあたる。職務行為では個人としての責任は負わない」と言う判決が、大阪高裁で出たのだから、
大阪の市会議員諸氏は市議会で遠慮なく
「橋下徹市長は市民の命の水を財閥に売り渡そうとしている「義理も人情もない冷血漢だ」と、断言されたら良いのではないだろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。