http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium アメリカ、イランに代表部検討
FC2ブログ

アメリカ、イランに代表部検討 

アメリカはイランと戦争をするつもりらしいと言う話を、あちこちで耳にしていたので心配していたけれど、1980年の断交以来途絶えていた外交官常駐を再開するかもしれないと言う。
本当に実現するならば、一つの危機が回避されたと言う事なのだろうか?
ブッシュ大統領が強硬姿勢を転じて、外交交渉を通じて核問題の解決を本格化するらしい。
日本の鷹派もこれに習ってくれるといいのだけれど・・・・・

米、イランに代表部検討 80年以来の外交官常駐 直接交渉へ転換
2008年7月18日東京新聞 朝刊

 【ロンドン=星浩】英紙ガーディアンは十七日、米国がテヘランに利益代表部を設置すると報じた。米国は在テヘラン大使館人質事件を受け一九八〇年にイランと断交しており、実現すれば、それ以来の外交官常駐となる。来月にも正式発表されるという。

 ロイター通信によると、バーンズ米国務次官は先週米議会で、利益代表部の開設を検討していると証言。イランのアハマディネジャド大統領も受け入れる考えを示唆していた。

 ブッシュ米大統領はこれまで、イランの核問題で同国との直接交渉を拒否する姿勢を繰り返し示してきた。しかし、十九日にジュネーブで行われる国連安全保障理事会常任理事国五カ国などとイランとの協議に、バーンズ国務次官を派遣することを決定。強硬姿勢を転じ、外交交渉を通じた核問題解決を本格化させる構えをみせており、テヘランへの外交官常駐計画もその一環とみられる。

 イランでは、七九年に米大使館占拠事件が発生。ホメイニ師支持派が外交官らを人質に四百日以上にわたり立てこもった。米国は八〇年に救出作戦を強行したが失敗し、断交していた。イランはワシントンに利益代表部を設置しており、ガーディアン紙によると、米国務省は過去二年にわたり、利益代表部開設をホワイトハウスに提言してきたという。


Comments

お~!@@それが本当なら凄いことですね^^
「しかし、そんな単純なことなのかなぁ?何かあるんじゃ~?」な~んて、すぐに穿った見方をしてしまうほど、この世の中が腐ってしまったのも事実。あ~もっと素直な見方ができるように、もっともっと素敵な世の中になればいいな~。と、つくづく思う今日この頃ですが、お元気ですか?^^

ココロ様

コメント有難うございます。
近畿地方は梅雨明けが発表されてからのこの2~3日、毎日雨が降っていました。時々、道があわ立つような強い雨が降っていました。
それが今日は朝から晴れ渡って、はっきりと気圧が変わったという感じです。
これから暑くなりそうな感じがしています。
どんなに暑くなっても、この夏を何とか乗り切らなくっちゃ~。
ちょっとした冒険に出る気分ですね。

アメリカとイランの問題は、戦争は避けられないとか、戦争は出来ないとか、見方がしょっちゅう替わっているようですので、結局どうなるかは分からないのかもしれませんね。
ふたつの勢力の、せめぎあいなのでしょう。
どうか平和裏に収まりますようにと祈る思いです。

今 日本を守るのに右も左もない さんのブログを見ていましたら、
イラン問題のからくりについて書いておられました。
チェイニーが対イラン秘密工作を仕掛ける理由とは??
http://blog.trend-review.net/blog/2008/07/000776.html

お~っ!@@
これまたイヤ~な名前が‥llllll(-ω-;)
これから行ってみますね。
情報をありがとうございます。
こっちも暑いです~。・・(゚_゚i)タラー・・
お互いに熱中症には気をつけましょう。

始めまして。ブッシュ政権が外交政策を変えてからと言って平和的解決を模索している訳ではないと思います。アフガニスタン、イラク侵略の前にも2国間折衝を単なる言掛かりをつける場所として利用したでしょう。日本の歴史では日本も日清戦争前に同じ事したでしょう。元々1953年に中央情報局がオペレーション エイジャックスと言うクーデターで当時のモハンマド モサデク首相の政権を崩壊させシャー パーレビを権力の座につけたのも石油が目的でしたから。後のホメイニ革命の原因は1953年のクーデターなのです。若し1953年の中央情報局によるクーデターが無ければ今イランだけでなく、中近東全域が遥かに民主的で発展安定した状態になっていただろうと言う事も考えられるのです。今年暮れの選挙でマケイン候補を援護する為に10月頃に武力紛争を始める準備かも知れません。選挙前の10月には何が起こるか分らないのでオクトーバー サプライズと言うそうです。如何言う訳か何時も共和党の陰謀みたいですけど。では!

ejnews 様

コメント有難うございます。
やっぱりそうなるのでしょうか?
今日のニュースで、民主党候補のオバマ氏が、イラクからアフガニスタンに軍を持って行く積りらしいと言っていましたが、アメリカは何時何時までも戦争に明け暮れる積りなのでしょうか?

オバマ氏はイラク訪問に先立ち、20日にはアフガニスタンを訪れ、同国の情勢について「不安定で緊急な対応を要する」と分析。米政府はイラクからアフガニスタンへの部隊の移動について検討を始める必要があるとの見方を示した。(ロイター)

ちょっと解説

「利益代表部」に関して、ちょっと誤解している点があるので、そのことのみ。

「利益代表部(国)」に関しては、私のブログでも解説しておりますので、そちらを参照してください。

今回の利益代表部の設置は、イラン国内の米国人保護強化や情報収集、アメリカとイランの直接交渉のタイムロスをなくすことには貢献しますが、これをもって国交回復や戦争回避があると考えるのは早計です。

一応、イランはアメリカに利益代表部を設置していますが、「パキスタン大使館内に設置」という状態であって、これは国連本部がニューヨークにあり、イランも国連加盟国である関係上、便宜的に設置しているに過ぎません。

イランにおけるアメリカの利益代表国はスイスですので、おそらくテヘランのスイス大使館の中に、数人のアメリカ人外交官を派遣することになると思いますが、まったくないとは言いませんが、わこさんが期待するようなレベルのことは考えにくいでしょう。

最後に、日本のタカ派について触れていますが、これは訂正を要します。日本のタカ派は、わこさんが考えているほど強硬派ではありません。

挨拶忘れてました

すみません、先日までお玉さんのブログで投稿していた「わくわく44」と申す者です。
私の投稿文は、おそらくわこさんのお気に障るものでしょうから、先ほどのコメント以外はコメントいたしません。

挨拶抜きでいきなり投稿したことについて、お詫びいたします。

わくわく44様

コメント(色々と貴重なご指摘)有難うございます。
それから、ご丁寧なご挨拶恐れ入ります。
私もしばしば気が先に行って、挨拶抜きで書いてしまう、うっかりものですので、・・・・・
うっかり官房長官http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-286.html

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/411-e6e156c8

アメリカ君 VS イラン君 ・・・ 日本君はどうするの?

嫌い中の嫌い・・・ そのなかの一人。 さて、誰でしょうか???     右派におされてメッチャ下がっています。 よろしかったら、お願...
  • [2008/07/20 00:56]
  • URL |
  • わんばらんす |
  • TOP ▲

ビラより100倍迷惑なもの

    いつも、ご訪問&応援をありがとうございます! よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いします。 お玉おばさんでもわ...
  • [2008/07/18 22:32]
  • URL |
  • わんばらんす |
  • TOP ▲

地球環境問題・・・風力発電不都合な真実

何が良くて何がダメなのか? ・・・ってのは・・・私なんかには判るわけがない。 でも、簡単に判ることだってけっこうあるんです。 エネル...
  • [2008/07/18 22:32]
  • URL |
  • わんばらんす |
  • TOP ▲